ミツモア
解体工事はプロにお任せ!木造・鉄骨造・RC造をはじめ、内装解体も依頼できます。

解体工事業者を見つけよう
解体工事業者を見つけよう

解体工事はプロにお任せ!木造・鉄骨造・RC造をはじめ、内装解体も依頼できます。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

解体工事業者登録数、日本最大級!

解体工事業者は、ミツモアで。

家やビル、店舗の解体工事はプロにお任せしましょう。

家屋には木造・鉄骨造・RC造など様々な種類があります。解体の規模によっても対応の可否があるので、複数社に相談するのがおすすめです。

また、内装のみの解体も請け負ってくれるプロがいます。店舗の内装を検討している方も見積もり依頼を出してみましょう。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

【基本知識】解体工事の種類や工法・流れ

解体工事は、建物や構造物を分解・撤去する作業です。様々な種類や工法が存在し、それぞれの特性に応じて適切な方法が選択されます。解体工事の主な種類や工法、および流れについて説明します。

種類
建物の規模や構造、立地条件によって異なる解体工事の種類があります。
a. 住宅解体工事
b. 商業施設解体工事
c. 工場解体工事
d. 高層ビル解体工事

工法
解体工事には、様々な工法があります。
a. 機械解体工法 - バックホーやクレーンなどの大型機械を使用して解体する方法です。
b. 手解体工法 - 労働者が手作業で解体を行う方法で、狭い場所や騒音や振動を抑える必要がある場合に使用されます。
c. 無振動・無騒音解体工法 - 振動や騒音が発生しないように特殊な工具や機械を使って解体を行います。
d. インプロージョン解体工法 - 爆破によって建物を解体する方法で、大規模な建物の解体に適しています。

解体工事の流れ
解体工事は、以下の流れで進行します。
a. 見積もり・契約 - 解体業者による現地調査、見積もりの提出、契約の締結。
b. 各種許可・手続き - 解体工事に関する法令や条例に基づく許可・手続きを行います。
c. 仮設工事 - 解体工事現場の周囲に仮設柵を設置し、安全対策を行います。
d. 資材の選別・撤去 - 建物内の資材を選別し、リサイクル可能なものは分別して撤去します。
e. 解体作業 - 選択された工法で建物や構造物の解体を行います。
f. 解体後の処理 - 解体された廃材の選別、処理、搬出を行います。
g. 整地・仕上げ - 解体現場の整地や残土の処理を行い、仕上げ作業を行います。

解体工事の進行には、以下のポイントが重要です。

環境への配慮
解体工事中は、騒音、振動、埃などの環境への影響を最小限に抑えることが求められます。騒音や振動の抑制、埃対策など、環境保護に関する法令や条例に従って作業を進めることが必要です。

安全対策
解体工事は、労働者や近隣住民に対する安全対策が重要です。適切な作業服や保護具の着用、作業エリアの明確化、適切な指導・教育、緊急時の連絡体制の整備など、安全管理体制を構築し、事故を未然に防ぐことが求められます。

廃棄物の適切な処理
解体工事で発生する廃棄物は、適切に処理される必要があります。廃棄物の分別、リサイクル、最終処分など、法令に基づいた適切な処理を行うことが求められます。

解体工事のスケジュール管理
計画通りに解体工事を進めるためには、スケジュール管理が重要です。解体工事の計画立案、工程管理、品質管理など、プロジェクト管理の手法を適用して、効率的かつ円滑に作業を進めることが求められます。

これらのポイントに注意しながら、解体工事を進めることで、安全かつ環境に配慮した解体が可能となります。また、効率的な解体工事を行うことで、コスト削減や工期短縮にもつながります。

【基礎知識】解体工事に必要な事前準備は?工事開始までの流れや必要な手続きを詳しく解説!

