ミツモア
【2024年】ストレスチェックシステム比較19選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

ストレスチェックシステムおすすめ19選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

ストレスチェックシステムとは

ストレスチェックシステムは個人のストレス指数を測定・数値化し、ストレス管理の適切な対応策を講じるためのツールです。ストレス測定にはさまざまな方法がありアンケート調査、生体測定、個人の行動パターンの分析、感情の評価などを実施し、複数のデータソースから算出された情報から総合的な施策を立案できます。


またストレスチェックは労働環境衛生法によって50名以上の事業所に年1回の実施が義務付けられています。50名以下の事業所には実施義務はありませんが、従業員の健康や幸福に配慮し実施する企業も増えています。離職・休職防止にも役立つでしょう。


関連記事:ストレスチェック制度とは?制度の概要や実施の流れについて解説|ミツモア





ストレスチェックシステム選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。欲しい機能などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想のストレスチェックシステムが見つかります。

ストレスチェックシステムを導入するメリット

ストレスチェックが効率よく実施できる

ストレスチェックシステムの活用で労働安全衛生法に基づいたアンケート調査、生体測定、データに基づいたストレス要因の特定、対策立案などが効率よくおこなえます。ストレスチェック実施後の声かけやメール送付の手間も削減できます。


また従業員はPCやスマホから受検できるため、データ収集にも手間がかからず、回答結果も自動で集計され正確性を確保できます。未回答者への催促メールや個人単位でのフィードバックも可能です。


労働環境が改善され組織全体でパフォーマンスが向上する

ストレス要因の特定や集団分析がおこなえる機能を搭載している製品では、ストレスチェック実施結果を直ぐに管理画面で確認でき、対処法の策定が容易におこなえます。経営者から見えにくい従業員のこころの問題を早期に発見でき、個人の働き方を改善するきっかけになります。


たとえばプライバシーに配慮してPCから直接カウンセリング予約がおこなえるようにしたり、若手社員以外にも社外のストレスケアセミナーへの参加を促したりと働きやすさを向上させる施策の実施にもつながります。結果的に組織のパフォーマンスも向上するでしょう。


従業員へのケアが強化され離職率の低下につながる

ストレスチェックシステムの導入によってストレスチェック実施のペーパーレス化、自動集計、高ストレス判定者への素早いケアがおこなえます。一般的には産業医面談は本人が希望した場合のみ実施されますが、高ストレス判定者への産業医との面談勧奨通知など各種機能を利用して面談を受けやすい環境づくりや業務効率化が可能です。ストレス蓄積を未然に防ぎ離職率や休職率の低下も実現できるでしょう。

ストレスチェックシステムの主要製品比較表

サービス名
初期費用


要問合せ
要問合せ
要問合せ
55,000円
要問合せ

550円~
月額費用
要問合せ
要問合せ
要問合せ
要問合せ
要問合せ
33,000円
要問合せ
要問合せ
55円~/1ユーザー
無料トライアル
1カ月








無料プラン









ストレスチェック機能









設問対応(57項目版/80項目版)




57項目版に対応

57項目版に対応
要問合せ
要問合せ
WEB受検









紙受検









集団分析レポート









高ストレス判定者サポート









対応言語
14ヶ国語以上
※東アジア、東南アジア
日本語、英語
※13カ国語訳有
日本語
日本語
日本語
日本語
日本語
日本語
※テストは英語、中国語に対応
日本語
導入実績
1,500社以上
6,200社以上
非公開
非公開
非公開
非公開
非公開
非公開
非公開

※ミツモア調べ(2023年11月時点)

※「―」はホームページに記載なし

注目のストレスチェックシステム19選

ORIZIN(オリジン)
ORIZIN(オリジン)
株式会社ドリームホップ

0
レビュー数
0
円
104500円~
  • オンライン上でスムーズにストレスチェックを実施できる
  • 実施者の業務代行により担当者の負担を軽減できる
  • ストレスチェックを効率化する豊富な機能

