ミツモア
背景画像製品掲載(無料)をご希望の方はこちら

Web給与明細システムを比較する

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

Web給与明細システムとは

Web給与明細システムとは給与明細書の配信をオンライン上で行うことで、手間や費用を削減できるサービスです。


紙に印刷した給与明細書を手渡しするのではなく、クラウド上にデータを保管してメールで通知するため、従業員はパソコンやスマホで即座に確認できます。過去の給与明細書を紛失することもなく、テレワークにも対応可能です。


会計ソフトや勤怠管理ソフトと連携すれば、データの二重管理もありません。毎月の給与明細書の発行と配布をオンラインで行って、人事労務を効率化しましょう。

おすすめのWeb給与明細システム一覧

基本プラン要お問い合わせ
株式会社エフアンドエム
オフィスステーション給与明細
基本プラン要お問い合わせ
  • 導入企業15,000社以上、 顧客満足度No.1の実績あり(※1)
  • 信頼のおけるセキュリティ水準
  • 設定ガイド付きで簡単に始められる
  • マルチデバイスで時間や場所に捕らわれない
  • 無駄なコストがかからない価格体系

自社で運用している給与ソフトと連携して給与明細を電子化します。導入時の初期設定はガイドに沿って行うと簡単です。API連携やCSVファイルによる給与データの取り込み手順が分かりやすく表示されます。給与明細の配信にも難しい操作は必要なく、その使いやすさから継続率は99.3%(※1)という高さです。

電子化された給与明細は、スマホやタブレットのマイページからいつでも確認できます。給与明細を常に手元に置けるという社員にとってのメリットがあるほか、管理者も印刷や封入の手間が削減できて優秀です。またセキュリティ面において紙をしのいでおり、システム内の情報は全て暗号化のうえ厳重に保管されます。

バージョンアップ費用がかからないなど、無駄のない価格体系が魅力的です。「オフィスステーション労務」をはじめとした同シリーズの製品を導入すると、必要に応じて機能を拡張できます。費用を抑えて自社のペースで労務周りを効率化したい企業におすすめです。

※1 エフアンドエム株式会社調べ(2021年3月末日時点)

導入実績
TOYOTA、日本生命、JR西日本など

更新日:2022-08-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
セコムトラストシステムズ株式会社
セコムあんしん給与明細電子化サービス
基本プラン要お問い合わせ

  • 給与や賞与に関する様々な帳票を電子化してコストを削減
  • セコムの高いセキュリティ水準でデータを管理
  • 英文対応や複数管理者対応など便利な最新機能あり


給与明細を電子化することで、印刷や封入作業にかかっていた時間と経費を削減します。他にも賞与明細や源泉徴収票、扶養控除申請書といった帳票の電子化が可能です。多様な帳票のフォーマットに対応しているため、文書の保管が一気にラクになります。また警備サービス会社セコムならではの、厳格なセキュリティ基準でデータが保存される点も魅力です。

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Pay-Look
株式会社クリックス
基本プラン要お問い合わせ
株式会社クリックス
Pay-Look
基本プラン要お問い合わせ

  • 給与明細の発行作業がラクになる
  • 紙代や印刷代といったコストを削減する
  • 給与明細の保管がより安全で便利に


給与データをCSVで登録するだけで、給与明細を作成、配信できます。毎月給与明細の配布にかかる手間と費用が大幅に削減して便利です。導入した企業からは「紙の明細書と違って印刷し直しの費用が掛からないため、利用してよかった」との声が上がっています。


導入実績

MG Group西本社会保険労務士事務所など


更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
ポケット給与
株式会社ICSソリューションズ
基本プラン要お問い合わせ
株式会社ICSソリューションズ
ポケット給与
基本プラン要お問い合わせ
  • 簡単な操作で誰でも使いやすい
  • テンプレートから帳票の作成ができる
  • 万全のセキュリティ体制が整っている

年配の社員でも利用できるような、易しい操作性が特徴の製品です。研修なしでも給与明細の電子化を実現し、コスト削減を見込めます。給与明細や賞与明細、源泉徴収票といった帳票はテンプレートから作成が可能です。セキュリティ面においては通信データが暗号化されるほか、アクセスログの管理や認証失敗によるアカウントのロックなど対策がされています。