解体工事を行う前には、事前準備が必要です。ここでは、解体工事の事前準備と開始までの流れ、必要な手続きについて詳しく解説します。

【解体工事の事前準備】

解体計画書の作成
解体計画書は、解体する建物や構造物の現状や解体方法、周辺環境への影響などを記載した書類です。解体計画書は、建築士や解体業者が作成する必要があります。

解体業者の選定
解体業者は、解体工事を行う上で非常に重要な役割を担います。解体業者は、経験や技術力、安全管理などを考慮して選定する必要があります。

周辺環境の調査
周辺環境への影響を最小限に抑えるために、解体工事前に周辺環境の調査を行う必要があります。例えば、隣接する建物や道路、地下の施設などについて調査を行い、適切な対策を取る必要があります。

解体工事の安全計画の策定
解体工事の安全計画は、解体工事中に発生する可能性のある危険に対して、どのような対策を取るかを明確にするために策定されます。解体工事中に発生する危険性を最小限に抑えるために、安全計画を策定する必要があります。

解体工事に必要な許可の取得
解体工事に必要な許可には、建築物解体の許可や産業廃棄物処理の許可などがあります。必要な許可を事前に取得する必要があります。

【解体工事の開始までの流れ】

解体工事の開始日の決定
解体工事の開始日は、解体計画書に基づいて、解体業者と調整します。

現場の立ち入り制限
解体工事が始まる前に、現場の立ち入り制限を行います。周辺住民や通行人に、解体工事が行われる旨の案内を行い、現場周辺に柵や看板を設置することが一般的です。

施設の除去

工事が始まる前に、施設内の家具や機器などを撤去します。また、解体する建物や構造物の安全を確保するために、支柱や補強材などの設置を行うこともあります。


解体工事の実施
解体工事が開始されます。解体方法に応じて、クレーンやブルドーザーなどの重機が使用されることもあります。解体工事中には、発生する粉塵や騒音、振動などに注意が必要です。

廃棄物の処理
解体工事によって発生する廃棄物は、適切に処理する必要があります。建材やコンクリートなどの再利用が可能な廃棄物は、再利用されます。それ以外の廃棄物は、産業廃棄物として処理されます。

完了検査と報告書の作成
解体工事が終了したら、完了検査を行います。解体工事の品質や安全性が確認されたら、報告書を作成し、関係機関に提出します。

【必要な手続き】

建築物解体の許可申請
建築物解体の許可申請は、市町村役場や都道府県庁などに提出します。申請に必要な書類は、解体計画書や周辺環境調査報告書などです。

産業廃棄物処理の許可申請
解体工事によって発生する廃棄物は、産業廃棄物として処理する必要があります。産業廃棄物処理の許可申請は、都道府県環境部門や市町村役場などに提出します。

建物の状況調査
建物の状況調査は、建物の構造や耐震性、使用されている材料などを調査することで、解体工事の際の安全性を確保するために行われます。

建物の保険加入
解体工事中に起きた事故や損害に対する補償のために、解体工事前に建物の保険に加入する必要があります。

以上が、解体工事の事前準備や開始までの流れ、必要な事柄となります。

【基礎知識】解体工事の平均費用と料金相場【2023年3月最新版】

解体工事は、古い建物や構造物を撤去する際に行われる工事であり、多くの場合、建築物の新築やリニューアルのために実施されます。解体工事の平均費用や料金相場は、対象物の大きさや形状、材質、立地条件、アクセスの良さなどによって大きく変動します。2023年3月現在の料金相場を以下にご紹介します。

【解体工事の平均費用】
一般的な住宅の解体工事においては、木造住宅、鉄骨造住宅、鉄筋コンクリート造住宅のそれぞれによって、平均費用は変わります。

1.木造住宅:約80万円~250万円
2.鉄骨造住宅:約150万円~400万円
3.鉄筋コンクリート造住宅:約300万円~700万円
上記の価格は、床面積や物件の立地条件などによって変わるため、あくまで目安としてご参照ください。

