ミツモアロゴ
背景画像

病院・クリニックのホームページ制作

病院・クリニック・歯科医院・介護施設のホームページ制作会社と見積もりはこちらから。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
40万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
190億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

病院・クリニックのホームページ制作会社登録数、日本最大級!

病院・クリニックのホームページ制作会社探しはミツモアで。

病院、クリニック、歯科医院や介護施設の情報は、ホームページで検索するのが当たり前。

来院者のニーズにあったウェブサイトを制作したいけれど、「ホームページ作成の相場がわからない」と困っていませんか?

そんなときはミツモアで、病院・クリニックのホームページ制作会社を簡単検索!病院のホームページデザインのリニューアルも、依頼に応じた見積もりや提案がもらえます。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

病院・クリニックのホームページ制作の相場

346,700

標準相場

225,300

リーズナブル

663,400

プレミアム

ミツモアでの見積もり価格の分布です。

価格を左右する要素:

  1. デザイン制作が必要か(写真やイラストも準備する必要があるか、サイトデザインのみか、などの条件で異なります)
  2. 個人情報の取り扱いがあるか(個人情報を守るためのシステムやサーバ構築が必要になり価格が変わります)
  3. 必要な機能(予約機能や問い合わせフォームなどが必要な場合は価格が変動します)
どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?

病院・クリニックのホームページ作成の相場価格

予約機能(クラウドサービス)初期登録費用 20,000円~ 月額 10,000円~
各種入力フォーム
50,000円~
CMS導入・開発
開発初期費用 300,000円~ 
広告バナー・デザイン作成
10,000円~
素材作成(イラスト・写真)作成
5,000円~
ライティング(文章・キャッチコピー)
8,000円~
SNS連携
30,000円~
定期更新・保守管理‘~
10,000円~/月
構成・企画提案
100,000円~
SEO対策
30,000円~80,000円/月

ミツモアでの見積もり例

【接骨院のホームページ】トップページ1P、下階層5P、問い合わせフォーム、素材一式150,000円~
【歯医者のホームページ】企画構成、ワードプレス、予約システム導入、デザイン素材作成、コピーライティング
450,000円~
【病院のホームページ】企画構成、独自デザイン、ワードプレス使用、予約システム導入、デザイン素材作成、コピーライティング、会員管理機能1,250,000円~

どの地域でお探しですか?

病院・クリニックのホームページをミツモアに依頼するメリット

1.信頼感を醸成

病院、クリニックは信頼が大切です。デザイン、整理された情報の掲載で信頼を得るサイト作りをします。

2.分かり易い、使い易い

ホームページは誰もがわかりやすく、使いやすいことが最優先課題です。知りたい情報が迷わず分かるサイトを構築します。

3.基本情報の充実

病院の機能として一番大切な問い合わせ、連絡先、アクセス方法など、来院するユーザーが一番知りたい情報を分かりやすく掲載します。

4.ブランディング確立

ホームページのデザイン、情報設計、コンテンツの内容など、ホームページ全体からブランディングを確立していきます。

病院・クリニックのホームページ制作の流れ

1.相談

病院・クリニックのホームページの相談を受けます。来院する方の年齢層、ユーザービリティのガイドラインを検討し、ホームページの目的、ゴールの設定を検討します。

2.企画作成

サイトの目的、ゴールに合わせた画面設計を行い、ターゲット層、ブランディングにあわせたデザインを作成します。必要な機能の設計を行ないます。

3.設計・作成

デザイン、ライティング、プログラミング、システムの設計、構築、作成を行ないます。

4.公開更新

公開し、定期的な更新を行い、随時アクセス状況を確認しながら必要な施策を行ないます。

どの地域でお探しですか?

会員管理機能

病院の受信カード番号と連携をさせて受信番号、パスワードで会員登録できる機能です。会員情報をデータベースで管理をすることができ、アクセス履歴、来院履歴、予約、順番待ちのお知らせシステム等との連携ができ患者さんの利便性を考えたサービスが可能になります。

予約機能

簡易版は必要な項目を入力し、送信すると予約受付が完了する入力フォームです。高機能版はカレンダー、データベースと連携させ、予約をカレンダーに表示させたり、データベースの情報と連携させたスケジュール管理ができる機能に発展させることも可能です。クラウドサービスの予約機能をホームページにd導入することも可能です。

各種入力フォーム

インターネット上であらかじめ用意した項目にユーザーが入力をして送信しすることにより、様々なデータのやり取り、収集、蓄積が可能です。お問い合わせフォームとして利用することができ、メールを介さずにユーザーからの情報を受信することが可能です。来院希望の患者さんから受信についての事前質問などを受け付けることができます。

ブログ・投稿機能

ブログ機能とは、管理画面に用意されたひな型の入力フォームに入力し、データを送信することにより、ホームページ上にコンテンツを掲載することができるシステムです。様々な機能を付加することにより、インターネット上のコンテンツを充実したものにすることができます。

メルマガ配信システム

メールで複数のユーザーに一斉にニュースレターなどを配信することができるシステムです。サーバーの機能として付加されている場合もあり、配信数により価格が設定されています。メールからホームページへの流入は大きな効果があるとされています。

バナー・デザイン作成

インターネット上に表示される画面のインターフェイスをデザインします。広告として配信するバナー等のデザインも行ないます。ユーザーが使いやすい、直感的にわかりやすい、親しみやすい、ホームページに共感を呼ぶなどのミッション達成のため優れたデザインが必要とされます。

どの地域でお探しですか?

