ミツモアメディア

浴室の鏡に付いた水垢汚れを落とす方法は?原因や予防方法も紹介

最終更新日: 2021年05月31日

お風呂場の鏡に付く水垢汚れを落とすには、汚れの性質を知って対処しなければなりません。うろこ上の水垢や白い汚れが発生する原因と効果的な掃除方法を押さえて、浴室の鏡をきれいな状態に戻しましょう。水垢汚れを防ぐための対策も解説します。

お風呂の鏡に水垢汚れが付く原因

鏡をスポンジで掃除

水道水の成分が元になる「水垢」やせっけんの成分が含まれる汚れを、一般的に水垢汚れと呼びます。なぜお風呂場の鏡には水垢汚れが発生するのでしょうか?原因を知ることで効果的な対策につながります。

ミネラルが固まって水垢になる

水道水にはカルシウムやケイ素・マグネシウムといったミネラルが含まれています。「水垢」とは水道水が蒸発してミネラルだけが残り、結晶化したものです。鏡や金属に付くと白いうろこ状になるため、他の汚れと見わけやすいでしょう。

鏡にシャワーの水がかかったまま放置しておくと、水分が蒸発して水垢になってしまいます。水道水のミネラルは取り除けないため、水垢は見つけるたびに掃除しなければなりません。水垢はアルカリ性の性質を持っており、掃除には酸性の成分が役立ちます。

せっけんと水の成分が結合

水道水のミネラルがせっけんの成分と結びついてできるのが「金属せっけん」や「せっけんカス」と呼ばれる汚れです。体を洗ったときに出る垢が混ざっているものもあり、普段のお風呂掃除に使う中性洗剤ではなかなか落ちません。

触るとざらざらしているのが金属せっけんの特徴です。シャワーや湯船の水・シャンプーやボディソープが付く場所であれば、鏡以外にも発生します。金属せっけんは水垢と逆で酸性の性質を持つため、掃除にはアルカリ性の成分が有効です。

鏡の水垢汚れをきれいにする方法

鏡をスポンジで掃除する男性

水垢汚れにはミネラルだけのものと、せっけんやシャンプー・ボディソープの成分と結びついたものがあります。それぞれに有効な成分を使い分ければ、効果的な掃除が可能です。どの方法でも鏡が乾いた状態で始めます。

こすり取る方法や業者に依頼するという選択肢もあるため、状況にあわせて適した方法を選びましょう。

酸性の液体で落とす

うろこ状の水垢はアルカリ性の汚れです。酸性の洗剤や液体を使えば中和されるため、きれいに落とせます。ここではクエン酸を使った掃除の手順をみていきましょう。

粉末のクエン酸と水・キッチンペーパーとラップ・スプレーボトル・布巾2〜3枚を用意します。

  1. 水100mLに対して小さじ1杯分のクエン酸を溶かす
  2. クエン酸溶液をスプレーボトルに移す
  3. クエン酸スプレーを鏡全体に吹きかけ、キッチンペーパーを貼り付ける
  4. 乾かないように上からラップをかぶせ、30分以上放置する

キッチンペーパーを貼った後に再度スプレーすると、より効果的です。30分ほど置いて落ちないようであれば、半日放置してみましょう。ラップとキッチンペーパーを取った後は水拭きをし、仕上げに乾いた布巾で水気を取れば完了です。

せっけんカス汚れには重曹を使う

酸性のせっけんカス汚れにはアルカリ性の重曹がよく効きます。口に入ってしまっても危険がないため、小さな子どもがいる家庭でも安心して使えるでしょう。以下の手順で汚れを落としていきます。

  1. 約40℃のお湯100mLに対して小さじ1杯の重曹を溶かす
  2. 重曹を溶かした溶液をキッチンペーパーに吹きかける
  3. キッチンペーパーを鏡表面に貼り付け、さらにラップを密着させ10分間置く
  4. 鏡表面からラップとキッチンペーパーを外したら水で流し、仕上げに乾拭きする

掃除に使う重曹は研磨作用が強く、粉末が残ったまま鏡にかけてしまうと傷が付く可能性があります。しっかり溶かしてから使いましょう。重曹は鏡だけでなく浴槽やタイルの汚れにも使えるため、ほかの場所も一緒に掃除すると作業効率が上がります。