ORIZIN(オリジン)はストレスチェック業務のスムーズな実施を支援するサービスです。オンライン上でストレスチェックを受検できるため、面倒な紙媒体の管理は必要ありません。また従業員別のメールアドレスがなくても受検できるため、自治体や製造業などを始め様々な業界で取り入れられてます。

ORIZIN(オリジン)では保健師や公認心理師の資格を持つ実施者が業務を代行します。実施者資格を有する人員の配置が難しい中小企業におすすめです。外注費や担当者の工数が削減できるので、業務の効率化が期待できるでしょう。

東アジア・東南アジアを含めた14ヶ国以上の言語に対応しているため、外国人社員が多数在籍する企業でも安心して導入できます。また管理権限が設定可能で、部署ごとの受検状況の確認が簡単に行えるため、大企業も利用しやすいでしょう。
更新日:2023-07-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ストレスチェッカー
ストレスチェッカー
株式会社HRデータラボ

0
レビュー数
0
円
275円~
  • 企業の実情に合わせた運用が可能
  • 安心感から従業員の受検率がアップ
  • 未受検者には受検を促すメールを送信

ストレスチェック受検案内メールの送信者名や文面のカスタマイズができたり、未受検者が多い場合に受検勧奨メールを送信したりなど、企業の実情に合わせた柔軟な運用が可能です。医師の面接指導対象者へ面接の案内メールを配信し、受検画面上で面接指導の受付もできます。

従業員が「社内の人に受検結果を知られてしまうのではないか」と不安になり受検を躊躇するケースがあります。ストレスチェックを社外に委託することで、社内に自分の回答内容を知られることはないという安心感から、受検率アップが期待できます。

従業員へのストレスチェック実施のお知らせはメールで配信します。従業員はメール文中のURLをクリックしてストレスチェックを受検できます。実施期間中に未実施者を抽出して個別に受検を促すメール送信も可能です。
更新日:2023-08-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Carely(ケアリィ)
Carely(ケアリィ)
株式会社iCARE

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • 産業保健師や看護師など専門家によるサポート
  • メンタル不調の予防対策も提案
  • ストレスチェックから産業医面談までワンストップで対応可能


ストレスチェックで見逃されがちな、長時間労働者や隠れ高ストレスの従業員へのフォローとして、産業保健師や看護師による面談に対応しています。さらにリスクの判定や人事施策のサポートを専門家から受けることで、過重労働の削減など社内ルールの整備にも役立てることができるでしょう。


不調者の対応だけではなく、メンタルヘルスを根本的に予防するための取り組みを提案します。健康診断や過重労働、ストレスチェックの状況から産業医による面談候補者を自動で抽出。また産業医だけではカバーできないリスク調査や対策の提案を、保健師や臨床心理士など専門家から受けられます。


ストレスチェック対象者には一括メールで周知し、未受検者には実施を促します。産業医面談の希望者に対するスケジュールの設定やストレスチェックの集団分析など、すべてシステム内で対応可能です。なおストレスチェックは職業性ストレス簡易調査票(57項目)と新職業性ストレス簡易調査票(80項目)に対応しています。

更新日:2023-07-03
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Wellness Eye(ウェルネス アイ)
Wellness Eye(ウェルネス アイ)
SBアットワーク株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 約460社・45万名以上が利用するストレスチェックシステム(※)
  • 東京大学との共同研究により開発した必要最小限の厳選した設問構成
  • 組織の状態を可視化する充実した組織分析で職場改善をサポート

約460社、45万名以上の利用実績があり、個人ケア・組織改善それぞれに有効なアウトプットが特長のストレスチェックシステムです。(※)「職場のメンタルヘルス」研究の第一人者である東京大学 大学院医学系研究科の川上憲人教授(開発当時)との共同研究により、職場改善をより効果的・効率的に行うための設問構成を独自に開発しました。

