ミツモアロゴ
ミツモアメディア

雨漏りの原因を特定するには?応急処置と業者の選び方まで紹介

最終更新日: 2020年12月28日

雨漏りの修理は、できるだけ早く正しい方法で行うことが重要です。雨漏りを自力で何とかしようとすると余計に悪化し、放置すると建物全体に悪影響を及ぼします。原因の特定方法や応急処置、業者の選び方を把握し、すぐに雨漏りを解決しましょう。

雨漏りが起きやすい場所

家住宅の色々な場所で、雨漏りの起きる可能性があります。特に雨漏りが起きやすい場所を把握しておけば、万が一雨漏りが発生したときに欠損箇所を突き止めやすくなるでしょう。

屋根

雨漏りと聞いて、一般的にイメージされるのが屋根です。屋根からの雨漏りといっても原因は多種多様のため、屋根の素材に応じた対策が必要です。

薄板状にセメントを加工した「スレート」や瓦といった屋根の素材に関係なく、雨漏りは起こります。スレート同士の隙間を埋めるコーキングや、屋根と瓦を繋ぐ漆喰が剥がれる場合も、屋根からの雨漏りの原因として考えられるでしょう。

ガルバリウムやトタンなどの金属素材の屋根の場合、雨漏りの原因になるのは塗装の剥がれ・釘浮き・サビなどです。スレート屋根の頂上部分を覆う棟板金(むねばんきん)も、金属でできています。

屋根に太陽光パネルを設置している場合、設置時に屋根に開けた穴から雨漏りする可能性があります。

サッシ

窓のサッシの隙間は、雨漏りしやすい場所の一つです。窓は軒下にある場合が多く、普通の雨なら雨漏りしません。台風のように強風を伴って雨が降るとき、サッシの隙間から雨が染み込むケースが考えられるでしょう。

コーキングの劣化も、雨漏りの原因として考えられます。外壁と窓枠の隙間を埋めるゴム状のパッキンがコーキングです。防水性能以外にも、耐久性を高める効果がコーキング材にはあります。外壁の窓枠部分は構造的に弱く、ひびが入りやすい箇所の一つです。

外壁

雨漏りが起きやすい場所には、外壁も挙げられるでしょう。気温や湿度による伸縮や地震によるひび割れなどで外壁に隙間が生じると、雨水が侵入します。

コーキング材が使われるのは、窓枠だけではありません。板状の外壁材であるサイディングボードやタイルの隙間にも、コーキング材は使われています。

窓サッシ同様、外壁のコーキング材の劣化も、雨漏りの原因になるでしょう。コーキングが劣化する原因は、紫外線を浴びたり雨風に晒されたりすることです。

ベランダ

日当たりを考えて設計されるベランダは、雨風に晒されやすい場所でもあります。劣化しやすい部分がベランダには多く、そこから雨漏りが発生します。

ベランダの劣化しやすい部分の代表が排水管です。雨風に晒されて劣化した排水管に亀裂や穴が入ったり、排水詰まりが原因で内側から腐食したりします。

ベランダの手すりの最上部を覆うようにかぶせる仕上材の笠木も、劣化しやすい部分といえるでしょう。笠木を設置する目的は、防水性の向上です。直接雨風が当たる笠木は内部に水が入ると排水しづらく、内部から腐食してしまいます。

雨漏りしている部分の特定方法

工事業者雨漏りをしている場所は、室内からは楕円形に黒ずんで見えます。水が滴っていなくても、黒ずんだ楕円形を天井や壁に見つけたら、雨漏りの予兆の可能性があります。

雨漏りが疑われるようであれば、雨漏りしている場所を特定しましょう。

目視による特定

簡単にできる特定方法は目視です。表面に欠損箇所がないと特定できないため、精度は高くありません。目視で異変を感じられなくても雨漏りが発生する場合は、他の特定方法も試しましょう。

コーキング材や内壁の塗装の剥げ、外壁のひび割れなどは、簡単に特定できます。スレートの破損や反り、瓦のずれなどの屋根の目視は、安全に注意が必要です。無理に屋根に登ろうとせず、近所の高い建物から確認するとよいでしょう。

放水による確認

雨漏りしていると思しき場所を目視で見つけたら、放水で確認しましょう。雨漏りしていれば、放水後の室内は濡れています。放水で雨漏りを確認するときは、ビニールシートを敷いたりバケツを置いたりして、事前に室内を保護しましょう。

目視に比べると、特定の精度は放水の方が上です。しかし風向きや風速など雨水以外の条件も必要な場合は、雨漏りと特定するのは難しいでしょう。

専門業者は赤外線を用いることもある

目視や放水で雨漏りしている部分を特定できなければ、専門業者に依頼するのも手段の一つです。専門知識のない人には特定できない内部の原因も、専門業者なら特定できる可能性があります。