【解体工事の料金相場】
解体工事の料金相場は、以下の要素によって大きく変わります。

1.解体対象物の種類
2.立地条件やアクセスの良さ
3.現場の状況(例:近隣住民への影響や作業スペースの確保)
4.有害物質の処理(例:アスベストの処理)
5.その他の作業(例:解体後の土地整備)
料金相場の目安としては、以下のようになります。

1.木造住宅:約2,000円~4,000円/㎡
2.鉄骨造住宅:約3,500円~7,000円/㎡
3.鉄筋コンクリート造住宅:約5,000円~10,000円/㎡
これらの相場は、地域や解体業者によっても変わるため、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

【注意点】
解体工事を依頼する際には、以下のような点に注意してください。

事前に建物の調査を行い、適切な解体方法や必要な作業を確認しておくことが重要です。とりわけ、アスベストや鉛などの有害物質が含まれている場合は、専門的な知識と対策が必要です。

解体工事には、建築物の解体だけでなく、解体後の土地整備や廃材処理なども含まれます。見積もりを取る際には、これらの費用が含まれているか確認してください。

また解体工事には、各自治体が定める法規制や手続きがあります。例えば、建築基準法や労働安全衛生法などの遵守が求められます。また、解体許可申請や解体届け出などの手続きも必要です。適切な手続きが行われているか確認することが肝要です。

合わせて近隣住民への配慮も非常に大切です。解体工事の騒音や振動、埃などが近隣住民に影響を与えないように、十分な対策が講じられているか確認しましょう。

解体工事業者を選ぶ際には、信頼性や実績を重視してください。口コミや評判をチェックし、複数の業者から見積もりを取って比較検討しましょう。

まとめ
解体工事の平均費用や料金相場は、対象物の大きさや形状、立地条件、アクセスの良さなどによって大きく変動します。また、解体工事を依頼する際には、事前調査や適切な手続き、近隣住民への配慮などが重要です。信頼性の高い解体業者を選び、複数の見積もりを取って比較検討することで、適切な解体工事を行うことができますのでぜひミツモアのような相見積もりサイトを有効活用してみましょう!

【基礎知識】解体工事の補助金・助成金をもらう方法!

解体工事に助成金を活用することで、経済的負担を軽減することができます。しかし、助成金の条件や申請方法は自治体によって異なるため、適切な情報を把握して活用しましょう。本記事では、解体工事の助成金をもらう条件と申請方法についてご紹介します。

助成金をもらう条件
一般的に、以下の条件を満たすことで解体工事の助成金を受けることができます。
・所有者が自ら申請すること
・建物が空き家・空き地であること
・建物が一定範囲内にあること(都市計画区域内など)
・解体工事に関する計画書を提出できること
・必要な書類が揃っていること
※自治体によっては、助成金を受けるための条件が異なります。詳細は、各自治体のホームページを参照してください。

申請方法
助成金の申請方法は、以下の手順を踏むことで行うことができます。

まず、申請書をダウンロードするか、所轄の役所で入手しましょう。
必要書類を揃え、申請書に記入します。
申請書と必要書類を役所に提出し、審査を受けます。
審査に合格すれば、助成金が支給されます。

具体的な助成金額や条件については、各自治体のホームページを参照してください。

各自治体の公式ウェブサイトや関連情報にアクセスするには、以下のキーワードを検索エンジンに入力してください。

例:「[都道府県名] 解体工事 助成金」

これにより、各都道府県の解体工事助成金に関する情報が検索結果に表示されます。それぞれの自治体の公式ウェブサイトや関連情報を確認し、助成金の詳細や申請方法について調べてください。



注意点
解体工事の助成金を受ける際には、以下の点に注意してください。
・申請期限を確認し、期限内に申請しましょう。
・助成金は、解体工事費用の一部を補助するものであり、全額が助成されるわけではありません。
・自治体によっては、助成金の申請が競争率が高い場合があります。そのため、申請が通らない可能性も考慮しましょう。