会社全体の診断結果のほか、5階層までの組織ごとの診断結果を標準サービスとして納品できます。要望に応じて、結果報告会や職場改善に向けた結果の活用方法も提案可能です。また、受検者にはA~Eの5段階のストレス状態とセルフケアにも役立つ詳細なアドバイスが表示されます。

メールアドレスがなくてもWEB受検が可能なので、紙からWEB受検への切り替えや貴社の産業保健体制を有効活用できるプランを提案可能です。切り替えによりコストダウンを実現している企業も多く、充実した運用サポートが評価されています。


料金例要問い合わせ
導入社数460社
導入実績アデコ、キリングループ、住友商事など

※ SBアットワーク株式会社調べ(2023年11月時点) 

更新日:2023-11-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
WELSA(ウェルサ)
WELSA(ウェルサ)
インフォコム株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 2種類のストレスチェックで高ストレス者を自動判定
  • 学術的エビデンスに基づいて組織と従業員の健康課題を分析
  • 健康課題に応じた豊富な対策プログラムを提供


職業性ストレス簡易調査票57問と、新職業性ストレス簡易調査票80問の2つのストレスチェックが利用できます。受検の結果高ストレス判定された従業員には面接指導の申出勧奨が可能です。未受検者や未受検率が高い部署に向けて受検勧奨を送れるため、産業保健担当者の負担が軽減されるでしょう。


健康リスクの分析は学術的エビデンスに基づいて行われます。分析から今後10年以内の重大疾病の発症リスク計算も可能です。またストレスチェックと健康診断結果から多角的な健康リスク評価ができるため、健康課題の早期発見に繋がります。


従業員との面談記録の保存のほか、1,500以上のミッションで楽しく健康増進を図れるアプリや、食事や運動など合計6カテゴリー・30種のセミナーを提供しています。従業員ひとり人ひとりの健康課題に適した対策プログラムで、ストレスチェック後のフォローを促進できます。

更新日:2023-01-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
STRESCOPE(ストレスコープ)
STRESCOPE(ストレスコープ)
株式会社こどもみらい

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • ストレス要因を明らかにする独自の設問設定
  • 職場環境以外も含めた改善効果の高い項目を提示
  • 検討時点から導入後の医師面談までワンストップで提供


従業員の不調を予防することに主眼を置いた57項目に加えて、生活習慣や睡眠など個人的な要因を含む独自の設問からストレスをチェックします。すぐに改善可能な個人的要因まで特定することで、ストレスの大幅な軽減が可能です。


集団分析では自社のストレスチェック結果を全国平均値と比較できます。また仕事と生活習慣それぞれの不調の原因割合が可視化されるため、詳しいストレス源の特定が可能です。さらにどの項目を優先して改善するべきかが説明されるので、効率的にストレス対策が取れるでしょう。


導入のためのフロー作りからストレスチェックの実施、分析、医師による面談指導までワンストップで提供します。そのため初めてストレスチェックを導入する企業でも安心して導入できるでしょう。不調者を発見した後に面談する医師を探せないといった問題も解決します。

更新日:2023-07-03
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
MeIT(ミート)
MeIT(ミート)
株式会社ドリームホップ

0
レビュー数
0
円
44000円~
  • 心理系の資格を有するカウンセラーが従業員をサポート
  • 仕事・プライベートに関わらず相談可能
  • カウンセラーによる迅速なフィードバック

MeIT(ミート)は従業員のメンタルヘルスをサポートする外部相談窓口サービスです。パワハラ防止法の施行により、全ての企業で相談窓口を設けることが必須となりました。MeIT(ミート)は経験豊富なカウンセラーが多数在籍した社外の相談窓口であるため、社内で対処しきれなかった従業員の悩みを確実に解決できます。

カウンセラーに相談できるのは職場環境や社内の人間関係など、仕事にまつわる悩みだけではありません。家庭環境などのプライベートな悩みまで相談可能なため、従業員の心身の健康をトータルでサポートできるでしょう。

