ミツモア
【2024年】o2o比較15選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

O2Oおすすめ15選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

o2oとは

O2Oとは「Online to Offline」の略称で、「オンラインとオフラインをつなぐサービス」として使用されているシステムを指します。オンライン上のサービスからオフライン店舗へ顧客を誘導するのが一般的で、例えばSNSやGPSの情報を頼りにアプローチをかけたり、実店舗で使えるクーポンをインターネットで配布したりといったことがO2Oの手法です。

O2Oとよく比較される施策に、「オムニチャネル」があります。オムニチャネルとは、顧客に複数の購買ルートと購買ができる場所を提供し、さまざまな手法で購入が行える環境を整備する施策です。

多くの顧客にアプローチするオムニチャネルと異なり、O2Oは「オンラインからオフライン」という特定のルートに限定した施策のため、ターゲットを明確にできるのが特徴です。

o2oの製品一覧(全15製品)

GMOおみせアプリ
GMOおみせアプリ
GMOデジタルラボ株式会社

0
レビュー数
0
円
22000円~
  • 店舗の集客に強い自社アプリを簡単に作成できる
  • お客様の属性にあわせた情報発信をして来店のきっかけを作れる
  • 顧客情報を集約でき、データを外部システムで活かしやすい


自社アプリを簡単に作成でき、プッシュ通知を利用した情報発信や会員証、ポイントカードの電子化を実現します。業種や企業の規模に関係なく2,940社、9,400店舗以上(※1)で導入されており、信頼性が高いサービスです。


年齢や性別、購買履歴などに基づき、お客様に最適なお知らせをプッシュ通知で届けられ、店舗に足を運んでもらえるきっかけを作れます。また閑散期にクーポンを送ることで、売上が少ない時期の集客に繋がるしょう。


アプリからお客様の来店情報や購入履歴、会員ランクなど様々な情報を抽出でき、分析が可能です。さらに外部の顧客管理システムや予約システムと連携させればデータを有効活用でき、業務の効率化を目指せます。


導入実績

HONDA、YONEX、サッポロビール園など


※1 GMOデジタルラボ調べ(2022年10月12日時点)

更新日:2023-05-25
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
b→dash(ビーダッシュ)
b→dash(ビーダッシュ)
株式会社データX

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • データの加工や抽出はSQLなしのノーコードで実行可
  • 店舗、EC、アプリ等の複数チャネルのデータを簡単に統合可能
  • CDPからMA、BIまで様々な機能でマーケティングを実施
  • データマーケティングツールで業界第1位(※1)


b→dash(ビーダッシュ)は店舗やEC、アプリ等の様々なチャネルのデータを簡単に統合でき、そのデータを元に施策や分析を実施して売上向上を実現するデータマーケティングツールです。従来は「データ統合したくても項目がバラバラで手間がかかる」「データ抽出できるのはSQLが使えるエンジニアしかいない」といった状況でした。それが誰でもプログラミングなしで、データの連携、加工、取込、統合、抽出までを一気通貫で実行できます。


肝心のマーケティング施策でも複雑なコードを必要としません。メールやLINE、アプリPush等のクロスチャネルでのシナリオ設計、カゴ落ちやF2転換を促進するメールやSMS配信など、すべての機能が揃っていることが特徴です。もちろんBIツールも搭載済みで、アクセス解析、RFM分析、ファネル分析、ROAS分析、LTV分析などが思いのままに扱えます。


またテンプレートが充実していることも嬉しいです。カゴ落ちリマインド用、キャンペーン期限リマインド用、本会員登録メリット紹介用、おすすめ物件紹介用のように何十種類ものテンプレートが用意されています。申し込みフォームやweb販促バナーでも同様で、担当者のリソースを消耗しないことが特徴です。


導入実績

ナノユニバース、ジュン、ライトオンなど


※1 ITR「ITR Market View:SFA/統合型マーケティング支援市場2019」 


関連記事:b‐dashの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じたメリットとデメリット

更新日:2024-01-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
FANSHIP
FANSHIP
株式会社アイリッジ(iRidge, Inc.)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • ユーザー情報や位置情報を収集してマーケティングできる