まとめ
解体工事の助成金を利用することで、経済的負担を軽減できることがあります。ただし、自治体によって助成金の条件や申請方法が異なるため、適切な情報を把握して活用しましょう。また、申請期限や助成金の支給額にも注意して、計画的な解体工事を進めてください。

解体工事業者の口コミ

累計評価

5.0(3件)
2023年3月21日更新
解体工事業者を利用された方の口コミの平均点と累計数を表示しています。

5
タニ
3か月前

先日、裏庭の昔のお風呂の解体をお願いしました。裏庭にいくのには家の中を通らなければならずブロックなど手で運ばなければならなかったのですが重作業だったにも関わらず迅速に対応して頂きました。裏庭の少し割れていたコンクリート も左官してもらい家の中も綺麗に養生して頂いていたのに帰り際には綺麗に掃除機をかけ雑中掛けもして頂き満足しています。また、何かあればよろしくお願いします。

項目別評価


現地見積もりの対応

5

10分〜15分で手際良くしてくれました。


作業の丁寧さ

5

口調も丁寧で逐一、説明して頂けました。


提案内容の的確さ・幅広さ

5

わからない事を教えて頂き有り難う御座います。


価値・費用の納得感

5

しっかりと技術によっては費用がプラスされる事はされると説明して頂き納得できました。


施工スケジュールの納得感

5

お忙しい中、スケジュール調整して頂きました。


業者(担当者)の対応の良さ

5

窓口担当の方も来て頂き名刺など丁寧に対応して頂きました。


プロからの返信

タニ様、有難う御座います。困った事があればいつでも聞いて下さい。お力になれる様に日々精進して参りますので今後とも宜しくお願いします。

依頼したプロ菊田一建設株式会社

項目別評価


現地見積もりの対応

5

10分〜15分で手際良くしてくれました。


作業の丁寧さ

5

口調も丁寧で逐一、説明して頂けました。


提案内容の的確さ・幅広さ

5

わからない事を教えて頂き有り難う御座います。


価値・費用の納得感

5

しっかりと技術によっては費用がプラスされる事はされると説明して頂き納得できました。


施工スケジュールの納得感

5

お忙しい中、スケジュール調整して頂きました。


業者(担当者)の対応の良さ

5

窓口担当の方も来て頂き名刺など丁寧に対応して頂きました。


5
ナカガワ
17日前

内装解体をお願いしました。 お伝えしたとおり、無駄がなくきちんとお仕事いただきました。 相談にも直ぐご対応くださったので大変助かりました。 ありがとうございます!

項目別評価


現地見積もりの対応

5


作業の丁寧さ

4


提案内容の的確さ・幅広さ

5


価値・費用の納得感

5


施工スケジュールの納得感

5


業者(担当者)の対応の良さ

5


依頼したプロコム企業

項目別評価


現地見積もりの対応

5


作業の丁寧さ

4


提案内容の的確さ・幅広さ

5


価値・費用の納得感

5


施工スケジュールの納得感

5


業者(担当者)の対応の良さ

5


5
上田
10か月前

家屋の解体をしていただきました。 とても良かったです。ありがとうございました。

項目別評価


現地見積もりの対応

-


作業の丁寧さ

-


提案内容の的確さ・幅広さ

-


価値・費用の納得感

-


施工スケジュールの納得感

-


業者(担当者)の対応の良さ

-


依頼したプロ株式会社Re.RISE

項目別評価


現地見積もりの対応

-


作業の丁寧さ

-


提案内容の的確さ・幅広さ

-


価値・費用の納得感

-


施工スケジュールの納得感

-


業者(担当者)の対応の良さ

-


解体工事の費用と費用を抑えるコツについて

解体工事の費用は、以下の要因によって変動します。


1.建物の大きさと構造

建物の大きさや構造によって、解体工事に必要な労力や時間が変わります。大きな建物や複雑な構造を持つ建物の場合、解体に必要な人員や機材も多くなり、費用も高くなります。

