ミツモアロゴ
プロについて
クチコミ(2)

大阪府大阪市都島区
吉川国際特許事務所

吉川国際特許事務所

5.0
2件)
事業者確認済み
価格を相談する
商標登録・出願に強い事務所・弁理士
無料でご相談いただけます

プロについて

自己紹介(事業内容・提供するサービス)

事務所紹介 吉川国際特許事務所は、1988年に設立されました。 今まで2万件を超える案件の実績がございます。所内に中国、韓国、米国のスタッフがおり海外出願の実績も多数で所内に独自の翻訳部署を設けており、用語表の作成も可能です。 1988年の設立以来、国内有数の大手企業から中小・零細企業、主要大学、または個人のお客様まで、それぞれのお客様のニーズにあったきめ細かいサービスを提供して参りました。 所長の国際化に対する意識は事務所設立当初から強く、早くから国際色豊かなスタッフの育成に尽力して参りました。 世界中の特許事務所と広く強固なネットワークを形成し、国内はもちろんのこと、海外での知的財産権の取得もサポートさせて頂いております。 特許・実用新案・商標・意匠などの知的財産権の出願登録、権利化後の管理、及びその権利をお客様に最大限にご活用頂くためのあらゆる助言やサービスを提供させて頂いており、質の高さ、安心の価格に、多くのお客様よりご満足を頂いております。 技術分野に関しては、所長、吉川の専門分野である化学、及び弁理士、市川 寛奈の専門分野であるバイオテクノロジーを 中心に案件を取扱い、近年注目されるiPS細胞に関わるバイオ分野を強みとしております。 技術部の充実にも取り組み、化学、バイオはもちろんのこと、機械、電気、通信、医薬品、生物、半導体、物理、情報処理、建築、自動車、金属材料、食品など、あらゆる分野のエキスパートがお客様の案件を承ります。 また、国際部には欧州、アジア諸国のネイティブスタッフが多数在籍し、多言語での対応が可能なため、海外の クライアントとの迅速かつスムーズなコミュニケーションを実現させ、高い評価を頂いております。 国内のお客様の海外出願、及び在外のクライアント様からの国内出願のニーズの増加に伴い、翻訳部の拡大にも尽力し、 技術者、翻訳者、チェッカーが三位一体となって行う質の高い翻訳を低価格でご提供できることも吉川国際特許事務所の 大きな強みとなっております。 近年に至りましては、これまで抱えてきた北米諸国との時差の問題を解決すべく、2012年にアメリカ・サンフランシスコに連絡事務所を設立致しました。また、2013年には所員数、管理案件数の増加に伴い、大阪事務所を移転し、現在は新事務所にて業務を行っております。2014年には東京の神田にコンタクトオフィスを設立致しました。 グローバルでセキュアーな事務所を築くというかねてからの念願を尚一層発展させるべく、所員一同日々業務に邁進しております。 ※緊急事態宣言発令中の期間は弊所では感染拡大防止の為、一部スタッフがテレワークで業務を行っております。面談のご希望についてはZoom等で対応可能です。また、お電話やチャット機能での相談も行っております。

これまでの実績

ノーベル賞を取得した案件を始め、重要特許の取り扱い経験も多数ございます。 2019年、実用新案取り扱い件数、全国1位、意匠、29位、商標、66位。 (知財ラボ調べ)

アピールポイント

特許、意匠、商標だけでなく、海外出願の経験も豊富で、所内には様々な国のスタッフが在中しております。 調査や、審決取り消し訴訟、鑑定、侵害警告、異議申し立て、ドメイン取得等の業務も取り扱っております。 オフィスは大阪と東京と北米のサンフランシスコにあり、所員は50名を超える事務所です。 ミツモアのフォーム以外の電話やメール、Zoomでの対応も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

基本情報

創業33

営業時間

月 - 金
日, 土
9時〜18
定休日

資格・免許

クチコミ

5.0
2件のレビュー
5
100%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

斎藤商事

商標登録・出願に強い事務所・弁理士

2か月前

5.0

ただ登録して終わりで管理をほったらかしにするような弁理士では無い事がやりとりで分かり安心してお願いしました。 期限管理もファイル管理も所内で紙と電子で行っていると説明してくれて、大事務所のサービスを実感出来ました。

山口

意匠登録に強い事務所・弁理士

2か月前

5.0

遠方だったので最初は不安でしたが、メールと電話のやりとりだけでスピーディーに対応していただけました。 初めてだったので、何も分からない状態からでしたが丁寧に説明があってわかりやすかったです。

よくある質問

商標登録の「®」マークについての質問です。日本国内で商標登録を受けていないにも関わらず商品に®マークを使用すると、罪に問われるのでしょうか。あくまで®マークは米国の商標法に則ったマークとという説もあり、混乱しています。

🄬はアメリカの連邦商標法におけるマークであって、日本の商標法で定められたマークというわけではありませんが、日本国内において登録商標として広く認識されていますので、登録を行っていないのに商品に🄬を使用した場合虚偽表記とされる可能性があります。

®マークを日本国内で不正使用して賠償金を支払ったケースはありますでしょうか。

商標の登録をされていないのにも関わらず、登録表示や紛らわしい表示をすることは商標法で禁止されております。(商標法第74条)🄬を使用していると、登録商標であると一般的に受け取られる可能性があります。 虚偽表示を行った場合、刑事罰(3年以下の懲役又は300万円以下の罰金)が適用される可能性があります。 🄬の利用で賠償金を支払ったケースの具体的な内容は過去の判例を調べる必要があります。

立体商標と意匠権、違いが分かりづらいです。商標のブランド力を保護するのが立体商標、デザイン(形状)を保護するのが意匠権という認識で間違いないでしょうか。

商標法は、商標に化体した業務上の信用を保護するものであり、立体商標においても同じです。したがって、商標においては創作性も求められませんし、更新することにより権利が永久に続くことになります。意匠法は、創作された無体財産を保護するものであって、新規であること、創作性があることが要求されます。権利も特許庁に登録されてから20年で終了致します。更新することはありません。

商標登録の依頼費用の相場を簡単に教えて頂けますでしょうか。調査費用・出願費用・拒絶理由通知への応答費用(1回あたり)・登録時手数料など、項目ごとの相場を把握したいと考えております。また、可能であれば拒絶理由通知は平均して何回程度受けるのかも併せて伺いたいです。

ミツモアのフォームからお問合せいただくか、弊所にお電話かメールで連絡いただけましたら具体的なお見積りや手続きについての詳細等をお知らせ致します。商標の出願だけであれば安く行う特許事務所は多くありますが、弊所では登録だけでなく、その後の管理さサポートもしっかり行います。ご連絡いただければ調査費用、出願費用、拒絶理由通知への応答費用について、値段表をすぐお送りいたします。

おすすめ記事

価格を相談する
商標登録・出願に強い事務所・弁理士
無料でご相談いただけます