出張着付けの料金相場はいくら?値段をシミュレーションしてみよう

ぴったりの出張着付け師をさがす
最終更新日: 2022年05月30日

式典やイベントなど、着物を着る機会は意外と沢山あります。七五三や成人式は、お子さんだけではなくご家族で着物を着るお家もあるのではないでしょうか。そういった改まった場でなくても、花火大会や納涼会などで浴衣を着る方も増えてきています。

お店で着付けてもらう場合、「お店で着付けをお願いするといくらかかるの?」と気になる方も多いはず。

ミツモアでは、実際に提出された見積もりデータをもとに、出張着付けの料金相場の統計データを公開しています。ぜひ依頼される際にはご参考にしてみてくださいね。

出張着付けの人数と料金

出張着付けの料金は『人数×(着物の種類による基本料金+ヘアメイク)+出張料金+消費税』で計算される場合が多いです。

見積もり依頼をする際は、正確な人数と着物の種類をプロに伝えましょう。人数による価格帯の変化は、ページ上部でシミュレーションすることが可能です。

それ以外にも、着付けの料金は人数・着物の種類・出張料金・時間によるプラス料金(早朝・夜)によって決まります。帯の結び方やオプションによっても料金が変動し、成人式や大学の卒業式などの繁忙期でも値段が変わってくるようです。

人数以外の要素も加味したうえで、近くで着付けをしてもらう場合の値段が知りたい方は、ミツモアから無料で近くのプロに相談してみてくださいね。

振袖の出張着付け料金

未婚の女性の正装である振袖は、成人式や結婚式、結納などの席で着ることができます。

結婚式で振袖を着るときは、招待を受けたお客様としてはもちろん、花嫁さんが着ても良いようになっています。

振袖の着付けの標準的な料金相場は、約7,000~10,000円程度に交通費がプラスされます。

袴の出張着付け料金

男性にとっては和服の正装、女性であれば大学の卒業式などで着用するのが袴です。

同じ袴であっても、男性の着付けの方が女性に比べて飾りが少なく、比較的手早く着付けを終えることができます。

男性の袴の着付け料金の相場は、約4,000円~プラス交通費。

女性の袴の着付け料金の相場は、約6,000~7,000円プラス交通費となっています。

七五三の出張着付け料金

七五三やお宮参りなど、赤ちゃんやお子様に関するイベントの時には、ご両親も和装をする機会があります。

女児の場合は3歳の被布・7歳の振袖、男児の場合は5歳の袴の着付け。

ご両親の場合は、お父様の羽織袴とお母さまの訪問着・附下・色無地の着付けの対応が可能です。

被布の着付けの料金相場は約3,000円~、お子様の袴と振袖の場合は約4,000円~が標準的な料金です。

ご両親の場合は、男性の袴の着付けが約4,000円、女性の着物の場合は約6,000円~10,000円が標準的な相場になっています。

ヘアメイクの料金

着物を着る際に、一緒に頼みたいのがヘアメイク。

どうせなら、着付けから髪まで一気に身支度を完成させてしまいたいですよね。

ヘアセットの料金相場は、約4,000円~7,000円ほど。髪の長さなどによって変動があります。

メイクの料金は、フルメイクで3,000円~4,000円、ポイントメイクで約2,000円で対応しています。

時間料金の考え方

出張着付けでは、成人式・卒業式・七五三など、午前中やお昼の時間から式が始まる場合も対応が可能です。その際、早い時には早朝5時や6時にうかがって着付けをすることになります。

美容院や着物屋さんと同じように、出張着付けの場合も早朝・夜料金がかかります。

プロは、早朝料金は約3,000円で設定している傾向があり、一般的な料金とほぼ同じ価格帯と言えるでしょう。

着付けの時間はどれくらいかかるのか

実際に着付けにかかる時間は、着付けとヘアメイクを合わせて1時間程度。

そこにフルメイクを付けた場合は、さらにプラス30分~1時間で設定しているプロが多いようです。

出張着付けサービスをもっと知る

ここではミツモアの出張着付けサービスの料金についてご紹介しました。

料金以外でも、実際にミツモア登録プロが着付けをした写真や、お客様の依頼内容が見られるページが『出張着付けのサービスページ』です。

プロの口コミ等も掲載されていますので、依頼に関して具体的な内容を見てみたい方は、ぜひ『出張着付けのサービスページ』をご参考にしてください。

ミツモアで出張着付け師に見積もりを依頼する >>