ミツモア
背景画像

新潟の換気扇・レンジフードの取付・交換
新潟の換気扇・レンジフードの取付・交換

事前に料金がわかるから明朗会計で安心!換気扇・レンジフードの取り付け・交換業者を見つけましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

換気扇・レンジフードの取付・交換業者登録数、日本最大級!

新潟県の換気扇・レンジフードの取り付け・交換業者探しはミツモアで。

キッチンの換気扇やレンジフードは、毎日料理をするたびに使うものなので、汚れが溜まりやすく、消耗や劣化が早い器具です。

台所のほか、トイレや風呂場なども、換気扇を回して、空気の入れ替えをしないと、匂いがこもったり、カビが発生したりするトラブルが起こります。

このように毎日使う換気扇は、故障も起こりやすく、修理や取り替えが必要になることもあります。

そんなときは、プロの換気扇取り付け業者に相談しましょう。

取り付けや修理はもちろん、適切な手入れの仕方などもアドバイスしてもらえますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

換気扇の取付・交換費用相場

換気扇交換にかかる費用は、主に以下の4つから成り立っています。


  1. 換気扇本体にかかる費用(商品代)
  2. 工事費
  3. 以前使用していた換気扇の処分費用
  4. 出張費用(無料のことが多い)

換気扇交換(キッチン)

10,000円~20,000円(工事費用のみ)

換気扇交換(浴室)   

3,000円~20,000円(商品代含む)

換気扇交換(トイレ)

3,000円~20,000円(商品代含む)

換気扇処分費用

1,000円~2,000円

タイマースイッチの交換

7,500円~11,000円(商品代含む)

モーターの交換

22,000円~(商品代含む)

換気扇交換を安く抑えるコツ


「必要最低限の費用で換気扇交換を済ませたい」と言った場合には、どのような手段があるのでしょうか?ここでは換気扇交換を安く済ませるコツを紹介します。自分の要望を満たしつつ、費用を最小限に抑える方法を検討する際の参考にしてください。


✔️自分で換気扇本体を用意しておく

業者の用意してくれるものより安く換気扇を仕入れられそうな場合は、自前で交換したい換気扇を用意しておくと費用が抑えられることがあります。ただし下記のような点には注意が必要です。


  • 大量購入による割引などにより、業者が用意する換気扇の方が安いことも多い
  • 自前で用意する換気扇の種類によっては、依頼した業者が取り付けに対応できないことも
  • 自前で用意した換気扇の取り付けに別途工事が必要な場合、追加費用がかかるケースもある



✔️製造元より機能性を重視

換気扇の製造元に特別なこだわりのない方は、あくまで機能性に着目して換気扇を探してみるのも一つの手です。大手メーカーの換気扇の方が若干値段が高い傾向があるので、機能面で探すとニッチなメーカーの安くて良い商品に出会える可能性もあります。


ただ大手メーカーの製品の方が保証が充実しているなどそれぞれに良さがあるので、自分の要望を満たせるかどうかはよく吟味して換気扇を選ぶようにしてください。もし自分の要望にあった換気扇を判断しかねた場合は、換気扇交換業者へ依頼する時に相談してみると良いでしょう。



✔️古いタイプの換気扇を選ぶ

換気扇として最低限の機能が備わっていれば十分だという方は、少し古いタイプの換気扇を選ぶと費用を節約できます。特に最新のモデルが発売されるタイミングは古い型の値段が下がりやすいので、可能なら交換の時期を調整できると良いでしょう。


また一般的にプロペラファンより、シロッコファンの方が値段が高い傾向にある点にも留意しておくと良いでしょう。特にプロペラファンをシロッコファンに交換しようとすると、ダクト工事が必要になり工事の追加費用がかかる可能性が高いので、費用面を重視される場合は避けるようにしましょう。


✔️業者に対応してもらう範囲を限定する

換気扇交換業者に工事を依頼すると、業者側から有料のオプション工事を提案されることも多いです。もちろん自分の要望にあっているならオプション工事を依頼しても良いですが、どこまで業者にお願いするかは、ご自分の予算とよく相談されてから判断するようにしてください。


特に不調を起こしている箇所が換気扇の一部である場合、不調を起こしている箇所のみ交換または修理してもらうようにすると、費用を節約できます。換気扇交換業者が交換ではなく修理に対応してくれるかは、業者によって様々なので事前に確認しておくと良いでしょう。



✔️相見積もりを取る

同じ換気扇への交換であっても、業者によってかかる費用が異なることがあります。よりお得に工事を済ませたいなら、複数の業者に見積もりをとって比較し、最も良いと思った業者に頼むのがおすすめです。


その他経年劣化で賃貸物件の換気扇を交換する必要がある場合には、貸主負担で工事をしてくれることが一般的。貸主に断りなく換気扇を交換するとトラブルになる恐れもあるので、事前に大家さんor管理会社に連絡しておきましょう。


関連記事:浴室換気扇の交換/修理の費用相場!工事内容の内訳や安く抑える方法・どこに頼むべきかの全体像を解説!