  • 顧客の関心を引き付けるさまざまな機能
  • オンラインとオフラインの行動データを組み合わせ、顧客一人ひとりに合わせた施策を実現


自社アプリ内での顧客の動きを追いかけ、データを収集することにより、マーケティング業務に役立てられるツールです。ユーザーの情報や位置情報を取得して分析し、それぞれの顧客に最適な施策を打ち出せます。


タイムリーな情報を掲載したプッシュ通知の送信や、クーポンの配信で、顧客の来店意欲を引きだせるでしょう。またプッシュ通知やクーポンなど、行なった施策の結果を集計してレポート化することができるため、施策効果のフィードバックが容易です。ユーザー属性や離脱状況など、さまざまな角度から分析を行え、次の施策に活かせます。


アプリデータの収集・分析、顧客との最適なコミュニケーションの実現で、継続的にコミュニケーション施策のPDCAを回すことが可能です。


導入実績

ファミリマート、GU、ニトリ、コスモ石油など

更新日:2023-05-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
すまっぽん!
すまっぽん!
株式会社イーハイブ

0
レビュー数
0
円
330円~

  • 店舗に関する情報をひとつにまとめられる
  • ダウンロード不要、アプリ感覚で扱える
  • 初期費用0円、月額使用料300円の低価格


公式ホームページやSNS、クーポンのリンクなど、あらゆる情報を1つの画面にまとめられるツールです。顧客が必要とする情報をすぐに提供できるため、店舗やオンラインショップの利用を促進する効果が期待できます。


煩わしく、多大なコストがかかるアプリ開発は不要です。レイアウトや載せる情報の変更は管理画面から簡単に行えます。ホーム画面にアイコンを置けるため、ダウンロードいらずでアプリのように使えて便利です。


サーバー設置や開発などが不要なので、初期費用がかからず、ランニングコストも月300円と低価格で、気軽に導入できます。利用した顧客が何人でも追加費用がかからないため、継続的な利用も安心です。


導入実績

福岡県、吉本興業など

更新日:2023-05-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Peatix Business
Peatix Business
Peatix Japan株式会社

0
レビュー数
0
円
0円~
  • ユーザー700万人の巨大メディアに掲載できる
  • メディア内のおすすめに配置して集客
  • メールで見込みのある会員へ直接アプローチ

セミナーやイベントへの集客に特化したシステムです。Peatixのセミナー、イベントメディアは国内で700万人が利用している巨大メディアであるため、強い集客力が期待できます

メディアアプリのおすすめイベント欄に掲載することでユーザーの目に留まり、イベント、セミナーへの関心を沸かせられるでしょう。名前を広く認知してもらえば、次回以降のイベントへの集客も見込めます。

ユーザーのイベント参加状況データに基づいてターゲティングを行い、メールを直接配信してくれるため、効果的かつ効率的な集客が可能です。ピンポイントで一気に配信ができるため、イベント直前でも強力に集客できます。

導入実績
野村不動産、マネーフォワード
更新日:2023-05-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
こくちーずプロ
こくちーずプロ
株式会社こくちーず

0
レビュー数
0
円
0円~
  • イベントの作成、集客に特化したシステム
  • コミュニティの作成で参加者と相互に連携
  • ウェビナーツールとの連携でオンライン対応

こくちーずプロはイベントの作成から告知、開催までを1つのシステムで行えるツールです。登録料や手数料は無料なので、気軽に導入、利用ができます。

登録者をグループ分けしたコミュニティを作ることができ、コミュニティ単位でイベントの告知やフィードバックの集計が可能です。参加者を繋ぎとめ、リピーターや紹介者を増やす効果が期待できます。

Zoomをはじめとするオンライン会議ツールやライブ配信ツールと連携すれば、オンラインでのイベントの開催が容易です。パンデミック下でも安全かつ簡単にイベントやセミナーを行えます。
更新日:2023-06-05
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
モバイルウェブ
モバイルウェブ
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