導入実績
明星工業、石原産業、星和電機など

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
e-navi 給与明細
株式会社イー・クリエーション
基本プラン要お問い合わせ
株式会社イー・クリエーション
e-navi 給与明細
基本プラン要お問い合わせ
  • 信頼できる800社以上の導入実績(※1)
  • 給与データを取り込むだけで毎月の明細ができる
  • 電子化の同意確認もWebサイトから行える

PanasonicやNTTなど800社以上の企業が導入している製品です。毎月必要な作業は、給与明細を配信する日時の指定と給与データの取得のみ。給与明細の印刷、封入といった煩わしい作業がなくなります。給与明細を電子化するにあたって社員への同意確認が必要ですが、e-navi 給与明細ならWebからオンラインで行えて便利です。

導入実績
Panasonic、LION、セルリアンタワー東急ホテルなど


※1 ユニテックシステム株式会社調べ(2021年11月現在)


更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
株式会社Fleekdrive
Fleekform給与
基本プラン要お問い合わせ
  • 見やすいテンプレートで簡単に明細の作成ができる
  • 給与明細配布時に使える添付機能が便利
  • 勤怠データの一元管理が「TeamSpirit」との連携で叶う

給与データを取り込み、テンプレートを選ぶだけで簡単に給与明細を作成できます。明細は見やすく整頓されたデザインなうえ、社員に配信する日時を設定できて便利です。またFleekform給与には、給与明細にメッセージやファイルを添付する機能が搭載されています。福利厚生の一環として社員へ割引チケットを配布するなど、活用方法は様々です。

導入実績
イー・ステート・オンラインなど

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
WEB給
株式会社ウェブインパクト
基本プラン要お問い合わせ
株式会社ウェブインパクト
WEB給
基本プラン要お問い合わせ

  • わずか3分で給与明細を配信できる
  • 豊富な給与計算ソフトに対応している
  • 英語の給与明細を発行できる


WEB給を使うと給与明細の発行がたった3分で完了します。その手順は簡単で、給与データをCSVで取り込み、社員に配信する日時を予約するだけです。さらに連携する給与計算ソフトの選択肢が多く、「給与奉行クラウド」や「弥生給与」といった豊富な製品に対応しています。自社ですでに運用している給与計算ソフトと連携して、明細発行の効率化を図りたい企業におすすめです。


導入実績

MCJ、ビーピーエム アソシエイツ、明治企業など

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Web給金帳
株式会社インターコム(Intercom, Inc.)
基本プラン要お問い合わせ
株式会社インターコム(Intercom, Inc.)
Web給金帳
基本プラン要お問い合わせ

  • 1経費と労力を大幅に削減する
  • 社内環境に合わせて柔軟な給与明細の配信ができる
  • 導入実績2600社以上という安心の実績(※1)


給与明細をWebやメールで配信することで、業務時間やコストを削減します。給与明細の作成にかかる時間はたったの10分(※2)です。実際にWeb給金帳V3を導入した企業からは「給与明細を、ボタンを押すだけで自動的に作成・配信が行えるのでとても便利」との声があがっています。スマホやPCを持たない社員に対しても、複合機を通して給与明細の配布が可能なため便利な製品です。


※1 インターコム株式会社調べ(2021年11月現在)

※2 インターコム株式会社調べ(2021年11月現在)


導入実績

東京ガス、弥生、クリエイトなど


更新日:2022-08-25
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
基本プラン要お問い合わせ
株式会社シスプロ
Payslip pro Web給与明細
基本プラン要お問い合わせ
  • PCやスマホがない社員にも簡単に給与明細を配布
  • 大切な個人情報が漏洩しないようにセキュリティ環境は万
  • 従業員全員のメールアドレスを知らなくても運用が可能

Web上で給与明細の閲覧権限を指定できるため、本社のみならず各現場の管理者が印刷を行えます。そのため本社から明細を郵送する手間がかかりません。PCやスマホを持たない社員にも低コストで明細の配布ができて便利です。また個人情報は暗号化の上管理されて、セキュリティの強化にもつながります。
更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
  • 専門的な知識が不要な易しい設計
  • 顧客満足度94%のカスタマーセンターのサポートつき(※1)
  • 社会保険料率の変更や法令改正にもしっかり対応

やよいの給与明細 オンラインは「給与計算を手作業で行うのが大変」「法令改正に対応するのに苦労する」といった悩みを解決します。専門的な知識がなくても、顧客満足度94%を誇るカスタマーセンターを利用できるため安心です(※1)。給与の自動計算と明細書の発行に特化して、低コストで運用できます。高度な機能が不要な少人数の企業におすすめの製品です。