MeIT(ミート)のカウンセリングチームによる個別対応報告書や月次報告書によって、サービスの利用状況や従業員の健康状態を把握できます。診断結果を分析・活用することで、組織改善に繋げられるでしょう。また導入時には従業員への周知もサポートしてくれるため、サービスの利用率向上が期待できます。
更新日:2023-07-18
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
LLax forest(リラクフォーレ)
LLax forest(リラクフォーレ)
SOMPOヘルスサポート株式会社

0
レビュー数
0
円
名/月
220円~

  • 約850社、約100万名(※)の実績から開発したサーベイ
  • パルスサーベイによりタイムリーな離職予防が可能
  • 経営層への報告に最適な組織分析レポート


LLax forest(リラクフォーレ)は、約850社、約100万名の実績から開発されたストレスチェックが可能なエンゲージメントサーベイです。「メンタルヘルス」「エンゲージメント」「フィジカルヘルス」の3側面から組織の課題を可視化します。各々のサーベイを分けて実施する必要がないため、担当者の工数を削減します。


また毎月4問のパルスサーベイにより、従業員の離職リスクやストレスレベルを定点観測。アラート機能によりリスクが高まった瞬間を見逃さずに検知して、個別アプローチが可能になります。


サーベイ結果は、ボタン1つでレポート形式でのダウンロードが可能です。項目ごとの詳細な結果はもちろん、該当項目と相関の強いほかの項目も表示をしますので、専門的な知識がなくても、自社の特徴を把握することができます。


※ SOMPOヘルスサポート株式会社調べ(2023年4月時点)

更新日:2024-01-05
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
リモート産業保健
リモート産業保健
株式会社エス・エム・エス

0
レビュー数
0
円
初期費用
55000円~
  • 産業医と産業看護職の2名体制で産業保健をサポート
  • 産業保健業務のアウトソーシングで担当者の負担が軽減
  • すぐに産業看護職に相談でき有効なアドバイスが受けられる


リモート産業保健は産業医と産業看護職の2名体制で、産業保健を支援します。ICTを活用し、訪問とリモートを組み合わせて提供するサポートプログラムです。産業保健必須業務をすべて任せられるので、担当者の業務負担が軽減できます。


産業保健業務をアウトソーシングできます。産業看護職が統括管理をおこなうので、安心して任せられます。人事労務担当者がおこなっている産業保健業務を、産業看護職の活用で負担軽減が可能です。


産業看護職が業務をサポートすることでさまざまなメリットがあります。リモート産業保健では困ったことがあればすぐに産業看護職に相談が可能です。数々の事例を踏まえたアドバイスをしてもらえ、また産業医との連絡ややり取りの代行などサポートが受けられます。

更新日:2024-01-23
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
M-Check+(エムチェックプラス)
M-Check+(エムチェックプラス)
TDCソフト株式会社 TDC SOFT Inc.

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 定期チェックとフリーチェックの併用できめ細かなサポートが可能
  • ストレスチェックの実施から面接指導まで一貫して管理できる
  • 総合的にメンタルヘルス環境を向上させるプログラムが充実


厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査票」に基づいた信頼性の高いストレスチェックを採用しています。原則年1回の一斉定期チェックと気になった時にいつでもセルフチェックができるフリーチェックの併用が可能です。変化するストレス環境に柔軟に対応し、従業員のサポートやセルフケアが促されるでしょう。


ストレスチェックの実施だけでなく、一斉チェックの未実施者にリマインドメールを送ったり、高ストレス者へ医師との面接指導を勧めたりといった機能が充実しています。実施から事後の対処、データの集計まで全てシステム上で行えるため、産業保健担当者の業務負担軽減に役立ちます。


メンタルチェックの他に、メンタルヘルスやストレスマネジメントに関する教育・研修プログラムや、セルフケアコンテンツが用意されています。従業員のケアに特化したEAP機関ならではのプログラムが充実しているため、企業全体のメンタルヘルス環境向上に役立つでしょう。

