ミツモア
あなたのお家の床を予算内でフロアコーティングしてくれるプロを探しましょう。

埼玉周辺に12人のフロアコーティング業者がいます
埼玉周辺に12人のフロアコーティング業者がいます

あなたのお家の床を予算内でフロアコーティングしてくれるプロを探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

フロアコーティング・フローリングワックスの料金相場を比較!

種類1m²あたり
2LDK(50㎡) 
UV4,500円~5,500円
225,000円~275,000円
ガラス4,000円~5,000円
200,000円~250,000円
シリコン2,500円~3,000円
125,000円~150,000円
ウレタン2,000円~2,200円
100,000円~110,000円
水性ウレタン1,500円~1,600円
75,000円~80,000円
水性アクリル1,000円~1,200円
50,000円~60,000円
フローリングワックス700円~
35,000円~


種類3LDK(65㎡)

1戸建(100㎡)

UV292,500円~357,500円

450,000円~550,000円

ガラス260,000円~325,000円

400,000円~500,000円

シリコン162,500円~195,000円

250,000円~300,000円

ウレタン130,000円~143,000円
200,000円~220,000円
水性ウレタン97,500円~104,000円
150,000円~160,000円
水性アクリル65,000円~78,000円
100,000円~120,000円
フローリングワックス45,500円~70,000円~
フロアコーティング

どこに頼むの?フロアコーティング・ワックス業者の選び方

フロアコーティング・ワックスを依頼したい際に「業者を選ぶ基準がわからない」と悩んでいませんか?もし業者選び迷っている方は下記を参考にするのがおすすめです。


  • モデルルームを設置している/サンプルを送ってくれる
  • コーティングの剥離作業に対応している
  • 長期保証と安全性が確認できる


1. モデルルームを設置している/サンプルを送ってくれる


フロアコーティングは硬さや艶などがコーティング剤によって異なるため、写真や画像だけで決めてしまうことはおすすめしません。モデルルームに行く、或いはサンプルを送ってもらうなどして内装とマッチするかどうか確かめましょう。


2.コーティングの剥離作業に対応している


コーティング・ワックスの剥離作業はコーティング自体よりもレベルの高い技術が要求されます。失敗するとフローリング自体を交換しなければいけないため、技術に自信がない業者は対応していないことがあります。フロアコーティングを依頼する際は「剥離作業に対応しているか?」について確認してみると良いでしょう。


3. 長期保証と安全性が確認できる


フロアコーティングの業者を選ぶ際は20年以上の保証が付いていることが望ましいです。コーティングの種類によって保証の期間が異なる場合もあるので、詳細はホームページ等で確認しましょう。


またコーティング剤が安全性を示す「F☆☆☆☆(エフフォースター)」の有無も重要な指標です。特に小さなお子さんやペットがいらっしゃる方は依頼する前に業者に尋ねてみることをおすすめします。

フロアコーティング業者の口コミ

累計評価

5.0(11件)
2022年12月8日更新
埼玉県周辺でフロアコーティング業者を利用された方の口コミの平均点と累計数を表示しています。

埼玉県でフロアコーティング業者を利用した人の口コミ

稲荷山

5.0
2か月前

現地下見から施行当日までスムーズでした。 何かあればまたお願いしたいです。

依頼したプロ藤成塗装工業

フロアコーティング施工の流れ

1.家具の移動・養生

家具の移動・養生

作業内容の確認を実施後、剥離剤やコーティング剤が家具や施工箇所以外の場所に付着しないように、家具の運び出しやマスキングテープによる養生をします。作業当日に業者が家具の移動や養生を行ってくれることがほとんどなので、事前に自分で行う必要はありません。

2.事前清掃・ワックスの剥離

事前清掃・ワックスの剥離

フローリングに汚れやホコリが付着しているとコーティング剤が上手くなじまず、仕上がりにムラが出てしまうので、フローリングを綺麗に掃除します。ワックスもコーティングにムラが生じる原因になるため、ワックスがかけられている場合は剥離剤でワックスを剥がします。

3.フローリングの補修

フローリングの補修

清掃と剥離作業後に床の除菌と自然乾燥を十分に行い、フローリング表面に傷やへこみがないかを確認します。傷やへこみがある場合は、フローリングの色に合わせた樹脂を溶かしこむことで目立たないように補修をしてくれます。

4.下地剤の塗布

下地剤の塗布

フローリングとコーティング剤が密着しやすくなるように、フローリングに下地剤を塗布します。フローリングとコーティング剤の密着度合いが高まり、フロアコーティングが長持ちしますよ。

5.コーティング作業

コーティング作業

下地剤の乾燥と最終清掃を行った後、コーティング剤の塗布を実施します。作業中は施工する部屋にゴミやホコリなどが入らないように窓やドアを締め切り、スタッフ以外は入室できない場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

6.乾燥・最終確認

乾燥・最終確認

コーティング剤を乾燥させます。コーティング剤の種類によりますが、完全に乾くまで数日から1週間乾燥させる必要があるものもあります。乾燥時間は事業者によって異なるので、事前に問い合わせるのが良いでしょう。乾燥後施工箇所を最終確認して、養生を剥がし家具を運び入れたら作業は完了です。