導入実績
ミフジ、アイズ、才能教育アカデミー 世田谷デザインなど

※1 弥生株式会社調べ(2021年6月)

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Focus U 給与明細
キャップクラウド株式会社
基本プラン要お問い合わせ
キャップクラウド株式会社
Focus U 給与明細
基本プラン要お問い合わせ

  • 使いやすさから利用継続率が99.5%(※1)
  • 手厚いサポートでラクに導入できる
  • 安定性の高いサーバーでセキュアに運用


社員からの「使い方がわからない」という問い合わせをなくすため、ログインガイドを用意して導入の手助けをします。導入後は追加料金のかからないサポートサービスを利用可能です。そのため初めてWeb給与明細システムを利用する企業でも、業務効率アップが見込めます。安定性の高いクラウドサービスで運用していたり、通信データの暗号化を行っていたりする点が安心の製品です。


導入実績

ディアライフ、データープロセスサービス、公益財団法人ニッポンドットコムなど


※1 キャップクラウド株式会社調べ(2015年12月~2020年6月)

更新日:2022-06-27
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

Web給与明細システムの利用メリット4選

印刷や郵送コストを削減できる

給与明細書を1枚発行するのにかかる費用は、印刷代と郵送代を含めると約100円です。加えて給与明細書の作成や配布に必要な時間的コストも無視できません。紙の場合は誤配布や紛失リスクも発生します。


全社員分の給与明細書を紙で発行すると、特に費用面において最良の選択肢ではありません。給与明細書を電子化にするだけで、印刷コストをはじめとした多くのコストが削減できることが最大のメリットです。


経理担当者の作業時間が短縮する

毎月全社員分の給与明細書を紙で発行していたときは、給与支給日にかけて次のような作業をせねばならず、スケジュールを圧迫していました。


  1. 給与明細書の作成
  2. 印刷
  3. 仕分けして封入
  4. 配布・配送


紙で給与明細を発行するまでの一連の流れは負担が大きく、給与支給日に期日通り間に合わせるには余裕を持ったスケジュールを組まねばなりません。


それがWeb給与明細なら、印刷、仕分け、封入、配付、配送がなくなります。給与明細書は自動的にWeb上に登録し、メールで連絡されるので、給与支給日の前日までに作業を終えれば問題ありません。


メールの振り分けも自動でチェック工程を削減できて、全体的な作業時間は大幅に短縮されるでしょう。今まで給与明細書に使っていた時間を別の業務に回せるなど、業務効率アップにつながります。


リモートワークに対応できる

紙で給与明細書を発行している場合、郵送か手渡しで配布します。しかし郵送では送料が別途かかってしまい、リモートワーク中では手渡しするにもタイミングが合いません。特に出社のスケジュールが未確定の社員は給与明細書の受け取り方法を気にしないで済むでしょう。


給与明細の発行を電子化するだけで、社員はいつでもどこでも給与明細を確認できるようになるため、手渡しならではのわずらわしさがなくなり、働き方が多様化しても柔軟に対応できます。


社員全員分の出勤状況を把握し、給与明細書を郵送・手渡し配布のように個別に対応せずとも、Web給与明細書ならWeb公開や一括メール配信だけで完了です。


紛失・情報漏洩リスクを避けられる

紙の給与明細書では誤配送や紛失といったリスクがあり、情報漏洩にもなりかねません。手作業の工程と経由する人の数が増えるほど、危険性は高まります。


Web給与明細書なら、作成から配布まですべてネットワーク上で行われるので、受け取り段階での人為的ミスが起こりません。過去の配布分もWebで保管できるので、取り扱いや管理も楽です。


Web給与明細ツールではセキュリティも強化しているので、サイバー攻撃や不正アクセスも防げます。特定の端末からしかアクセスできないようにしたり、管理者に不正アラートが届いたりと、機能は豊富です。

Web給与明細システムの基本機能

給与明細書の自動作成

支給額、控除額、差し引き支給額のややこしい計算は、すべてWeb給与明細システムに任せれば大丈夫です。計算や検算に時間を取られなくなり、ミスも軽減されます。


入力したデータは賃金台帳や従業員台帳に自動で反映され、入力回数も最小限です。過去のデータも自動保存されるため管理が楽になるでしょう。


データ取り込み・連携

1からデータを入力しなくても、既存のソフトウェアのデータと連携し合うことで、スムーズな給与明細書の発行が可能です。特に給与計算ソフト、労務管理システム、勤怠管理システム、会計ソフトなどとのAPI連携やCSV取り込みで、データの整合性が保たれます。