更新日:2023-01-19
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Smart相談室
Smart相談室
株式会社Smart相談室

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • 相談や面談・メンタルチェックを通じて従業員のメンタルをサポート
  • 幅広い分野のカウンセラーで悩みに合わせて相談できる
  • 状況に合わせて柔軟に選べる相談方法


従業員がメンタル不調になる前にカウンセリングを用いてサポートをします。またカウンセリングだけでなくハラスメント窓口やご意見箱の設置、産業医との面談、各種研修、ストレスチェックを併用してメンタルケアが可能です。さまざまな角度からケアができ、不調に陥ってしまう前のサポートが実現できるでしょう。


幅広い分野のカウンセラーが従業員からの相談に応えます。たとえば職場及び家族との人間関係やハラスメントに強いカウンセラーや、キャリア形成に強いカウンセラーなど悩みに合わせて選べます。従業員の悩みへの的確なアドバイスで、休職や離職率の低下につながるでしょう。


Zoomでのオンライン相談のほか、電話やメールで相談可能です。顔を合わせて相談できるZoomと気軽に話せる電話相談、言葉にしづらい悩みを文章にまとめられるメール相談とそれぞれにメリットがあります。従業員の心の状態や環境によって最適な相談方法が選べるため、カウンセリングへのハードルが下がります。

更新日:2023-11-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
irodori
irodori
株式会社ドリームホップ

0
レビュー数
0
円
396000円~

  • 産業専門スタッフによるリモート対応が可能
  • 産業医レターで一次予防の充実


産業専門のスタッフによるリモート対応が可能です。専門スタッフがリモート中心に対応します。またプロフェッショナルプランでは訪問も可能です。※訪問については要相談となります。


心身の健康増進情報(産業医レター)を提供し能動的な産業医サービスを実施しております。一次予防の充実と、産業医との距離を縮めて面談率の上昇につなげます。

更新日:2023-07-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ORIZINプラスシリーズ(心理相関図)
ORIZINプラスシリーズ(心理相関図)
株式会社ドリームホップ

0
レビュー数
0
円
422400円~
  • 集団分析の活用が可能になる心理相関図を作成
  • 自社オリジナルの心理相関図レポートで具体的な対策を実施
  • 心理のプロによるフィードバック

ストレスチェックをおこなっても集団分析の活用ができていない。そんな悩みを持っている企業の担当者も多いのでは。ORIZIN(オリジン)プラスシリーズ(心理相関図)では心理相関図を作成。自社の課題点が見えてきて、効果的な対策につながります

自社オリジナルの心理相関図付きレポートを作成してもらえます。心理相関図を作成することで、今まで気がつかなかった課題に気づき、具体的に今後どのような対策が職場環境の改善に有効なのかがわかります。

心理のプロによる解説が受けられます。心理相関図付きレポートを有資格者からフィードバック。有資格者からのフィードバックで、今後の対策を考えやすくなります。
更新日:2023-07-28
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
CAPSストレスチェック

0
レビュー数
0
円
25000円~
  • 医療法人と提携した信頼性が高いサービス
  • ストレスチェック運用代行・事務作業を依頼できる
  • ストレスチェック実施における運用のテンプレート・手引きなど提供


CAPSストレスチェックではストレスチェック実施から個人結果通知・高ストレス者への面接指導要否の通知など事務作業も代行しています。また面接指導対象者の抽出基準は自由に設定可能です。

ストレスチェックの実施時に必要になる社内規定等の運用テンプレートや実施の手引きが標準装備されています。初めてストレスチェック実施する場合でも安心して利用できます。申し込み後納品までは最短1カ月程度とスピーディーに導入が可能です(WEB受検・受検者数200名未満に限る)。

サービスの提供元であるCAPS株式会社は創業時より予防医療活動を推進する医療法人との連携を密にしています。専門家による支援、協力体制のもと質の高いストレスチェック実施が可能です。

