ミツモア
背景画像

東京周辺に62人の

屋根葺き替え・屋根瓦修理業者がいます

東京周辺に62人の屋根葺き替え・屋根瓦修理業者がいます

あなたの家のガルバリウム鋼板屋根を予算内で葺き替え・張り替えしてくれる、リフォーム業者を見つけましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
150万人以上
平均評価 4.83
依頼総額
750億円以上

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

屋根修理の相場 

下記にて、屋根修理を業者に依頼する時の料金をまとめました。


屋根の葺き替え・修理は「屋根の種類と面積・屋根本体の工事費用・足場代などの追加費用」の合計で決まります。


まずは一般的な住宅の大きさである「30坪の屋根の修理にかかる費用」を記載しました。


※業者によって費用は異なります。

スレート屋根の交換 (30坪) 

80万〜

<料金内訳>

足場代:6万円〜8万円


既存屋根の撤去費用:約20万円


屋根の本体施工代:約50万円

金属屋根の交換 (30坪)

70万円〜

<料金内訳>

足場代:6万〜8万円


既存屋根の撤去費用:約12万円


屋根の本体施工代:約50万円

瓦屋根の交換 
(30坪)

110万円〜

<料金内訳>

足場代:6万円〜8万円


既存屋根の撤去費用:約30万円


屋根の本体施工代:約80万円

※「防止シートや棟板金の交換」が必要な場合は、追加で費用がかかります。


また事業者によっては、出張費用や高所作業代を併せて請求される場合もあるので、見積もりの際に確認しておきましょう。


次に「屋根の部分修理」の際にかかる費用を、工事の内容別に記載しました。


下記に加え、廃材処理代・高所作業代・足場設置代といったの追加費用がかかります。



▼金属屋根 (ガルバリウム鋼板)

部分補修 (1㎡あたり)

5,000円〜

めくれ・浮きの補修

(5か所)

20,000円〜


▼瓦

部分補修 
(1㎡あたり)
8,000円〜
瓦一枚あたりの料金
数百円〜4,000円

ひび割れの補修

(5か所) 

20,000円〜


▼スレート屋根

部分補修 
(1㎡あたり)
5,000円〜

めくれ・浮きの補修 

(5か所)

20,000円〜


ミツモアでは、最大5つの事業者に無料で見積もりを取ること可能です。


複数の事業者から見積もりが取れるので「相場とかけ離れた金額で契約してしまった」という事態も防げます。


「屋根修理を業者に依頼するか迷っている・・・」「業者に直接電話すると、しつこく営業されそう・・・」といった不安がある方にもおすすめです。

東京の屋根修理業者の費用はいくら?

東京にある屋根修理業者の料金を下記の表にまとめました。


事業者料金工事の種類
屋根のエイト(株)アースグループ
14,000円~19,000円/㎡
金属屋根葺き替え工事


※上記では「施工料金のみ」記載しています。

その他にも足場代・廃材処理代・高所作業代・足場設置代などの追加費用がかかります。

失敗しない屋根修理業者の選び方とは?