新たなシステムの導入はデータ移行がハードルですが、もし今使っているソフトウェアと連携できるなら、簡単にWeb給与明細システムを導入するチャンスです。


給与明細テンプレート

Web給与明細システムには複数のテンプレートがあります。給与や賞与、源泉徴収票などのテンプレートが用意されているので、作成時に迷うことはないでしょう。


またデザインにおいても、モノクロタイプやカラータイプなど、今まで使っていたフォーマットに近いものを選ぶことが可能です。Web給与明細システムによっては会社指定のフォーマットにカスタマイズできます。電子化しても違和感はありません。


配信・通知

給与明細書をWebで公開したとき、自動メールで従業員に通知できるため、経理担当が自らメールを打つ必要がありません。


また給与明細書の配信は、Web上に公開するパターンと、個々の社員に明細を配信するパターンの2種類です。いずれも経理担当の手間にはならないため、好きなほうを選ぶとよいでしょう。


料率変更対応

給与を計算する際、住民税や所得税、社会保険料などの控除額を明記しなければなりません。ただ定期的に税率が改定されるため、控除額は最新情報の確認が必要です。


手書きや表計算ソフトでは法令改正時の計算が大変ですが、Web給与明細ソフトなら自動で計算できます。ミスを防止できるほか、法令改正時は自動で通知もしてくれます。


過去データ閲覧

紙の明細書の場合、データを経理担当が保管するか、明細書を渡された本人が物理的に保管するかのどちらかです。しかし、どちらも安全性や検索性には優れておらず、いざという時のトラブルや紛失・情報漏洩になりかねません。


Web給与明細システムでは、これまで発行した給与明細書がログとして残ります。Web上ならいつでも閲覧でき、安全性も高いです。

5個の比較ポイントと選び方

Web給与明細システムの種類

Web給与明細システムは、主に次の3種類に分けられます。自社の課題や他ソフトの導入状況を考え、最適なものを選びましょう。


  • 給与明細専用型

Web給与明細の発行や配信に特化しています。無料で使えるタイプもあり、費用の削減も可能です。


  • 給与計算一体型

給与計算ソフトとWeb給与明細システムが一体となったタイプです。給与計算後、自動的に給与明細書も作成できます。給与計算ソフトを導入していないなら、ついでにWeb給与明細の機能も付いたソフトを採用するのもよいでしょう。


  • 人事労務一体型

労務管理システムも搭載しています。Web給与明細システムと一体化することで、事務作業をより効率化できます。


自社に最適な料金プランを選ぶ

Web給与明細システムの支払い体系は、「月額制」「1ユーザーごとの月額制」「1発行ごとに料金発生」などがあります。月額制の料金例は以下です。

給与明細専用型月額1,200円
給与計算一体型
月額4,980円
人事労務一体型月額3,980円


基本的にはシンプルな「給与明細専用型」が最も安価で、機能や安全性の充実に伴い料金が上がります。他にも「1ユーザーあたり月額30円」など、さまざまなプランがあります。会社の規模ごとに最適な料金プランがあるので、吟味が必要です。


労務管理ソフトや給与計算ソフトとの連携可否

労務管理ソフトや給与計算ソフトと連携することで、より一層バックオフィス業務が効率化されます。既存の労務管理ソフトや給与計算ソフトがある場合は、導入の際に互換性があるかどうか、API連携が可能かどうかチェックしましょう。連携できると紙からWebへの移行がスムーズです。


勤怠管理をエクセルや手書きで行っている企業では、労務管理ソフトまたは勤怠管理ソフトの導入を一緒に検討してもよいでしょう。給与の計算は勤怠管理との連携が不可欠です。自動計算できて便利になります。


賞与・源泉徴収票が発行できるか

Web給与明細ソフトでは、賞与・源泉徴収票が発行できるかもチェックしましょう。給与明細書だけでなく、賞与・源泉徴収票まで電子化できれば、経理担当者の負担はかなり削減されます。