更新日:2023-09-08
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
freee人事労務 健康管理
freee人事労務 健康管理
フリー株式会社

0
レビュー数
0
円
ユーザ
300円~

  • 受診および受検の進捗管理がダッシュボードで可能
  • 57項目または80項目の2タイプのストレスチェックに対応
  • 電子申請に対応し、作成から申請が簡単


freee人事労務 健康管理は、freee人事労務から従業員情報を取り込み、所定労働時間や雇用期間などの情報をもとにフィルタリングします。それにより管理対象者選定をアシストします。対象の従業員には受診案内のメールを一斉配信可能です。さらにダッシュボードで受診および受検の進捗管理ができます。


57項目または80項目の2タイプのストレスチェックに対応しています。またスマホから簡単に診断を受けられます。英語での受検にも対応しています。ストレスチェックを有効に活用することで、精神的な不調の早期発見や予防につながります。

更新日:2024-02-13
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
WEMEX ストレスチェック
WEMEX ストレスチェック
ウィーメックス株式会社 ウェルネス事業部

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • ストレスチェック実施から受検結果の分析までカバー
  • Web版英語受検に標準対応
  • 問合せ窓口の開設や書類保存もおこなえる


WEMEX ストレスチェックはコメント付きの集団分析レポートを提供しています。担当者は管理画面から受検設定が簡単におこなえ、負担軽減につながります。また最大100問の設問を追加し職場課題の発見、改善に結びつく施策を実施できます。

英語による受検にも対応しており多国籍の従業員がいる場合でも利用可能です。ユーザーはメールアドレス不要で利用できます。

ツール上で問合せ窓口を開設し従業員からの質問にも対応。また労基署報告書を事業所別に編集および保存でき便利です。

更新日:2024-02-01
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
AltPaperストレスチェックキット
AltPaperストレスチェックキット
株式会社情報基盤開発

0
レビュー数
0
円
33000円~
  • Excelを送付するだけでストレスチェックに対応できる
  • 集団別、個人用の分析レポートを提供
  • リピート率94.6% 電話やメールの相談窓口は即時対応(※)

AltPaper(アルトペーパー)は全国4,110社の企業で利用されているストレスチェックシステムで、Excelで作成したリストを送付するのみで申込が完了できます(※)。Web・紙のストレスチェックに対応しており厚生労働省のマニュアルに完全準拠。東大の研究室が開発した手書きアンケート用紙の高速自動処理技術を搭載しており高スピードで結果分析が可能です。

部門ごとにストレス度や健康リスクを算出した集団別分析レポート、個人用レポートを提供しており職場改善に役立ちます。電子データは調査票の回答用紙を受領後2週間程度で納品できます(※)。職場環境改善のためのワークショップ研修を開催しており具体的な改善項目を検討できます。

ストレスチェック実施によりサポートが必要な相談者へ有資格者が対応。電話、メールの相談窓口を設置しており従業員が悩みを打ち明けやすい体制を社内に構築できます。

※株式会社情報基盤開発(2024年1月時点)
更新日:2024-02-09
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
FiNC for BUSINESS(フィンクフォービジネス)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 従業員ひとりひとりに合わせた健康プログラムを配信
  • 健康診断やストレスチェック情報を一元管理
  • 問診・ストレスチェック・エンゲージメント調査をまとめて実施


アプリを通じて、従業員ひとりひとりの健康課題や趣向に応じた独自の健康プログラムを配信します。また歩数競争やポイント制など、楽しく健康課題に取り組める機能が満載です。リモート環境下でも健康意識を高め、疾病による休職者の低減に役立つでしょう。


管理機能からは各従業員の健康診断結果やストレスチェック、過重労働状況などのさまざまなデータを一元管理できます。健診機関ごとに異なるフォーマットのデータを統一でき、産業医への資料開示が分かりやすくスムーズになるでしょう。従業員への受診勧奨もシステム上から行え、管理担当者の負担を軽減します。


