埼玉県川口市道合
中山陽介税理士事務所

中山陽介税理士事務所

5.0
(口コミ7件)
事業者確認済み
価格を相談する
無料でご相談いただけます

プロについて

自己紹介(事業内容・提供するサービス)

税理士の中山陽介です。41歳です。事務所は先代が開業以来42年目となりました。事務所は埼玉県川口市にございまして、税理士3名、事務員7名の合計10名が在籍しております。 個人向けとしましては、相続税の事前算定・対策を実施しており、相続税を事前に把握し、適切な節税対策をされたい方にご高評を頂いております。 法人様向けの業務としまして、法人税の節税対策、事業承継に強いと自負しております。 また、相談はいつでも無料で対応しております。

これまでの実績

事務所として42年の蓄積がございます。 相続税に関して、広大地評価、未上場株式の評価、種々様々な土地の評価減、また各種控除など相当の経験がございますので、最適なご提案が可能です。 法人様向けの業務に関しまして、法人税、所得税、社会保険の関係性から最適な役員報酬の算定や終始予測に基づく納税見込み値の算定などをシステム化して行っております。

アピールポイント

相続税、法人税ともに難しい案件は大好物です。 相談無料ですので、ドシドシご相談ください。

基本情報

経験年数3
従業員10

営業時間

月 - 金
日, 土
9時〜17
定休日

資格・免許

税理士 138738

口コミ

5.0
7件のレビュー
5
100%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

建築家

事業承継支援の税理士

3年前

5.0

父の会社を継ぐ予定ですが、今後株式を受け取る際にものすごい課税がされるとのことで相談してみたところ、事業承継の税制で対応できるとのことで現在依頼中です。 常に私の立場に立って話をしてくださる良い方です。今後も長いおつきあいをお願いしたいです。

むらさき

確定申告の税理士

3年前

5.0

個人事業主です 毎月の月次帳簿と確定申告を依頼しています 毎月は会うこともなく領収書を頂いた宛先記載済みの封筒で郵送し銀行のCSVデータと給与明細のエクセルをドロップボックスで共有しているだけですが決まった日までに数字を返してくれます レスポンスが素晴らしい 領収書も画像で共有できるとのことですので 今後はそれでお願いする予定です ペーパレスに対応してくださるIT派の税理士さんだと思います

TK

相続税申告に強い税理士

3年前

5.0

財産も大してなかったので最初税務署と相談し自分で申告しようとしましたがなかなか難しく断念しました。そこで中山先生にお願いしました。苦戦していた謄本の取得や財産の確定などすばやくやって頂き慣れた方だなと思いました。当たり前ですが(笑) 相続人1人で財産の種類も簡単だったとのことで少し割り引いてもらえました。

兼時

相続税申告に強い税理士

3年前

5.0

広大地の相続税申告でお世話になった先生です。いくつかの先生にお願いしたのですが、広大地は難しいらしく納得が得られずにいました。 こちらの先生は不動産鑑定士との連携で適正な評価で申告をして頂き本当に助かりました。

S.K

生前贈与に強い税理士

3年前

5.0

相続予定の実家の土地が相当な数でしたので事前相談をお願いしたところ、何もしない場合と対策した場合でびっくりする金額差がでることがわかり、対策のアドバイスを頂く依頼をしました。何もしなかったらいざというとき大変なことになっていたと思います。

山田直美

相続税申告に強い税理士

3年前

5.0

母が亡くなり相続税申告をお願いしました。 相談から申告までのスケジュールを丁寧に教えてくださり安心しておまかせできました。 また、土地の評価についても細かく検討して頂き、当初別の税理士の方から伝えられていた税金よりもかなり安くなりました。感謝です。

村田

法人税の節税に強い税理士

3年前

5.0

会社の設立からお世話になっています。 先生と担当の職員の方、両者ともレスポンスが良く、大変助かっております。金融機関への資料提出も迅速で、金融機関の担当者が喜んでおりました。 節税案も決算前に提案下さり、納税額に納得できます。

写真と動画

写真6件と動画0件

よくある質問

顧問税理士を変更した際の会計データはどのような形で引き継ぐのがいいのでしょうか?

可能な限り古い年度からCSV等のデータで引き継ぐのがベストです。以前のデータを引き継ぐことにより、事業年度ごとの損益比較が可能となります。 申告をするという観点からは、前期の申告書と減価償却資産の明細があれば可能です。

会社を始めました。顧問税理士を探す際、一番見るべきポイント、判断基準は何でしょう?

3点あります。 ①相性 ②ご自身が要望されるサービスに対して過不足なく提案できているか。 ③自分だったらどうするかということを考えられる税理士かどうか。 特に特殊な事業であれば、専門性等も考慮すべきですが、通常の事業会社であれば上記3点で検討されるのが良いと思います。

顧問税理士の月次訪問の際、確認しておいたほうがいい数字、項目は何ですか?

①収支状況の前年差とその増減理由 ②期末に近づいてきたら税額予測 ③資金繰りの感覚が経営者と税理士で一致しているかどうか

個人事業主から法人成りしたいと思っています。必要な手続きはなにがありますか?

①法人設立 株式会社か合同会社によって異なりますが、基本的に定款作成、資本金入金、法務局への申請です。 ②設立後 税務署、県、市への届出です。 特に税務署の青色申告の届出と消費税の届出が重要です。

法人化する際に必要な法的手続きは最低いくらあれば可能ですか?

合同会社であれば7万円程度、株式会社であれば23万円程度です。その他、法定費用ではありませんが、印鑑の作成等も必要です。