2.建物の種類
建物の種類によって、解体工事の費用も異なります。木造の建物や鉄筋コンクリートの建物など、材料や構造によって解体方法や必要な機材が異なります。そのため、建物の種類によって費用も変動します。

3.解体方法
解体方法によっても費用が変わります。建物を爆破する場合は、解体に必要な専門的な知識や機材が必要となり、費用も高くなります。一方で、手作業で解体する場合は、人件費がかかりますが、機材のレンタル費用は抑えられるため、費用も抑えられます。

4.解体に伴う廃棄物処理費用
解体に伴って発生する廃棄物の処理費用も、解体工事の費用に含まれます。建物に含まれるアスベストや塗料など、有害物質が含まれる場合は、処理費用が高くなります。


次にに解体工事費用の目安について解説します。


一般的に、解体工事の費用は、平均して1坪あたり5万円から15万円程度とされています。ただし、前述したように、建物の大きさや種類、解体方法などによって異なるため、正確な費用は見積もりが必要です。


また、解体工事の費用は、下記のようなものが含まれることが多いため、見積もりの際に確認することが大切です。


・人件費

・機材のレンタル費用

・廃棄物処理費用

・解体許可申請費用

・解体時の仮設工事費用

・解体後の敷地整備費用


以上のような要因から、解体工事の費用は建物1棟あたり数百万円以上になることもあります。


最後に解体工事の見積もり方法について解説します。


解体工事の見積もりは、解体業者に依頼することが一般的です。業者によって見積もりの方法や内容は異なりますが、一般的には以下のような流れで行われます。


1.現地調査

業者が現地に出向き、建物の状態や周辺環境、解体に必要な機材や作業員の人数などを調査します。


2.見積もり作成

調査結果をもとに、解体工事の費用を見積もされます。見積もりには、労働費、機材費、廃棄物処理費用、解体許可申請費用、仮設工事費用、敷地整備費用などが含まれます。


3.見積もり精査

見積もりが完成したら、商談となります。。見積もりの内容や費用について、詳しく説明がありますので一つ一つ確認しましょう。


まとめ


解体工事の費用は、建物の大きさや種類、解体方法、廃棄物処理費用などによって異なります。一般的には、平均して1坪あたり5万円から15万円程度とされていますが、正確な費用は見積もりが必要です。解体工事を依頼する際には、業者によって見積もりの方法や内容が異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

解体工事にまつわるFAQ

Q: 解体工事とは何ですか?
A: 解体工事とは、建物や構造物を取り壊すことです。建物や構造物を建てる前には解体工事が必要になることもあります。

Q: 解体工事を依頼するにはどうすればよいですか?
A: 解体工事は、解体業者に依頼する必要があります。まずは、信頼できる解体業者を探し、見積もりを取得してから、作業を依頼することが一般的です。

Q: 解体工事を依頼する前に、何を準備すべきですか?
A: 解体工事を依頼する前に、建物や構造物の所有権を確認し、必要に応じて許可を取得する必要があります。また、解体に伴って排出される廃棄物の処理方法についても確認しておくことが重要です。

Q: 解体工事にかかる費用はどのくらいですか?
A: 解体工事にかかる費用は、解体する建物や構造物の規模や素材、解体業者の料金などによって異なります。見積もりを取得してから、作業を依頼することをお勧めします。

Q: 解体工事にかかる時間はどのくらいですか?
A: 解体工事にかかる時間は、解体する建物や構造物の規模や素材、解体業者の作業スケジュールなどによって異なります。一般的な木造住宅ですと2週間程度で完了します。作業の前に、解体業者に作業日程について相談し、作業期間を確認しておくことが重要です。

