ミツモアロゴ
背景画像

ECサイト制作

ネットショップ・ECサイト、通販サイトを制作、構築してくれる制作会社を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
40万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
190億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

ネットショップ開発会社登録数、日本最大級!

ECサイト構築・ネットショップ設計を手がける制作会社を探しましょう。

オリジナルグッズやセレクトしたファッションアイテムは、ECサイトで多くの人に販売したいですね。

でも、いざ制作となると「自社通販サイトと、ECモール、どっちが効果的?」「決済方法は何を導入したらいい?」などECサイトのシステム構築で悩んでいませんか?

そんなECサイト制作の悩みは、開発会社に相談!

ネットショップ開発後の管理方法も提案してくれる、ECサイトの開発会社が見つかりますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ECサイト制作の相場

102,700

標準相場

66,700

リーズナブル

220,000

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. デザイン制作が必要か(イラストも準備する必要があるか、サイトデザインのみか、などの条件で異なります)
  2. 必要な機能(定期購入機能や決済機能、コメント機能など、必要な機能に応じて価格が変動します)
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

ネットショッピングの相場価格費用

会員管理機能開発初期費用 300,000円~ 月額 10,000円~
決済機能
開発初期費用 300,000円~ 
各種入力フォーム
50,000円~
CMS導入・開発
300,000円~ 
構成・企画提案

100,000円~

広告バナー・デザイン作成
10,000円~
素材作成(イラスト・写真)作成
5,000円~
ライティング(文章・キャッチコピ)
8,000円~
システム設計・管理500,000円~ 
各種機能サービス導入設定
50,000円~

ミツモアでの見積もり例

【手作り作品のネットショッピング】トップページ、商品ページ、レンタルショッピング機能+素材一式250,000円~
【小売業のネットショッピングサイト】トップページ、商品ページ、ショッピング機能繋ぎこみ、デザイン、素材一式、企業紹介ページ
700,000円~
【飲食店のホームページ】トップページ、商品ページ、ショッピング機能、デザイン、素材一式、ショッピング機能、会員機能

1,400,000円

ミツモアでショッピングページを依頼するメリット

1.使いやすいサイト設計

操作性を一番に考え、利用しやすく、分かりやすいショッピングサイトを設計します。使いやすいショッピングサイトはリピート率も上がります。

2.セキュリティ対策

ショッピングサイトで一番大切なことは安全で安心して買い物ができることです。セキュリティ対策を最優先事項として作成します。

3.決済方法の提案と実装

インターネット上には様々な決済サービスがあります。最適な決済方法の提案します。また、オリジナルで設計、開発も提案いたします。

4.ブランディングの確立

ホームページのデザイン、設計、コンテンツからブランドを認知、訴求できるように施策を行います。

ネットショッピングサイト制作の流れ

1.相談

ショッピングサイトのご相談を受け、販売商品、商品数、決算手段、売り上げのゴール、顧客ターゲット等の確認をします。

2.企画提案

販売方法、顧客層、商品数、売り上げ予測にあわせたシステム設計、画面設計を行ないます。

3.設計・作成

システム設計、デザイン、コピーライティング、プログラミング作成をします。必要な機能を繋ぎこみます。

4.公開更新

公開し、検証を重ねより使いやすく、売り上げが上がるサイトに随時バージョンアップを重ねます。

どの地域でお探しですか?

会員管理機能

ユーザー名、パスワードで会員登録できる機能です。会員情報をデータベースで管理をすることができ、アクセス履歴、購入履歴等、様々な情報から購入を促す施策を行なうことが可能です。

決済機能

ショッピングカート機能と呼ばれることもあります。クレジットカード、代引き、コンビニ決済、銀行振り込み、郵便振替などから決済方法を選びオンライン上で支払いを完了することができるシステムです。データベースと連携させ商品を選び、支払い、配送までを完了させることが可能です。

各種入力フォーム

インターネット上であらかじめ用意した項目にユーザーが入力をして送信しすることにより、様々なデータのやり取り、収集、蓄積が可能です。お問い合わせフォームとして利用することができ、メールを介さずにユーザーからの情報を受信することが可能です。

メルマガ配信システム

メールで複数のユーザーに一斉にニュースレターなどを配信することができるシステムです。サーバーの機能として付加されている場合もあり、配信数により価格が設定されています。メールからホームページへの流入は大きな効果があるとされています。

バナー・デザイン作成

インターネット上に表示される画面のインターフェイスをデザインします。広告として配信するバナー等のデザインも行ないます。ユーザーが使いやすい、直感的にわかりやすい、親しみやすい、ホームページに共感を呼ぶなどのミッション達成のため優れたデザインが必要とされます。

イラスト・写真作成

商品画像の加工、トリミングはネットショッピングで一番重要な作業となります。他にもイラスト、インフォグラフィックス、ボタン各種等です。1枚の画像で表現される情報は文字より多くの情報を伝えることができるため、情報コンテンツでの役割は大きくなります。

どの地域でお探しですか?