0
レビュー数
0
円
11000円~
  • 品質の高いデータベースで大規模データを管理
  • 携帯サイトやアプリで集客効果をさらに高められる
  • それぞれの顧客に合わせたコミュニケーションをとれる

高品質なデータベースを用いて顧客のデータを管理し、さらにデータに基づいてマーケティング施策を打てるツールです。集客用の携帯サイトやアプリの作成ができ、アプリ内の利用履歴もデータベース上で管理できます。蓄積されたデータに基づき、ダイレクトメールの送信やプッシュ通知の送信、クーポンの配信を行え、高い集客効果が期待できるでしょう。

導入実績
東京海上日動、ANA Xなど
更新日:2023-05-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
アプスタ
アプスタ
株式会社ドリームネッツ

0
レビュー数
0
円
15400円~

  • 1,000社以上導入のノウハウを活かしたアプリ開発ツール
  • 店舗用アプリでいつでもPR活動ができる
  • 低価格ながら自在なカスタマイズが可能


アプスタは店舗用のアプリを簡単に作成、運用できるツールです。1,000社以上の企業で導入されてきた実績があり、ベンダーがそれぞれの企業に合わせた開発をしてくれます。オリジナルアプリでは、プッシュ通知やクーポン配信、デジタル会員証の表示などができ、顧客の来店、購入意欲を促せるでしょう。月額31,900円(※1)からと低価格ながら、ECサイトの設置をはじめとする柔軟なカスタマイズが行えます。

更新日:2023-05-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
iSTAMP
iSTAMP
株式会社アイ・ステーション

0
レビュー数
0
円
5478円~
  • 初期費用0円で低予算でも安心
  • リピーターをつくるさまざまな機能
  • 最短1ヶ月のスピード導入が可能

初期費用が0円と低価格で導入できる共通店舗アプリ作成ツールです。さまざまな店舗と共用しているため、既存顧客以外へのアプローチができます。スタンプや会員証、クーポン配信などにより、顧客が何度も店に通う動機づくりが可能です。導入までの時間がかからないのも特徴で、最短1ヶ月とスピード感のある販促活動ができます。
更新日:2023-08-11
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Yappli
Yappli
株式会社ヤプリ

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ

  • アプリ更新を直感的な操作で行える
  • 顧客データに合わせてプッシュ通知を配信
  • データ分析でそれぞれの顧客に強力にアプローチ


自社オリジナルのアプリを開発でき、直感的なカスタマイズが可能なツールです。顧客の位置情報や購入情報から、最適なプッシュ通知の配信ができます。さらにアプリ内の行動や流入のデータ分析を行うことで、たえずマーケティング業務のPDCA1サイクルを回せ、より効率的なアプローチが可能です。


導入実績

トヨタ、アンダーアーマーなど

更新日:2023-05-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Ripe
Ripe
株式会社シードアソシエイト

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
更新日:2023-05-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
One
One
WED株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
更新日:2023-05-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Passmarket
Passmarket
ヤフー株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
更新日:2023-06-05
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
dodopoint
dodopoint
株式会社Spoqa(Spoqa K.K.)

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
更新日:2023-05-31
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

O2O導入のメリット

新規顧客向けにオフラインを利用するきっかけを作れる

O2Oの導入は、新規顧客の獲得および実店舗などのオフライン環境を利用するきっかけを作れます。SNSで広告を配信したり、位置情報を使ったリアルタイムでのマーケティングを行ったりといった、オンラインならではの集客方法が活用可能です。ネットを使っているあらゆる層をターゲットに宣伝が行えるので、新規顧客にも自社製品やサービスの魅力を届けやすいでしょう。


さらにO2Oの活用は、オンライン→オフラインの流れのなかで顧客に購入までの「導線」を作り、オフラインにおける購入を促せるのもメリットです。新規顧客を獲得するだけに留まらず、ネット上から実店舗に顧客を集めて購入やサービスの利用などの具体的な行動にコンバージョンできます。