「雨漏りがする・・・早く直したい!」という場合に注意しなければならないのが、悪徳屋根修理業者の存在。


過去には「焦って屋根修理業者と契約してしまい、相場とかけ離れたお金を請求されてしまった」というケースも。


そんな事態を防ぐために、屋根修理業者の選ぶ際に確認すべきポイントを解説します。


①業者の専門を確認する

上記の通り屋根にはスレートや金属、瓦など様々な種類があります。


一口に「屋根修理業者」といっても「スレート屋根が得意」「瓦屋根に特化」など業者によって得意な屋根材が異なります。


業者を選ぶ際は、自分が交換したい屋根の種類と、業者が得意とする屋根の種類が一致するかどうかをしっかり確認しておきましょう。


業者が得意とする屋根の種類は


1.ホームページの施工事例を見る

2.メールや電話等で業者に直接問い合わせる

3.過去の利用者の口コミを確認する


などで見分けることができます。


①資格・建設業許可証があること


屋根修理には専門的な知識が重要なため、資格を持っているかどうかは重要な要素です。


下記にて業者が持っていると良い、屋根修理に関する資格をまとめました。


一般建設業許可厚生省より与えられる許可証のこと。500万円以上の工事には必須。
かわらぶき技能士

一級の受験には実務経験が7年以上、もしくは2級に合格後2年以上の実務経験が必要。

建築板金基幹業者
板金職人全体の2%のみが保持する資格。有資格者は屋根・外壁のプロと言える。
1級・2級建築士
建物への知識が豊富にある。
建築板金技能士
金属の加工に豊富な知識を持つ。
雨漏り診断士建物・雨仕舞いと防水・塗装の基礎知識を持つ。


②過去の施工事例


事業者のホームページに載っている「過去の施工事例」も非常に重要です。


その際確認しておくべきなのが「自宅と同じ屋根材の工事経験があるかどうか」です。

業者によって「瓦屋根が得意」「スレート屋根工事の経験が豊富」など、得意とする屋根材が異なります。


そのため「修理を依頼したい屋根材と、業者が得意とする屋根材が一致するか」は、しっかり確認しておく必要があります。


③口コミ・評判


依頼者からの口コミ・評判もしっかり確認しておきましょう。


その際、内容だけでなく口コミの更新頻度にも注目するのがよいでしょう。口コミが頻繁になされている業者であれば、利用者が多いことが分かりますよ。


④見積もりが相場とかけ離れていないか


業者の見積もりが「相場とかけ離れていないか」をしっかり確認しておきましょう。


その時重要なのが、複数の事業者に見積もりを取ることです。


2社以上から見積もりを取れば、相場からかけ離れた料金で契約するといった事態を防ぐことができるでしょう。


〜ミツモアの特徴〜


ミツモアでは、最大5つの事業者から無料で見積もりを取ることができます。


簡単な質問に答えるだけでよいので「業者に依頼するか迷っている」という方でも気軽に利用できるでしょう。

東京の屋根修理に補助金が使える?

「屋根を修理したいけど、できるだけ料金は抑えたい」という方も多いでしょう。


そんな方に向けて2021年(令和3年)現在「東京都の市区町村」で、お得に屋根修理ができる補助金制度のある市区町村をまとめました。


※補助金を受けることができる条件は市区町村によって異なります。詳しくはお住いの自治体の公式ホームページをご覧ください。


地域(市区町村)補助金名称
台東区

耐震改修工事助成

・対象工事:屋根の軽量化工事

・補助率:

①重点地域内の住宅  耐震改修工事費用の3分の2(ただし200万円以内)

②その他の地域の住宅 耐震改修工事費用の2分の1(ただし150万円以内)

・限度額:

①の場合200万円

②の場合150万円

品川区

品川区住宅改善工事助成事業

・対象工事: 屋根の軽量化

・補助率:工事費用の10% 

・限度額:

品川区民:20万円

マンション管理組合、賃貸住宅個人オーナー:100万円

大田区

住まいの長寿化に該当する助成対象工事

・対象工事:屋根の改修(軽量化を除く)

・補助率:助成対象額の10%

・限度額:20万円

大田区

防犯・防災対策に該当する助成対象工事

・対象工事:屋根の改修(軽量化)

