プロについて
口コミ(28)

東京都足立区佐野
土屋久仁男税理士事務所

土屋久仁男税理士事務所

5.0
28件)
事業者確認済み
価格を相談する
顧問税理士
無料でご相談いただけます

プロについて

自己紹介(事業内容・提供するサービス)

 こんにちは。平成27年9月に土屋久仁男税理士事務所を開業した税理士の「土屋久仁男」と申します。  当事務所は、法人及び個人事業主様の多種多様な税に関する相談等に対応しており、突然の税務調査に対する立会業務もお請けしております。  また、急な相続でお困りの方や、将来の相続税に関するお悩みのある方の相談も受け付けております。  税のお悩みは、お客様ごとに様々ですので、お客様にあった料金体系を提案させていただきます。  事前相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。  土日(祭日)でもご予約のうえ、ご相談に応じております。

これまでの実績

法人の税務顧問及び決算・申告業務 個人事業主様の税務顧問及び決算・申告業務 相続税申告業務・将来の相続相談等

アピールポイント

元国税職員であり、税務行政の実務に精通しております。 また、金融庁(証券取引等監視委員会)へ出向した際には、上場会社の粉飾決算やインサイダー取引等の強制調査も経験しております。

基本情報

経験年数5
従業員1

営業時間

月 - 金
日, 土
9時〜17
定休日

資格・免許

税理士 130398

口コミ

5.0
28件のレビュー
5
96%
4
3%
3
0%
2
0%
1
0%

大橋

相続税申告に強い税理士

1か月前

5.0

不安のない、しっかりとした仕事をしていただきました。

プロからの返信相続税に限らず、他の税金に関するご質問などがありましたら、いつでもご連絡ください。

JT

相続税申告に強い税理士

2か月前

5.0

とても丁寧に対応していただきました。税理士の先生が直接対応していただけること、しっかり説明いただけるので安心できました。何より条件について優しく話して頂けたので相続のようにめったにないことをお願いするには先生の人柄と信頼できるかだと思いました。わたしの経験からはおすすめできます。

プロからの返信ご丁寧なクチコミありがとうございます。 今後も税金関係でご質問などがありましたら、遠慮なくご連絡ください。

相続税申告に強い税理士

3か月前

5.0

初めての相続で困っているところミツモアを知り 土屋先生に依頼をお願いしました。 丁寧な仕事の内容で有り難うございました。

プロからの返信コロナ渦でのご対応ありがとうございました。 今後も税金関係のご相談やご質問があれば、ご連絡ください。

古平 篤

相続税申告に強い税理士

5か月前

4.0

元国税職員で相続税について詳しいとの事でしたので、父親の相続の依頼を依頼しました。非常に早く対応していただきありがとうございました。

プロからの返信今後も税金などのご質問がありましたら、遠慮なくご連絡ください。

志賀

確定申告の税理士

6か月前

5.0

初めての確定申告で分からないことだらけでしたが、とても親切に丁寧に対応していただきました。 急な依頼にも関わらずスムーズに対応していただき感謝です。

プロからの返信コロナ渦における様々な状況の変化で大変かと思います。 また何か税金に関するご相談がありましたら、ご連絡ください。

よくある質問

「相続税は相続専門の税理士さんにお願いすべき」と聞きました。相続税に強い税理士さんかどうか、見極めるには何を見ればよいのでしょうか?

相続税額を少なく抑える方法のみを前面に押してくる税理士よりも、どの相続人がどの財産を相続すれば将来的にそれぞれの財産が生かされるかを中心に考えてくれる税理士が良いと思います。その中で、評価方法や特例適用などを駆使して多く納税することなく適正な相続税を算定し、相続後の資産活用などのアドバイスもアフターケアとして行ってくれることでしょう。

父が他界しました。相続の手続きは税理士と行政書士のどちらにお願いすればいいのでしょうか?

 相続財産を相続人で分割、相続する手続きは司法書士や行政書士にお願いし、相続税に関する計算及び申告手続きを税理士に依頼することになります。

相続税の手続きを全て自分でやることのメリットとデメリットを教えてください。

 自分で申告する場合のメリットは、支払う報酬が不要となることです。デメリットは、評価方法や税額計算が困難なこと、また、評価した金額が誤りではなくても高い金額を算定して多くの相続税を納付してしまう恐れがあることです。正しくより少ない評価額となるような申告が適正といえます。

会社経営をしていた父が亡くなりました。会社を相続する場合、何から始めたらいいでしょうか?

 相続人全員で話し合うことが前提ですが、新しい経営体制(役員人事等)や株主構成を決める必要があります。役員については、株主総会や取締役会で決定後に法務局への登記申請があります。また、株主構成については、お父さんが所有していた株式が相続財産となりますので、誰がどの割合で相続するかが相続税と深くかかわってきます。

生前贈与を検討中です。税理士さんに相談する費用は何が目安になりますか?時間給?総財産額?

 生前贈与する財産は贈与税の申告となりますので、その財産の価格が基準となる場合が多いと思います。現金であれば金額がすぐわかりますが、不動産や株式などは評価する必要がありますので評価業務報酬が、税法上の特例を適用する場合は特例適用加算報酬があることが多いです。
価格を相談する
顧問税理士
無料でご相談いただけます