ミツモアロゴ
プロについて
クチコミ(13)
写真(1)

東京都大田区山王
行政書士いわさか事務所

行政書士いわさか事務所

5.0
13件)
事業者確認済み
価格を相談する
ビザ申請・入管業務に強い行政書士
無料でご相談いただけます

プロについて

自己紹介(事業内容・提供するサービス)

行政書士いわさか事務所の岩坂と申します。 事務所は、東京都大田区山王2丁目、JR大森駅北口改札山王口より徒歩1分の場所にあります。(大田山王郵便局横の脇道を入った突き当り右側) 在留資格認定証明交付申請・在留期間更新許可申請・在留資格変更許可申請・資格外活動許可申請・永住許可・帰化許可などのお手続について、 ●自分で申請した結果、不許可の方、●卒業する留学生の採用担当様、●転職を予定の外国人の採用担当様、●企業内転勤の外国人の採用担当様 ●依頼しても不許可の時が心配な方、●日本で起業をお考えの外国人の方、●永住ビザを取得したい外国人の方、●日本国籍を取得したい外国人の方 わかりにくく、面倒な書類仕事をサポート致します。 その他には、古物商営業や飲食業・風俗営業などの各種許認可申請も承ります。 ●各種初回相談料は無料です。 一度ご依頼いただいたお客さまについては、相談料永久無料です。 ●出張相談にも対応しております 自宅者職場から離れることができない、移動手段がない等の理由により事務所までお越しいただくことが困難な場合は、こちらからお伺いさせていただきますので、ご遠慮なくお申し出ください。(JR品川駅より、概ね1時間の距離は無料でお伺いします) ●夜間、土日の相談にも対応しております 日中お時間の取れない方や平日より土日祝のほうが都合がよい場合など、可能な限り対応させていただきます。ご遠慮なくお申し出ください。

これまでの実績

帰化許可申請、永住許可申請、在留資格認定交付証明申請、在留資格変更許可申請、在留期間更新許可申請、就労資格証明交付申請についての申請実績あります。不許可は一度もありません。

アピールポイント

申請取次行政書士として、忙しいご依頼主さまに代わって、ビザ取得のお手伝いをさせていただきます。 専門知識を活かしながら、お客さまのご依頼には迅速・丁寧に対応してまいります。

基本情報

創業2
従業員1

営業時間

月~土
9時〜18
定休日

資格・免許

行政書士 19080556

クチコミ

5.0
13件のレビュー
5
100%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

ビザ申請・入管業務に強い行政書士

9日前

5.0

選んでよかったと思います。

チョウ

ビザ申請・入管業務に強い行政書士

1か月前

5.0

ご丁寧にありがとうございました。

ビザ申請・入管業務に強い行政書士

1か月前

5.0

妻のビザ更新申請をお願い致しました。とても良心的な価格設定と親切な対応、簡潔な説明と手際の良さ。妻もとても感激しておりました。今後とも宜しくお願い致します。

タイヘル

ビザ申請・入管業務に強い行政書士

1か月前

5.0

配偶者ビザの更新でお世話になりました。 連絡や書類送付なども迅速に行っていただき、安心して依頼することが出来ました。 次の機会もお願いしたいです。

ビザ申請・入管業務に強い行政書士

1か月前

5.0

丁寧で親切な先生です。まだ永住申請の結果わからないですが、対応が迅速でよかったです。永住申請が許可されるまで、引き続きよろしくお願いいたします。

写真と動画

写真1件と動画0件

よくある質問

外国人の契約社員なのですが、ビザ取得は可能でしょうか?

取得しようと考えている在留資格(ビザ)によります。就労系のビザであれば、ご本人様の学歴や職歴によって変わってきます。身分系のビザであれば、日本人の方との国際結婚の予定があるかなどにもよります。いずれにしても、現在の在留資格は何で、どのような在留資格の取得を考えているかによります。

古物商の許可申請をしようと考えていますが、何日くらいで許可がおりるのでしょうか?

古物商営業は、1号~3号まであります。一般的な古物商については1号となりますが、申請から許可がおりるまで、概ね40日となります。(土日を除く)

アパレル店の中にドリンク販売のみのカフェスペースを設置予定ですが、飲食業の許可は必要ですか?

飲食業とは、「食品を調理師、又は設備を設けて客に飲食させる営業」と定義されています。 お客様より注文を受け、製造して提供し、対価をいただくことを業として行う場合は飲食業許可が必要となります。単に自販機を設置したり、冷蔵庫を設置して市販の缶や瓶、ペットボトルの飲料を販売するだけであれば飲食業は必要ありません。 飲食業許可を取得するには、施設や設備等に様々な要件があります。また、食品衛生責任者の資格も非強となります。まずは、アパレル店内が施設の要件に適合するか確認が必要です。

おすすめ記事

価格を相談する
ビザ申請・入管業務に強い行政書士
無料でご相談いただけます