Q: 解体工事中に注意すべきことはありますか?
A: 解体工事中には、周辺の人々や建物、道路に対する影響に注意する必要があります。また、作業現場周辺には立ち入り禁止のエリアが設けられていることがありますので、注意してください。

Q: 解体工事後の廃棄物処理はどうなりますか?
A: 解体工事後の廃棄物処理には、廃棄物処理業者に依頼することが一般的です。廃棄物処理業者は、処理方法について相談し、適切な処理方法を提供してくれます。

Q: 解体工事後に現場の清掃は必要ですか?
A: 解体工事後には現場の清掃が必要です。解体業者が清掃を行う場合が一般的ですので見積もりの際にあわせて相談しましょう。

Q: 解体工事に必要な許可は何ですか?
A: 解体工事には、自治体によって異なりますが、建物解体許可、環境基準適合証明書、産業廃棄物収集運搬許可などが必要になる場合があります。事業者に事前に確認しておくことが重要です。

Q: 解体工事にはどのようなリスクがありますか?
A: 解体工事には、建物や構造物の崩壊や倒壊、周辺の人々や建物、道路への影響、不法投棄、廃棄物処理の問題などがあります。信頼できる解体業者に依頼し、安全対策を徹底することが大切です。

Q: 解体工事中に建物が傷ついた場合、修理や補償はどうなりますか?
A: 解体工事中に建物が傷ついた場合、解体業者が補償する場合もあります。契約書に明記された補償について、事前に確認しておくことが重要です。

Q: 解体工事にはどのような素材が再利用されますか?
A: 解体工事によって出た素材のうち、再利用可能なものには、鉄、アルミニウム、銅、木材、ガラス、プラスチックなどがあります。解体業者によって異なりますので、事前に相談しておくことが重要です。

Q: 解体工事の際に注意すべき法令はありますか?
A: 解体工事には、建築基準法や廃棄物処理法、環境基本法などの法令が関係しています。違反すると、罰金や刑事罰などが課せられる場合があります。

Q: 解体工事の際に気を付けるべき点はありますか?
A: 解体工事を行う際には、以下の点に注意することが重要です。

周辺住民への配慮: 騒音や振動、粉じんなどが発生するため、周辺住民への影響に配慮する必要があります。
安全対策の徹底: 倒壊や落下などの事故を防ぐため、安全対策を徹底することが大切です。
廃棄物処理の適切な手配: 解体によって発生した廃棄物の処理方法を適切に手配することが必要です。
施工計画書の作成: 解体業者が施工計画書を作成することが義務づけられています。施工計画書には、解体の方法や工程、安全対策などが記載されています。


Q: 解体工事の見積もりを依頼する際に、どのような点に注意すべきですか?
A: 解体工事の見積もりを依頼する際には、以下の点に注意することが重要です。

見積もりの詳細: 見積もりには、作業内容や料金、作業期間などが詳細に記載されていることが望ましいです。
料金の明確化: 料金には、作業費や廃棄物処理費、許可申請費用などが含まれます。見積もりには、これらの費用が明確に記載されていることが重要です。
現場の確認: 解体業者が現地を確認してから見積もりを作成することが望ましいです。現地の状況によっては、料金が変更される場合があります。
信頼性の確認: 解体業者の信頼性を確認するため、実績や口コミなどを調べることが重要です。


Q: 解体工事をDIYで行うことはできますか?
A: 解体工事は、建物や構造物を取り壊すことであり、危険な作業です。DIYで解体工事を行うことは、建物の倒壊や落下、火災などの危険があります。解体工事は、専門的な知
識と技術を要するため、DIYではなく、必ず専門業者に依頼することをお勧めします。

Q: 解体工事を依頼する際、どのように業者を選べばよいですか?
A: 解体工事を依頼する際には、以下の点に注意して業者を選ぶことが重要です。

実績や評判: 過去の実績や口コミを調べ、信頼できる業者を選びましょう。
料金の明確化: 料金の明確化や不透明な追加料金がないか確認することが大切です。
保険の有無: 解体業者には、賠償責任保険や労災保険があることが望ましいです。
手続きのサポート: 建築基準法や廃棄物処理法など、解体工事に関する手続きをサポートしてくれる業者を選びましょう。
安全対策の徹底: 安全対策が徹底されている業者を選びましょう。