「FiNCウェルネスサーベイ」では問診とストレスチェック、エンゲージメント調査をWebでまとめて行えます。ストレスチェック制度に対応した設問で、従業員の健康状態を可視化します。年に数回実施する本格的なサーベイと、毎月実施する設問数を絞った簡易サーベイで従業員のコンディション把握が効率的になるでしょう。

更新日:2023-07-03
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
newbie(ニュービー)
newbie(ニュービー)
株式会社マイクロウェーブ

0
レビュー数
0
円
名/月
55円~

  • ストレスチェックを何度でも実施できる
  • 抽出機能で健康課題を見える化
  • 必要な機能を組み合わせられる分かりやすい料金体系


newbieは従業員のストレスチェックや健康診断結果を一元管理し、健康課題を改善するクラウド型健康情報管理システムです。ストレスチェックはオンラインで実施し、結果の受理から受験率の把握まで管理できます。追加料金なしで何度も実施できるため、不調者の早期発見に繋がり素早いケアが可能になるでしょう。


ストレスチェックや健康診断の結果から、再検査者や生活習慣病リスク及び高ストレスを抱えた従業員を簡単に抽出できます。各従業員の抱える健康リスクを見える化できるため、効果的な施策立案が容易になるでしょう。リスクを把握し改善することで、組織のパフォーマンスアップに繋がります。


ストレスチェックのみなら1ユーザーあたり月額50円、健康診断管理のみなら月額150円と分かりやすい料金体系です。リーズナブルにストレスチェック及び健康診断管理が実現するため、なるべく費用を抑えたい企業に最適です。後から機能を追加できるので、段階的に始めたい場合にも適しているでしょう。

更新日:2023-01-14
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

ストレスチェックシステムの選び方

自社の課題を解決する機能が揃っているか

システムの導入目的・自社の課題を整理し、対応する機能を洗い出しましょう。また機能は過不足なく揃っている製品を見つけましょう。たとえばPCだけでなくスマホやタブレットによる受検対応、未受検者への勧奨機能、高ストレス者への面談告知、多言語対応などがあると便利です。


ストレスチェックから一歩踏み込んで総合的に従業員のメンタルヘルスと職場環境の改善を求めるなら、高度な分析機能を備えている製品を選びましょう。対処するべき問題への優先順位付けが容易になり、根本的な改善につながります。また歩数アプリやポイント制度などで、楽しく健康管理ができるシステムを選ぶと従業員のモチベーションも向上させられます。


ストレスチェックの設問数は適切か

一般的にはストレスチェックの設問数には57項目版と80項目版があります。57項目版は厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査票」に則った設問で、80項目版は働きがいやハラスメント、上司のマネジメントなどを測定できる「新職業性ストレス簡易調査票」とよばれる設問です。


多くのストレスチェックシステムはどちらかもしくは両方に対応していますが、独自の設問を加えられる製品もあります。設問数が多くなればなるほど従業員のストレスを多角的に計れますが回答に時間を要するため、それだけの時間を業務時間内に掛けられるか考えて選びましょう。


自社に合った運用がおこなえるか

自社に常駐産業医や契約産業医がいない場合は産業医の手配やカウンセリングなどを自社で担えますが、そうでない場合はストレスチェック実施か高ストレス判定者への面談手配まで代行しているサービスが良いでしょう。


ストレスチェック後の面接指導や管理職への教育、レポート作成などあらゆる業務を代行できるサービスなら業務負担を削減できます。また産業医や産業保険担当者は業務委託を検討すると負担軽減が可能です。


誰にでも使いやすいか

回答方法や管理画面が分かりやすく、誰にでも使えるかも大事なチェック項目です。ストレスチェックは部署にかかわらず全従業員に対しておこなう必要があるため、誰もが使いやすいシステムである必要があります。従業員全員がPCやスマホを使いこなしていれば問題ありませんが、そうでない企業もあるでしょう。