換気扇・レンジフードの交換を業者に頼む際のチェックポイント

いざ換気扇の交換を専門の業者に頼もうとしても、どの業者に頼むべきか迷いますよね。実際に依頼するタイミングでは、複数の業者に見積もりをとった上で、自分が納得できる提案をしてくれた業者に依頼すると良いでしょう。


ここでは自分にぴったりの業者を見極めるためのチェックポイントを紹介します。

換気扇交換業者の選び方


✔️電気工事士の資格の有無

最近はDIYが流行し、素人が換気扇を交換するという機会も増えてきています。ただ電気工事法の定めにより、電気工事士でなければ屋内の配線工事ができない点には注意が必要です。電気配線の扱いを間違えると火災などの事故に繋がりかねないので、依頼にあたって電気工事士資格の有無は忘れないようにしましょう。


ちなみに第2種電気工事士の上位資格として、第1種電気工事士という資格も存在します。一般的な換気扇交換であれば第2種電気工事士の職掌で事足りますが、もし工場などにある高度な配線を扱う場合には第1種電気工事士へ依頼した方が無難かもしれません。



✔️自分がやってもらいたい工事に対応できるかどうか

一口に換気扇交換と言っても、対応できる範囲は業者によって様々です。依頼を検討している業者が自分の要望に応えられるかどうかは、事前に確認しておくことをおすすめします。


下記に事前にチェックしておくべき要望をまとめたので、業者に確認する際の参考にしてください。


  • 換気扇とレンジフードの両方の交換に対応しているか
  • 古い年式の換気扇やレンジフードも取り扱えるか
  • キッチンだけでなく、浴室やトイレの換気扇も交換できるか
  • 部品のみの交換に対応しているか
  • 依頼主が自前で用意した換気扇の交換に対応しているか



✔️実績・口コミを見て信頼できるかどうか

業者のホームページを見れば修理費用の目安などは確認できますが、それだけで工事にきてもらった時のイメージを膨らませるのは難しいのではないでしょうか。「依頼してみたら想像していた対応と違った」と言った余計なストレスを避けるためにも、業者に対して寄せられている口コミはチェックしておくと良いでしょう。


また長年にわたり一定の工事実績を積み上げてきている業者も、顧客から強い信頼を得ていると考えられます。ただ新規参入の優良業者もいるので、一概に実績で良し悪しを判断するのが正しいとは限りませんが、事業者選びの失敗を避けるには有効な視点と言えるでしょう。



✔️どの業種に依頼するのか

換気扇交換に対応している業者は主に「換気扇交換専門の業者」「近くの電気屋さん」「家電量販店」の3業種が存在します。それぞれの業種に特徴があるので、自分の状況に合わせて依頼する業者を選びましょう。


1.換気扇交換専門の業者

メリット:専門的な知識を持っているので、確実な工事を行ってくれる。

デメリット:場合によっては、依頼主が必要としている以上に高額な工事を提案されることもある。


2. 近くの電気屋さん

メリット:地域密着でサービスを展開しており、対応が素早いことが多い。

デメリット:店舗によっては取り扱っている換気扇の種類が少ないことも。


3.家電量販店

メリット:実際にどんな換気扇に交換するのか、自分の目で実物を確認できる。

デメリット:実際に修理を担当するのはメーカーなので、依頼してから修理の着手までに時間がかかる。

換気扇・レンジフード交換工事の流れ

1. 事前調査

事前に既存レンジフードのタイプを調査します。また新規レンジフードが法に違反しない形で設置できるかどうかをチェックするため、設置予定場所の寸法を測定します。

2. 既存フードカバーの撤去

両脇にある固定ネジをドライバーで取り外します。シリコンコーキングで設置されている場合は、コーキングをカッターで切って処理。下準備が終わり次第、前面と側面に取り付けられているフードカバーを取り外していきます。

3.既存レンジフードの撤去

内部の固定ネジを取り外し、既存レンジフードの本体、換気ダクトの順に撤去していきます。レンジフード本体は非常に重いため、慎重に作業します。

4.設置位置の決定

新しいレンジフードを取り付けるための位置決め作業を行います。型紙を当ててから下穴を開け、取り付け金具の位置を決定。その際には水平取りを用い、水平であるか確認しながら作業を進めます。

5.新規レンジフードの設置

取り付け金具の位置が決まったら、新規レンジフードを持ち上げて取り付け金具で固定。次に換気ダクトを本体に接続し、アルミテープで隙間を塞ぐように密閉していきます。

6.新規フードカバーの取付

仕上げに前面と側面のフードカバーを被せ、保護シートを取り除きます。最後に初期設定をして、正常に動作すれば作業終了。交換工事の作業時間は2~4時間が目安です。レンジフードのタイプによって、所要時間は変動します。

市区町村から新潟県の換気扇・レンジフードの取付・交換業者を探す