専門業者の特定方法の一つに、赤外線調査があります。雨漏りしている場所の付近の温度が下がる性質を利用し、サーモグラフィーで浸水箇所を特定します。

ファイバースコープによる特定ができる専門業者もあります。瓦の裏や狭い隙間にファイバースコープを入れ、直接目視で確認できない内部の映像を見ながら、雨漏りしている場所を特定できます。

ブラックライトに反応する特殊な液体を流し、紫外線を当てて発光するかどうかで雨漏りを確認する発光検査もあります。

発見したときの応急処置

バケツ雨漏りを発見した場合、応急処置を施す必要があります。応急処置をしないと床材を傷める原因になるため、被害が小さくても放置せず、できるだけ早く応急処置をしましょう。

バケツ、ビニールシートで受け止める

まずはバケツとビニールシートで、漏れた雨水を受け止めましょう。雨漏りが発生している場所にビニールシートを敷き、その上にバケツを置きます。

自宅にビニールシートがなければ、タオルや雑巾で代用可能です。タオルや雑巾は水を吸うため、むしろビニールシートより水はねを防げるでしょう。

床に雨水が落ちると、滑りやすくなるだけでなく、フローリングのワックスが落ちて床材の劣化の原因になります。和室の場合も同様です。水に濡れた部分を放置すると、畳にシミができ、その部分が傷んでしまいます。

屋根に上る作業はおすすめできない

雨漏りがひどく修理を待てない場合、応急処置をする必要があります。屋根にビニールシートをかぶせる方法が一般的です。ただし落下事故やケガのリスクが高いため、屋根に上る作業はおすすめできません。

どうしても応急処置をする場合は、安全を最優先に作業しましょう。安全帯を着用したり雨風のない日に作業をしたりせず、万が一に備えて2人以上で作業しましょう。

応急処置方法はシンプルです。屋根の上にビニールシートをかぶせたら、ビニールシートの端を土嚢袋で固定します。近隣の家に迷惑がかかる恐れがあるため、ビニールシートが風で飛ばないよう土嚢袋の中身はたっぷり入れましょう。

雨漏りの原因は?

雨漏りの原因は?
雨漏りの原因は?

雨漏りの原因は、発生箇所によって異なります。さまざまな原因が考えられるものの、一言で表せば「住宅の不具合」といえるでしょう。

最初は雨漏りが原因だと思っていても、原因を突き止めるうちに他の現象だったと判明する場合もあります。雨漏りと間違えやすいケースも、一緒に抑えておきましょう。

住宅のどこかに不具合があるから

雨水と聞くと、屋根から雨水が滴る現象を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし雨漏りが起こるのは、屋根だけではありません。窓のサッシや外壁など、あらゆる場所で雨漏りは起こり得る現象です。

不具合が発生した場所次第では、専門家でもなかなか欠損箇所を特定できない場合があります。雨水が侵入する屋外の欠損箇所と、雨水が落ちる屋内の位置は、必ずしも一致しないからです。

外壁の高いところの亀裂から雨水が壁に侵入し、壁の内部を水が伝って室内に漏れる場合を例に挙げましょう。この場合、最終的に壁ではなく、床から雨漏りが発生する可能性もあります。

雨漏りではなく「結露」の可能性

雨漏りだと思っていた現象が、実は「結露」だった場合もあります。

窓ガラス・床・壁などの表面や内部に水滴の付く現象が結露です。室内と屋外の寒暖差によって発生する結露は、カビの発生や金属のサビ、木材の腐食の原因になります。

結露が起こりやすいのは、排水性の低い住宅や機密性の高い住宅です。換気して室内と屋外の寒暖差を少なくすれば、結露を防げます。雨漏りか結露か判断できないときは、換気しながら濡れた場所を確認しましょう。

同じく「漏水」の可能性も考慮

結露と同じく雨漏りと似た現象に、「漏水」があります。雨漏りと漏水の違いは、住宅を濡らす液体が雨水かどうかです。たとえば欠損のある排水管から水が漏れている場合、液体の正体は水道水です。この場合、雨漏りではなく漏水と判断できます。

漏水かどうかを判断するポイントは、水道メーターや配管周りです。水を使っていないときに水道メーターが回っている場合や、配管周りに濡れを確認できる場合は、漏水の可能性があります。水の使用量に対して水道料金が割高なときは、漏水が考えられるでしょう。