ストレスチェックシステムの中には無料トライアル期間を設けているシステムもあります。検討中のサービスに無料トライアルがある場合は操作を試してみましょう。


外部システムと連携できるか

外部システムと連携できるストレスチェックシステムを導入すれば、業務の効率化と改善が叶います。製品によって連携できる外部システムが異なるため、連携したいシステムが決まっている際は選定ポイントになるでしょう。


労務管理システムと連携できる場合は従業員情報をストレスチェックシステムに取り込み、実施者リスト作成を短縮できます。ほかにもストレスチェック実施後チェック結果を人事管理システムへ一括で登録し、高ストレス者の割合が多い部署を把握するといった運用も可能です。勤怠管理システムと連携できる場合は過重労働者をすばやく把握し、従業員の健康管理や業務改善につなげられます。


システム利用料が予算に見合っているか

ストレスチェックシステムは企業規模を問わずさまざまなタイプが提供されていますが、多機能であるほど費用も大きくなります。ストレスチェックシステムを導入する際は、トータルでかかる経費が予算に見合っているか、企業規模や搭載機能に適した料金で提供されているサービスかを確認しましょう。


料金体系は利用人数あたりの従量課金制や、大規模企業向けのオールインワンパッケージなどさまざまです。


導入・運用のサポート体制が充実しているか

ストレスチェックは定期的におこなう必要があるため、制度化が必要です。またこれまでストレスチェックシステムを制度として実施していなかった企業は、ストレスチェック実施の目的と意味を従業員に周知しなければなりません。そこで周知方法や難色を示す従業員への対処に頭を悩ませることもあるでしょう。


制度化のための仕組み作りや実施規定の作成などをサポートしてくれるシステムなら、初めてでも安心して導入できます。またストレスチェックは法律によって定められているため、メンタルヘルスに関する専門家によるサポートがある場合は運用中の疑問や困りごとにも対応可能です。

ストレスチェックシステムできること(主な機能)

ストレスチェックの実施

従業員は57問版または80問版のストレスチェックを紙またはWebで受検できます。管理者は実施フロー管理もおこなえます。


集団分析機能

健康診断結果やストレスチェック実施結果をデータ化し、組織や従業員個人の健康状態を性別や年齢層、職種、雇用形態などの分析軸で比較できます。データの可視化により健康課題を素早く把握でき、パフォーマンスの向上につながるでしょう。


再検査対象者管理機能(高ストレス者判定)

ストレスチェックや健康診断実施後の分析結果によって医師面接が必要な従業員を抽出し、案内できます。


健康カルテ生成機能

ストレスチェックや健康診断の実施結果をもとに従業員の健康カルテを作成できます。


労働基準監督署への報告書作成支援機能

労働基準監督署への提出資料に必要なデータを自動集計できる支援機能が搭載された製品もあります。

ストレスチェックシステム導入における注意点

ストレスチェック実施後は実施結果にもとづいた職場改善への取り組みが大切です。分析結果をもとに適切な面接指導をおこないましょう。現場訪問や従業員同士のコミュニケーション活動のサポートも大切です。製品によっては外部の専門機関と連携して専門家の意見も交えながら対応できます。

平均2分!ぴったりのストレスチェックシステム探しをミツモアで

従業員の心の健康を守り、健やかな業務遂行を目指すためにもストレスチェックは必要な制度です。ストレスチェックシステムの導入で健康診断結果やヘルスケアアプリなどと組み合わせて総合的に健康管理を推進し、ストレスチェック業務全般を効率化できるでしょう。


ストレスチェック実施に特化したタイプや実施後の産業医の手配、アプリが利用できるタイプなどさまざまな製品があります。ただし全てのストレスチェックシステムが自社にとって有効とは限りません。


自社にとって最適なストレスチェックシステムを選ぶなら、ぜひ平均2分でできるミツモアの無料の自動診断を試してみましょう。従業員数や利用目的、業種や業界などいくつかの質問に答えるだけで自社にぴったりのストレスチェックシステムが見つかります。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。