イラスト・写真作成

インターネット上に表示される文字以外のコンテンツの制作を行ないます。具体的な制作物は写真、イラスト、インフォグラフィックス、ボタン各種等です。1枚の画像で表現される情報は文字より多くの情報を伝えることができるため、情報コンテンツでの役割は大きくなります。

ライティング

ホームページ上に記載される文字データ、原稿を作成します。キャッチコピー、タイトル、ボタン名、文章等、全てをクオリティ管理できるライターが作成することが大切です。メールマガジン、Facebook等の原稿も担当します。

データベース構築管理

ホームページ上の情報は全てデータベースに格納され管理されることが理想です。データベースに格納されたデータは適宜活用も可能です。ホームページの成長を予測し、適切な規模のデータベースを構築し、定期的なメンテナンス、常駐した管理体制が必要です。

システム設計・管理

インターネット上で各機能を実現するためのシステムを設計します。インフラ、ハードシステムの構築、管理。ソフトウェアシステムの設計管理まで、システム設計の分野は広範囲に渡ります。必要なシステムを構築するためには専門の技術者の存在が欠かせません。

レスポンシブデザイン

携帯電話からスマートフォンへの移行に伴い、ホームページはレスポンスデザインと呼ばれる、スマホにも対応した設計、デザインが一般的となりました。PC、スマホと別々なホームページを構築するよりも、SEO的にも強いサイトを構築することができます。

各種機能の導入

インターネット上でビジネスを円滑に進めるために、様々なインターネットサービスが作られています。必要なサービスをホームページに組み込み、機能的に操作でき、有効的な活用ができるように支援します。病院で一番使われる機能は予約、順番お知らせシステムなどです。

どの地域でお探しですか?

SNS連携

Facebook、Instagram、Twitter、Line等、各種SNSとホームページを連携させ、より効果的なデジタルマーケティングを実現します。運用、管理についても専門的かつ、特性をよく理解した管理者による運営が不可欠です。

CMS導入・作成

ホームページをCMS(コンテンツマネージメントシステム)で設計することにより、簡単なコンテンツ管理が可能になります。ワードプレスのようなテンプレートを使用し、構築することも可能です。また、大きなWebサイトの場合は、CMS自体をオリジナルで制作し運用することも可能です。

定期更新・保守管理

ホームページは制作後の定期更新が大切です。常に情報を新しくし、コンテンツ量を増やしていくことで、信頼を得て多くの人に認知してもらい、サイトの価値が上がってきます。インターネット上のお客様窓口、営業窓口、広告媒体としての活発な活用が不可欠です。

構成・企画提案

ホームページコンテンツの企画、システム構築提案、画面構成の作成を行ないます。ホームページを立ち上げる際、コンテンツを追加する際はそのコンテンツの目的、目標、ゴールの設定、ターゲットユーザーの絞込み等が不可欠です。外部の専門家から効果的な提案を受け、制作することが必要です。

SEO対策

制作したホームページはSEO(検索エンジン最適化)が不可欠です。検索結果で上位表示させることが、アクセス数に大きく影響してきます。検索の際の検索ワードを予測したコンテンツ作りが不可欠です。検索結果1ページ目の上位10件以内が必須となります。

Webマーケティング

作成したホームページのアクセス解析・コンバージョン分析・ABテストなどを行ないます。ホームページを有効に活用し、期待した結果を得るには常に検証と結果に対してのアクションが不可欠です。ホームページのゴールを設定し、そのゴールに到達するための施策を順次行なっていきます。

どの地域でお探しですか?

病院・クリニックのホームページ制作の必要性

病院・クリニックのホームページって本当に必要かお悩みの方も医療関係者の方も多いのではないでしょうか。


実際に最近では病院のポータルサイトも存在し、ホームページをわざわざ作らなくても、ポータルサイトに掲載することで、ある程度の集患・増患を見込むことができます。


しかし、病院やクリニックを探している多くの患者さんは、「この病院に行って、適切な診療を受けることができるか」「先生や看護師の雰囲気が悪くないか」「保険が適応されるのか」など多くの悩みや疑問を抱えています。


ポータルサイトには掲載できる情報が限られていますので、自院のホームページで適切な情報を掲載し、患者さんの不安を取り除いてあげる必要があるでしょう。


診療科目や患者さんによって知りたい情報は異なりますので、患者さんのニーズをしっかりと把握した上で、ホームページで正しい情報を伝えることで、まだ見ぬ患者さんの信頼を獲得することに繋がります。


