東京都大田区南千束
柴田博壽税理士事務所

柴田博壽税理士事務所

事業者確認済み

プロについて

自己紹介(事業内容・提供するサービス)

柴田博壽税理士事務所は、経営革新等支援機関認定事務所です。会社を創業したいという夢のお手伝いや、遺産相続に関する必要なお手続き、事業の継承に伴うお手続き、税金に関する諸々のご相談など、幅広い作業をカバーして皆さまを応援いたします。税務の専門家が、毎月事務所におじゃまして帳簿のチェックを行い、経営の現状の解説や今後のアドバイスをさせていただきます。会計業務や税務申告はもちろんのこと、税理士は、企業の発展を促すことこそが大きな役割だと考えております。ぜひ、気軽にご相談いただきお役に立てればと思います。

営業時間

全日 9時〜18時

資格・免許

税理士 118867

よくある質問

父が他界しました。相続の手続きは税理士と行政書士のどちらにお願いすればいいのでしょうか?

 お答えします。  遺産分割がスムーズにいかない場合は、弁護士への相談になります。  相続税の申告書作成に関しましては、税理士ということになりますね。 士ですね。  なお、行政書士の代表的な業務は、運転免許証の更新ですね。他に婚姻届等に関しても業務の一環かと思いますが、特に相続に関しては、ないと思います。  

生前贈与を検討中です。税理士さんに相談する費用は何が目安になりますか?時間給?総財産額?

 ご質問のような費用に関しては、あらかじめ協定されているようなことはありません。  但し、贈与を予定されている資産の内容、数量、資産の価額等が目安になろうかと思います。従いまして一律時間という訳ではありませんし、資産の内容又は所在場所の確認を含めての判断し、協議によって決定するということになりますね。  また、贈与を行なった後の贈与税の申告書作成を依頼を前提としたご相談であれば、特に相談料は貰い受けないケースが多いでしょう。

相続税が発生しないのは、どのような場合ですか?その場合は、何もしなくてよいのですか?

 まず、課税対象の遺産総額が基礎控除以下であれば相続税の申告を要しません。  相続税の基礎控除は、3,000万円+法定相続人の数×600万円の計算式で求められる金額となっています。  但し、基礎控除を超えた場合でも小規模宅地の特例等に該当するケースでは、納税額が生じないこともあります。詳しくは税理士にご相談ください。

生前贈与や遺言書作成のスケジュールはどのように決めればよいですか?

相続対策では、遺産分割を円満に行うことを考えること先決です。 そのため現状の「推定遺産」をしっかり把握しておくことです。 推定遺産が現金や預貯金のように容易に分割できないケースもあるからです。 そして「相続税額」を知ることです。納税額が税額が生じないケースありますが、納税資金を確保した対策が必要だからです。

相続申告期限までもうあまり時間がありません。書類作成や申告は最速でどれくらいの時間がかかりますか?

相続財産の内容や相続人の数などにもよりますが、最低でも1~2か月は要すると思われます。
無料でご相談いただけます