給与明細書と同様、配布や通知まで自動で行えます。過去分もデータベースから閲覧できるので、管理も簡単です。製品によってはその機能がない場合があるので、確認しておきましょう。


従業員の明細書確認方法

Web給与明細書を従業員が確認する方法は、メールによる送付、Web画面からの閲覧、印刷発行での確認があります。Web給与明細システムによって従業員の確認方法が異なるので、チェックしておきましょう。


メール送付・Web閲覧については自動で行われるので、担当者の業務負担になりません。万が一不正ログインがあった場合、管理者にすぐ通知が届くのでセキュリティ面でも安心です。

給与明細電子化は従業員の同意を得る

同意を得る理由と方法

給与明細を電子化する際には法律面に注意しなければなりません。2006年の税制改正で給与明細の電子化が認められました。給与明細は原則給料日当日に渡さなければならず、テレワークの普及が進むなか、オンラインで発行から配布までできるWeb給与明細システムは経理担当の負担を軽減するでしょう。


ただし電子明細の交付には従業員の同意が必要です。給与明細書の電子化を全社的に行う場合は、必ずシステム導入前に全従業員の同意とっておきましょう。従業員の承諾なしに給与明細を電子化することは、所得税法にて禁止されています。


いつから制度が始まるのか、またどのように配布するのかを同意書に記載し、承諾してもらう方法がおすすめです。同意書の内容に法的な定めはありません。 同意書に記載しておくべき例は以下です。


  • 電子化する書類の範囲(給与明細書、源泉徴収票など)
  • 明細書の配布方法(利用システムと閲覧手段)
  • 交付予定日(書類ごとに記載)
  • 交付開始日
  • 電子交付に承諾する旨、承諾日、受給者氏名の記入欄


Web給与明細システムには同意のチェック欄が設けられている製品があります。Web給与明細システム導入後に入社した従業員には、システム上で同意してもらえればスムーズに利用開始できるでしょう。その際経理担当者から同意書を用意する必要はありません。


同意を得られなかった場合

紙から電子へ移行することに抵抗がある従業員には、従来通り紙の給与明細書を渡さねばなりません。個別対応で郵送を行うのは手間であるため、細かくコミュニケーションをとって同意してもらえるよう働きかけましょう。


なお大半の従業員が拒否している場合は、無理やり電子化しても混乱を招いたり、余計手間がかかったりしてしまう恐れがあります。今一度全体にメリットを伝えて承諾を促しましょう。細かな取り決めについては国税庁のホームぺージに記載があります。わかりやすくQ&Aぺージが用意されているので、参考にするとよいでしょう。


またWeb給与明細システムのデメリットでは、一部の従業員から「ログインできない」というおい合わせが来ることです。給与担当者はパスワードの周知と管理を徹底して、従業員にとってストレスのない環境を整えましょう。

平均2分!ミツモアでWeb給与明細システムを相見積もり


給与明細書を紙で渡すと手間や経費がかかるほか、テレワーク時の弊害になります。それがWeb給与明細書に移行すれば、印刷コストや郵送コストを削減できて、何より給与担当者の負担が減るでしょう。


ただし、すべてのWeb給与明細システムが自社の業務課題を解決してくれるわけではありません。Web給与明細システムにはセキュリティがかなり強固なタイプから、大企業向け、勤怠管理システムと連携できるタイプまで、さまざまな製品とプランが存在しています。


最適なWeb給与明細システム選ぶためにも、平均2分でできる相見積もりを試してみましょう。従業員数や業種などの簡単な質問に答えるだけで、自社の条件にマッチする会計ソフトと料金プランがわかります。もちろんすべての見積もり費用は無料です。

Web給与明細システムについて

Web給与明細システムとは?

給与明細書を電子化し、Web上で発行するシステムです。従業員の給与データをシステムに紐づけたり、CSVファイルで取り込んだりすると、簡単に電子給与明細が作成できます。発行後の給与明細はクラウド上での保管・閲覧が可能なため、管理コストはほとんどかかりません。

Web給与明細システムのメリットは?

印刷や封入、配送といった作業の手間が省けます。さらにはペーパーレス化によって、コスト削減が見込めるでしょう。リモートワークなど、働き方の多様化に合わせやすい点もメリットのひとつです。

SaaS・ソフトウェア事業者さま向け
ミツモアに製品を
掲載しませんか?
ミツモアに製品を掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社製品を登録することで、リードの獲得及び製品の認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアに製品をご登録ください。