ライティング

ホームページ上に記載される文字データ、原稿を作成します。キャッチコピー、タイトル、ボタン名、文章等、全てをクオリティ管理できるライターが作成することが大切です。メールマガジン、Facebook等の原稿も担当します。

データベース構築管理

ホームページ上の情報は全てデータベースに格納され管理されることが理想です。データベースに格納されたデータは適宜活用も可能です。ホームページの成長を予測し、適切な規模のデータベースを構築し、定期的なメンテナンス、常駐した管理体制が必要です。

システム設計・管理

インターネット上で各機能を実現するためのシステムを設計します。インフラ、ハードシステムの構築、管理。ソフトウェアシステムの設計管理まで、システム設計の分野は広範囲に渡ります。必要なシステムを構築するためには専門の技術者の存在が欠かせません。

レスポンシブデザイン

携帯電話からスマートフォンへの移行に伴い、ホームページはレスポンスデザインと呼ばれる、スマホにも対応した設計、デザインが一般的となりました。PC、スマホと別々なホームページを構築するよりも、SEO的にも強いサイトを構築することができます。

機能サービス導入設定

インターネット上でビジネスを円滑に進めるために、様々なインターネットサービスが作られています。必要なサービスをホームページに組み込み、機能的に操作でき、有効的な活用ができるように支援します。(チャットでのユーザーサポート機能、インターネット電話機能、テレビ電話機能、各種支援ツール)

SNS連携

Facebook、Instagram、Twitter、Line等、各種SNSとホームページを連携させ、より効果的なデジタルマーケティングを実現します。運用、管理についても専門的かつ、特性をよく理解した管理者による運営が不可欠です。

どの地域でお探しですか?

CMS導入・作成

ホームページをCMS(コンテンツマネージメントシステム)で設計することにより、簡単なコンテンツ管理が可能になります。ワードプレスのようなテンプレートを使用し、構築することも可能です。また、大きなWebサイトの場合は、CMS自体をオリジナルで制作し運用することも可能です。

定期更新・保守管理

ホームページは制作後の定期更新が大切です。常に情報を新しくし、コンテンツ量を増やしていくことで、信頼を得て多くの人に認知してもらい、サイトの価値が上がってきます。インターネット上のお客様窓口、営業窓口、広告媒体としての活発な活用が不可欠です。

企画・構成提案

ホームページコンテンツの企画、システム構築提案、画面構成の作成を行ないます。ホームページを立ち上げる際、コンテンツを追加する際はそのコンテンツの目的、目標、ゴールの設定、ターゲットユーザーの絞込み等が不可欠です。外部の専門家から効果的な提案を受け、制作することが必要です。

SEO対策

制作したホームページはSEO(検索エンジン最適化)が不可欠です。検索結果で上位表示させることが、アクセス数に大きく影響してきます。検索の際の検索ワードを予測したコンテンツ作りが不可欠です。検索結果1ページ目の上位10件以内が必須となります。

Webマーケティング

作成したホームページのアクセス解析・コンバージョン分析・ABテストなどを行ないます。ホームページを有効に活用し、期待した結果を得るには常に検証と結果に対してのアクションが不可欠です。ホームページのゴールを設定し、そのゴールに到達するための施策を順次行なっていきます。

どの地域でお探しですか?

ECサイトを制作するまでの流れ

ECサイトの外注を検討している企業のご担当者の中には、制作会社に丸投げしようと考えている方も多いかもしれません。しかし、イメージ通りのECサイトを制作するためには、自社の要求をしっかりと制作会社に伝えることが大切です。


ここでは、ECサイトを制作するまでの流れについて解説していきます。流れを理解することで、それぞれの工程で自社の要求を適切に伝えることが可能になります。


STEP1:コンセプト定義

ECサイトを制作する上で、まず最初にやるべきことは「コンセプト定義」「要求定義」の2点です。


コンセプト定義とは、制作するECサイトの目的やターゲットを明確にする作業です。「Who(誰に向けて)」「What(どんな商品を)」「How(どのように訴求するのか)」の3点をしっかりと定めましょう。