修理する方法について

スマホとパソコン雨漏りを放置すると、建物内部への浸水によって鉄筋や鉄骨が錆びてしまいます。鉄筋や鉄骨のサビは建物の強度の低下を招くでしょう。

建物の内部に水がたまると湿気が増えて室内にカビが生えやすくなります。雨漏りを放置しても、よいことはありません。雨漏りを見つけたら、できるだけ早く修理しましょう。

根本的な修理はプロに任せる

修理方法は雨漏りの場所によって異なります。雨漏りの場所や原因に最適な修理をするには、プロへの依頼がおすすめです。

プロに修理を依頼するメリットは、正確さだけではありません。雨漏りによる二次被害を防いでくれたり、今後雨漏りを繰り返さないよう対策をしてくれたりします。

集合住宅の場合、欠損箇所によっては上下階や隣の住宅に影響が及ぶ可能性もあります。賃貸は転居時に原状回復が必要なため、セルフ修理に失敗すると転居時に余計な手間がかかります。無駄な出費を省くためにも、根本的な雨漏りの修理はプロに任せましょう。

専門業者の選び方

雨漏り修理の専門業者を選ぶコツは、いくつかあります。経験・実績の豊富さやインターネット上の口コミが代表例です。建築関係の資格保持者の有無や、建設業許可を得ているかも確認するとよいでしょう。

電話やメールで問い合わせてからの現場調査までや、正式な申込から施工までのスピード感も重要です。「申込・現場調査・修理」と雨漏りの修理はステップを踏むため、修理完了までに時間がかかります。できるだけ早い日付から対応してもらえるところを選ぶとよいでしょう。

修理費用が適正価格かどうかや無料見積もりの有無といった金銭面も、専門業者の選び方のポイントです。保証の有無や保証期間も併せて確認しましょう。

雨漏りを起こさないためにできること

工具雨や風といった自然が原因である雨漏りは、防げないと思う人もいるでしょう。しかし定期的な対策によって、雨漏りを起こしにくくできます。自分に可能なことをして、雨漏りを起こさないようにしましょう。

屋根の状態を定期的にチェック

雨漏りの発生箇所として多いのは屋根です。屋根からの雨漏りを防ぐためにも、屋根の状態を定期的にチェックしましょう。

瓦屋根の場合、瓦の歪みや漆喰の劣化を確認します。スレートの屋根も同様で、スレートの反りや破損、コーキングの劣化をチェックしましょう。金属素材の屋根の場合はサビや釘浮き、塗装の剥げも雨漏りに影響を及ぼすため注意が必要です。

ある程度の築年数が経った家なら、屋根材を総取り換えする場合もあります。大きめの改修工事は時間がかかり、梅雨や台風の時期は修理業者の予約が取りにくくなります。できれば梅雨の前に修理しましょう。

外壁の劣化、コーキングをチェック

外壁の劣化と各所のコーキングも、定期的なチェックが必要なポイントです。

屋根以外では、外壁から雨漏りするケースも少なくありません。外壁の塗装が剥げたところから雨漏りする場合もあれば、外壁の亀裂から雨漏りする場合もあります。外壁の塗装の剥げや小さな亀裂は気づきにくいため、定期的にチェックして被害が大きくなる前に対処しましょう。

窓サッシや壁、スレート屋根など、あらゆる場所に使われるコーキングの耐用年数は、約7年です。雨風の触れ方によって劣化スピードが変わるため、耐用年数より早く駄目になる可能性もあります。定期的にコーキングを点検しましょう。

雨樋のゴミ詰まりを除去する

雨樋(あまどい)は、屋根に落ちた雨水を排水するための物です。雨樋のゴミ詰まりは排水機能の悪化に直結します。雨漏りを起こさないためにも、雨樋のゴミ詰まりを定期的に除去しましょう。

雨樋に詰まるゴミとしては、落ち葉や小石などが考えられます。これらを詰まらせないためにも、「落ち葉防止ネット」や「雨樋カバー」を用意しましょう。これらはホームセンターで入手可能です。これらのネットやカバーの取り付けは高所での作業になるため、業者に依頼しましょう。

ミツモアで雨漏り修理業者に見積もりを依頼しよう!

雨漏りの発生場所の特定は個人でできても、発生場所や原因に合った修理を素人がするのは容易ではありません。無理に自分で修理しようとして、雨漏りを悪化させてしまったり、大怪我を負ったりする可能性があります。

雨漏りを見つけたら無理のない範囲で応急処置をし、できるだけ早くプロの業者に修理を依頼するのが重要です。

ミツモアでは豊富な経験と知識を持ったプロに雨漏り修理の見積もりの依頼ができます。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

雨漏り修理の見積を依頼する!