Q: 解体工事に関する法律や規制はありますか?
A: 解体工事に関する法律や規制は、以下のようになります。

建築基準法: 建物の解体について規定しています。
環境基本法: 環境保護に関する法律であり、解体工事に伴う廃棄物処理や公害防止に関する規制を定めています。
廃棄物処理法: 廃棄物の処理に関する法律であり、解体工事によって発生する廃棄物の処理方法について規定しています。
労働安全衛生法: 労働者の安全と健康を保護するための法律であり、解体工事においても適用されます。


Q: 解体工事の前に、必要な手続きはありますか?
A: 解体工事を行う前には、以下の手続きが必要になる場合があります。
建物解体許可の申請: 建物の解体には、自治体からの建物解体許可が必要になることがあります。
環境基準適合証明書の取得: 解体工事に伴い発生する粉じんや騒音が、周辺環境に与える影響に関する証明書が必要な場合があります。

産業廃棄物収集運搬許可の取得: 解体工事によって発生する廃棄物の処理には、産業廃棄物収集運搬許可が必要になることがあります。
土地所有者への連絡: 解体工事を行う場合には、土地所有者への連絡や承諾を得る必要があります。
周辺住民への周知: 解体工事による影響を受ける周辺住民への周知や連絡を行うことが望ましいです。


Q: 解体工事で発生する廃棄物はどのように処理されますか?
A: 解体工事で発生する廃棄物は、産業廃棄物として扱われ、専門業者によって処理されます。処理方法には、焼却、埋め立て、リサイクルなどがあり、処理方法によって費用や手続きが異なる場合があります。自治体によっては、産業廃棄物の処理に対する費用補助を行っている場合がありますので、確認しておくことが重要です。

Q: 解体工事によって発生する再利用可能な素材はありますか?
A: 解体工事によって発生する素材のうち、再利用可能なものには、鉄、アルミニウム、銅、木材、ガラス、プラスチックなどがあります。これらの素材は、リサイクル業者によって再利用されたり、中古建材として販売されたりすることがあります。

Q: 解体工事後には、何をすべきですか?
A: 解体工事後には、以下の点に注意して作業を進めることが重要です。

建物解体許可などの証明書の保管: 解体工事に必要な証明書や許可書などは、必ず保管しておくことが望ましいです。
現場の清掃: 解体工事後には、現場の清掃を行い、周辺環境に与える影響を最小限に抑えることが必要です。
廃棄物処理の手配: 解体工事によって発生した廃棄物の処理方法を適切に手配し、廃棄物処理法に基づいた処理を行うことが大切です。

土地の利用計画の立案: 解体工事によって空き地となった場合には、土地の利用計画を立案することが望ましいです。新たな建物を建てるか、公園や緑地にするか、検討してみましょう。
建物解体に関する経験の共有: 解体工事に関する経験を共有し、次回の建築や解体工事の際に活用することが望ましいです。


Q: 解体工事を行う際に、何か準備するものはありますか?
A: 解体工事を行う際には、以下のような準備が必要です。

現場の確認: 解体業者が現場を確認し、作業内容や料金、作業期間などを決定する必要があります。
建物解体許可や環境基準適合証明書などの手続き: 必要な手続きを行い、許可書や証明書などを取得しておく必要があります。
環境配慮の準備: 建物解体による影響を周辺住民に与えないよう、環境配慮を行うことが必要です。
解体業者の手配: 安全対策や廃棄物処理などを含め、解体業者を選び、手配することが必要です。
建物内の荷物の移動: 建物内にある荷物や家具などを移動する必要がある場合があります。