ECサイトを制作する上でベースとなる作業ですので、市場調査や既存の顧客を理解した上で、決めていきます。


STEP2:サイト要件・システム要件の定義

コンセプトが定まったら、次にサイト要件・システム要件を定義していきます。サイト要件・システム要件とは、ECサイトにどんな機能を実装するかを決めていく工程です。


実装を検討する機能には、以下のようなものがあります。


  • 対応するデバイス / OS
  • 商品検索機能
  • カート機能
  • 決済機能
  • セキュリティ機能
  • レコメンド機能
  • マイページ機能
  • 在庫管理機能
  • 顧客管理機能

ユーザーとどのようなコミュニケーションを取るべきなのか、また運用をしていく上でどんな機能があると便利なのかをイメージしながら、実装する機能を検討していきましょう。


STEP3:ECプラットフォームの決定

従来、ECサイトを制作するためには自社でサーバーを構築し、オープンソースやパッケージソフトで構成するのが一般的でした。しかし、この方法だと、セキュリティリスクが高まることや制作するまでに時間がかかる・専門知識が必要というデメリットがありました。


そこで最近では、「BASE」や「STORE.jp」「Shopify」といった無料のASPや、「MakeShop」「Future Shop2」といった有料のASPを活用して、工数をかけずにECサイトを制作するのが一般的です。


ただし、売上が1億円を超えるような大規模ECサイトの場合は、オープンソースやパッケージソフトを利用して、自社で顧客管理や販売管理がしやすいようにカスタマイズする必要があります。


ECプラットフォームの途中で移管するのは、非常に工数がかかります。そのため、どの規模感のECサイトを目標としているのかをイメージして、プラットフォームの選定を行う必要があるでしょう。


STEP4:設計と開発

STEP1〜3の工程を元に、実際のECサイトの設計と開発を行なっていきます。トップページや商品ページ、カートなど各々のページにどんな機能を盛り込むのかを決めていきます。


ECサイトのユーザビリティを左右する重要な工程ですので、制作会社と綿密な打ち合わせをする必要があるでしょう。


STEP5:デザインとコーディング

STEP4で設計したワイヤーフレームを元に、実際にデザインを当て込み、コーディングを行なっていきます。


STEP6:商品登録

ECサイトで販売する商品の登録をしていきます。各商品の写真素材や、説明文、販売価格、在庫数などを登録していく必要があります。商品数が多く自社で対応しきれない場合には、外注を検討しなければいけません。


STEP7:運用テスト

ECサイトをリリースする前に、運用のテストを行います。ユーザーの行動を予測して、様々なパターンで不具合が生じないかをテストする必要がありますので、専門知識が必要です。多くの場合は制作会社が対応してもらうことができます。


運用テストで不具合がなければ、実際にサイトをリリースします。


失敗しないECサイト制作会社の選び方

ECサイト制作を請け負う会社は多くありますが、それぞれの会社で特徴が異なります。失敗せずにECサイト制作会社を選ぶためのポイントについて解説していきます。


戦略立案までサポートしてくれるか

ECサイトは、どのように他社と差別化を図り、集客を実現していくのかといった戦略が非常に重要になってきます。特にECサイトを初めて構築するという企業の場合、自社に知見やノウハウがないので、ECサイトを作ったけれども集客ができず売上が立たないといった失敗はよくあるケースです。


ECサイト制作会社の中には、制作だけでなく戦略設計やマーケティング・改善を見据えて請け負ってくれる会社があります。自社だけではしっかりと運用できるか不安という場合は、戦略立案並びにマーケティングにも強みを持つ制作会社に依頼するのがおすすめです。


過去の制作実績をチェックしよう

ECサイト制作会社の過去の実績をチェックしましょう。多くの制作会社では、自社のホームページで、過去のポートフォリオを公開しています。


制作会社によって、得意なサイトデザインと不得意なサイトデザインがあります。大手の制作会社では、多くのデザイナーを抱えているので、幅広いジャンルのデザインが可能ですが、中小規模の制作会社やフリーランスに依頼する場合には、注意が必要です。


制作会社のポートフォリオを必ずチェックし、ToB向け・ToC向けのどちらのECサイト制作の実績が多いのか・自社のECサイトと同じ年齢層や性別をターゲットとした制作実績があるかなどをチェックしましょう。


担当者のレスポンスが早いか

ECサイトを構築するのにかかる期間は、ASPを利用して1ヶ月〜2ヶ月、オープンソースやパッケージソフトを使用してカスタマイズする場合は、3ヶ月〜4ヶ月の期間を要します。


サイト構築をする上で、制作会社に細かいデザインや機能の調整を行う必要がありますので、担当者との密なコミュニケーションが必要不可欠です。


担当者のレスポンスが遅いと、想定していた以上に制作に時間がかかってしまうケースがあります。なるべく早くECサイトをリリースしたいと考えているのであれば、依頼前の段階で、担当者がすぐにレスポンスしているかを見極めると良いでしょう。