・補助率:助成対象額の10%

・限度額:20万円

足立区

住宅改良助成制度

・対象工事:軽量屋根材への葺き替え

・補助率:3,000円/1㎡

・限度額:最大30万円、もしくは工事種類ごとの上限額、対象工事費(消費税抜)の20%の中で一番安価なもの

目黒区

住宅リフォーム資金助成

・対象工事:屋根改修工事

・補助率:工事費用の10%

・限度額:10万円

渋谷区

住宅簡易改修工事費助成

・対象工事:屋根・外壁などの改修および模様替えを行う外装工事

・補助率:工事費用の20%

・限度額:10万円

八王子市

八王子市居住環境整備補助金

・対象工事:台風対策改修工事

・補助率:経費の20%以内

・限度額:10万円

実際の依頼例

屋根の葺き替え・屋根瓦修理を探しています
S様

物件
戸建て
屋根の面積
50-100平米
高さ
2階
ブラウン系ブラウン系
時期
決めていない
プロの方へのメッセージ
だいたいの金額が知りたい

1人の屋根葺き替え・屋根瓦修理業者から見積もりが来ました

屋根葺き替え・屋根瓦修理業者A
はじめまして、Aと申します。 築年数からで、おそらく「火災保険」と、ご加入されてましたら「地震保険」を適用させて施工ができると思われます。 保険が使える箇所を保険請求しまして、下りた保険金を屋根の修繕費用に充てていただければご負担無か、保険金の分ご負担を抑えて修繕可能です。 先に保険金が入金されますので、金額が確定してから施工内容を決めていただく事も可能です。 弊社では保険適用箇所の調査から保険請求サポートまで、お客様に費用のご負担をいただく事無く無料で賜っておりますので、お気軽にお問合せいただければと思います。 ご検討のほど、よろしくお願い致します。
どの地域でお探しですか?

屋根修理の基礎知識

1.スレート屋根

スレート屋根は日本で最も人気のある屋根材です。

工事価格が安い、瓦よりも軽い、耐震性が高いといったメリットがありますよ。

スレート屋根を選ぶメリット・デメリット、耐用年数やメンテナンス費用を解説します。

2.ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛、シリコンによってメッキ加工された鋼板素材です。

ガルバリウム鋼板の耐久性・メリット・デメリット・特徴等を紹介します。

3.アスファルトシングル

アスファルトシングルは、ガラス繊維にアスファルトと表面に石を吹き付けた屋根材です。

デザイン性が高い、軽量で耐震性が高いといった特徴があります。

デザイン性の高いアスファルトシングルの性能や耐久性について解説します。

4.トタン屋根

雪に強い屋根材として東北や北海道などでよく用いられるトタン屋根。

とても安価なため、コストを抑えられるといったメリットがある一方、ひび割れが起こりやすいといったデメリットもあります。

トタン屋根の特徴やメンテナンス方法、業者の選び方を紹介します。

5.屋根のカバー工法

カバー工法では、既存の屋根の上に新しく屋根材を被せます。

カバー工法に用いられるのは、ガルバリウム鋼板をはじめとした軽い金属の屋根材です。

屋根カバー工法のメリットとデメリット、費用についてまとめました。

6.屋根修理業者の選び方

「屋根を修理してくれる業者を探しているけど、どうやって選んだらよいのか分からない」という方も多いでしょう。

そんな方に向けて、信頼できる業者を選ぶ際のポイントをまとめました。

7.屋根のメンテナンス

屋根の寿命を伸ばすためには、屋根の劣化状況に応じて適切なメンテナンスを行うことが重要です。

メンテナンスの適切なタイミングは、屋根の種類によっても変わります。

屋根のメンテナンス方法、メンテナンスをはじめる時期、費用について解説します。

8.屋根の台風対策

台風の被害を受けやすい箇所の1つとして挙げられるのが屋根です。

実際、大型な台風が襲来した場合には、多くの住宅と建物の屋根が壊れます。

そこで屋根の台風被害を防ぐための事前対策、メンテナンス方法をまとめました。

9.屋根修理の費用相場と火災保険

台風などの自然災害で屋根が壊れた場合は、火災保険が使えることも。

しかし「火災保険の申請をサポートします」と謳い、保険金の一部を報奨金として受け取ろうとする悪徳業者も存在します。

ここでは火災保険の申請方法と業者を選ぶ時の注意点をまとめました。

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?