病院・クリニックのホームページを制作する注意点

病院やクリニックのホームページを制作するためには、厚生労働省が定める「医療機関ホームページガイドライン」を遵守し、掲載内容に細心の注意を払う必要あります。


医療に関する不適切な情報や誇張した表現は、患者さんの不安を煽ってしまう恐れがあります。そのため厚生労働省は、美容医療サービス等の自由診療を行う医療機関のホームページを対象に、掲載内容のあり方に関する指針となるガイドラインを作成しました。


ここからは、ガイドラインで注意すべき点について簡単に解説をしていきます。ホームページ制作の担当者は必ず、厚生労働省のホームページよりガイドラインを確認することをおすすめします。


ホームページに記載すべきでない事柄

ガイドラインには、ホームページに記載すべきでない事項として、以下の7つが記されています。

  • 内容が虚偽にわたる、又は客観的事実であることを証明することができないもの
  • 他との比較等により自らの優良性を示そうとするもの
  • 内容が誇大なもの又は医療機関にとって都合が良い情報等の過度な強調
  • 早急な受診を過度にあおる表現又は費用の過度な強調
  • 科学的な根拠が乏しい情報に基づき、国民・患者の不安を過度にあおるなど して、医療機関への受診や特定の手術・処置等の実施を不当に誘導するもの
  • 公序良俗に反するもの
  • 医療法以外の法令で禁止されるもの

例えば、施術の仕上がりを良く見せるために、加工や修正を加えた術前術後の写真を掲載することは、虚偽にわたるものとして規制の対象となります。


また、「ただいまキャンペーンを実施中」「期間限定で◯◯%オフ」といった表現は、早急な受診を煽る表現として、掲載すべきでないとされています。


この他にも、掲載すべき内容として、注意点が掲載されていますので、必ずガイドラインをチェックするようにしてください。


ホームページに記載すべき事項

また一方で、患者に適切情報を提供するために、ホームページに記載すべき事柄についても、ガイドラインに記されています。(自由診療を行う医療機関に限る)

  • 通常必要とされる治療内容、費用等に関する事項
  • 治療等のリスク、副作用等に関する事項

自由診療を行う医療機関の場合、費用や医療内容がそれぞれ異なります。トラブルを防止する観点から、通常必要とされる治療内容、平均的な費用や治療期間・回数を分かりやすく掲載することが求められます。


病院・クリニックがホームページ制作を行う場合には、上記の内容がしっかりと掲載されているかをチェックしましょう。

病院・クリニックのホームページ制作会社を選ぶポイント

病院やクリニックのホームページ制作は、通常の企業のコーポレートサイトを制作するよりも、注意を払わなけばいけない点が多々あります。病院・クリニックの制作実績が豊富な制作会社に依頼するなど、外注先の選定に気を使う必要があるでしょう。


ここからは、失敗しない病院・クリニックのホームページ制作会社を選ぶ方法について解説をしていきます。


病院・クリニックのホームページの制作経験があるか

上記でも解説した通り、病院・クリニックのホームページは、自由に情報を掲載できる訳ではなく、トラブルを防止するために掲載内容に規制があります。


病院やクリニックのホームページ制作経験がない制作会社だと、これらのガイドラインを熟知せずに、ホームページを制作してしまう可能性があります。


制作会社にガイドラインの内容をしっかりと伝えることで防ぐことは可能ですが、できる限り、病院・クリニックのホームページ制作実績のある会社に依頼をすることで、スムーズに制作を進めていくことができるでしょう。


予約システムやWeb問診システムを実装できるか

ホームページに予約システムを実装することで、電話対応しなくてもWeb上で予約を受け付けることができます。電話対応の手間が減るので、スタッフの人件費削減や業務効率化に寄与します。院内で患者さんを長時間待たせないために、「あと10分で診療できます」といったお知らせ機能を実装することも可能です。


また、ホームページ上から問診ができるシステムを搭載することで、患者さんが待合室で問診票を記入する手間を省くことができ、患者さんの利便性向上に繋がります。


このようなシステムを搭載できるかは、制作会社によって異なります。予約システムやWeb問診システムを搭載したいと考えているのであれば、制作会社の担当者に問い合わせる必要があるでしょう。


ライティングや撮影にも対応しているか

病院やクリニックのホームページには、診療科目や診療の理念・医師の経歴・設備の紹介・診療の流れ・アクセスなど、情報を充実させるために様々なコンテンツの掲載が必要です。


また、患者さんの不安を取り除くために、他の患者さんのインタビューなどを掲載する病院やクリニックもあります。


この際に、ライティングや医師や院内の撮影が不可欠になってきます。自院のスタッフが対応することもできますが、専門知識やWebライティングに関する知識や経験がないと、時間を要してしまいます。


サイトのリニューアルの際には、既存の素材を活用することもできますが、新規でホームページを制作する場合は、ライティングや撮影にも対応しているかを確認するようにしましょう。