身近なものでこすり取る方法も

酸性の液体や重曹が手元になく多少鏡が傷付いても問題ない場合は、こすり落とす方法もあります。水垢汚れを落とすのに使える身近なアイテムは、研磨剤の入った歯磨き粉や新聞紙です。

歯磨き粉を布巾やスポンジに付けて鏡全体を磨き上げれば、水垢汚れを落とせるだけでなく曇り止め効果も期待できます。シャワーで歯磨き粉を洗い流して仕上げに水分を拭き取れば完了です。

新聞紙は丸めた状態でぬらし円を描くように鏡を拭きます。インクの成分が鏡の表面に皮膜を作るため、磨き上がりがピカピカになるのがうれしいポイントです。仕上げに乾いた新聞紙か布で水気を拭き取ります。

傷付けたくない場合は業者に依頼

浴室の鏡の汚れは自力で落とせるものの、クエン酸や重曹を使った方法でもから拭きの際に鏡を傷付けてしまうリスクがあります。新築や賃貸で鏡を傷付けたくない場合は、浴室クリーニングの業者に頼むのが無難です。

鏡以外にも気になるところがあれば、プロの技術で徹底的に掃除してもらえます。経験と知識から頑固な水垢汚れにも対応しているのも、業者に依頼するメリットです。

ミツモアには浴室の掃除も任せられるハウスクリーニング業者が登録しています。簡単な登録と情報を入力するだけで、複数の業者からスピーディに見積もりを取れるため、忙しい人の業者選びにおすすめです。

ミツモアでお風呂掃除を依頼する!

鏡の水垢を予防するコツ

スクイージーで鏡を掃除する

浴室の鏡に水垢汚れが付くと掃除に手間がかかるのが難点です。日頃から予防対策をしっかりとっていれば、面倒な水垢掃除の頻度を減らせます。効果的な予防方法を2つチェックしておきましょう。

鏡に付いた水滴はしっかり取る

水垢やせっけんカスは水道水の成分が原因です。鏡をきれいな状態で保つためには、普段からお風呂場を使った後に水滴を拭き取っておきましょう。

鏡の水気を取るのにおすすめなのは「スクイージー」です。スクイージーとは先端にゴムが付いたT字型の用具で、鏡以外では窓の結露取りにも使われます。

スクイージーで鏡の水滴を取るときには、乾いた布も用意しておきましょう。鏡にスクイージーを密着させて上から下に動かし、水滴を落とします。1列終わるごとに布巾でから拭きしていくと効率的です。

鏡をコーティングする

毎回水気を拭き取ったり小まめに掃除したりといった時間が取れないなら、水垢を防止するアイテムを活用しましょう。表面をコーティングしておけば水滴が付きにくくなり、水垢汚れの発生も抑えられます。

スプレーするだけでコーティングできるものや曇り止めシートなどが販売されているため、使いやすいタイプを選ぶと便利です。

ハウスクリーニング業者によっては掃除をした後に、専用のコーティング材で仕上げをしてくれる場合もあります。水垢取りを頼むときに相談してみるとよいでしょう。

水垢を掃除してきれいな鏡をキープ

クエン酸風呂にはどんな効果がある?

浴室の鏡に付く水垢汚れの正体は、水道水のミネラルとせっけんカスです。それぞれ汚れの性質が違うため、酸性とアルカリ性のアイテムを使い分けると効果的に掃除できます。

クエン酸や重曹・歯磨き粉・新聞紙など手に入れやすいもので掃除できますが、やり方によっては鏡を傷付けてしまうため注意が必要です。傷を付けたくない・ほかの部分も徹底的に掃除したいという人は、ハウスクリーニングに業者に依頼しましょう。

付いた水滴は小まめに取る・あらかじめコーティングをしておくといった工夫をしておけば、浴室の鏡をきれいな状態に保てます。

ミツモアでお風呂掃除を依頼しよう

自身で掃除をしてみたものの、どうしても取れない頑固な汚れがある場合は、プロのクリーニング業者へ掃除を依頼するのがおすすめです。

ミツモアなら浴槽の素材などの簡単な質問に答えるだけで、最大5名の事業者から無料で見積もりが届きます。

お風呂をきれいに掃除して、優雅で快適なバスタイムを過ごしましょう。

ミツモアでお風呂掃除を依頼する!