顧客に合わせたマーケティングが可能

オンラインの情報をオフラインのマーケティングに最大限に活かすことで、顧客それぞれに合った柔軟なアプローチが可能になります。顧客が欲しがるであろう売り文句や商品情報を、ネット上に蓄積されているデータを参考にして提供するのです。


例えば顧客がネットで閲覧した情報を参考に広告を打ち出せば、その反応からオフラインでも自社の見込み顧客となり得る人たちをセグメントできるでしょう。


ほかにもSNSで顧客が登録している性別や年齢といった情報を活用して、それぞれの属性にピッタリな広告を提供できます。


効果測定が簡単に行える

O2Oでは実際に行ったマーケティングの効果測定が簡単に行えます。広告費用に対して実店舗にどれくらいの流入があったのか、配布したクーポンの使用率はどれくらいだったのかといった結果は、簡単にデータとして管理・計測可能です。


効果測定と検証がスムーズに行えるので、次のマーケティング施策に向けての修正や新しいアプローチ方法の提案などにつなげられるでしょう。


また、O2Oでは顧客の生の反応を実店舗で確認できるので、データだけでは分からない利用者の「感情」を記録できます。実店舗における顧客の反応や感情も参考にしてデータ測定が行えるため、より具体性のある検証が可能です。


システムの導入がしやすい

O2Oは、比較的導入がしやすいシンプルなシステムです。専用のサービスやアプリは多数展開されているため、自社の目的に合ったものを選択するだけですぐにでもO2Oマーケティングが開始できます。


実際に使用できるオンラインチャンネルには、Webサイト、SNS、ECサイト、メルマガ、アプリなど多数あります。既にこれらのオンラインサービスは日常的に利用されているため、システムを活用することでO2Oマーケティングに必要な顧客情報の収集や環境構築が進められるでしょう。


オムニチャネルと比較してO2Oの方が低予算から利用できるため、導入コストを削減できる点もメリットになります。


オムニチャネルを構築するためのノウハウを蓄積できる

O2Oの活用は、将来的にオムニチャネルを構築するためのノウハウの蓄積にもつながります。


顧客とのあらゆる接点を作っていくオムニチャネルの展開は、多くの顧客を自社サービス・製品の購入に結びつける重要な施策です。しかし、オムニチャネルにはコストと準備時間がかかり、すぐに効果を得られないのが難点です。


そこでまずはO2Oを実施して新規顧客の獲得や施策ごとの効果測定を進め、オムニチャネルの下準備をすることも考えられます。


将来的にオムニチャネルを活用する計画があるのなら、O2Oマーケティングの導入におけるメリットはさらに大きくなるでしょう。

O2Oサービスが持つ機能

実店舗で使用できるクーポンの配布

O2Oには実店舗で使用できるお得なクーポンを、オンライン上で配布する機能があります。オンラインで情報収集をしている顧客に、実店舗を訪問するきっかけを与えられるのがメリットです。


実店舗なら実際に商品を手に取ってもらえるので購買意欲を刺激しやすく、コンバージョンにつなげやすくなるでしょう。


実店舗の近くにいる顧客への広告配信

位置情報を参考にして、実店舗の近くにいる顧客のスマホに広告を配信できます。


店舗を訪問できる距離にいる顧客をスマホのGPSで感知し、メルマガやLINEのメッセージなどを送信することで、突発的な訪問を促すことが可能です。


プッシュ通知を使った情報提供

スマホアプリへのプッシュ通知機能を使って、お得な情報を的確に顧客に届ける機能もあります。1日にスマホを閲覧する時間は非常に長いため、スマホ画面上で存在をアピールできるプッシュ通知機能は有効活用できます。


プッシュ通知でお得な情報を提供できれば、後日実店舗で買い物をするきっかけを作ることもできるでしょう。


オンラインで注文した商品の店舗受取り時に特典付与

ECサイトなどは、オンラインで注文した商品を店舗で受け取ることで、お得な特典を付与するといったサービスも展開できます。「店舗受け取りは送料無料」などのキャンペーンを打ち出せば、顧客に実店舗を訪れるきっかけを与えられます。


実店舗で商品を購入する機会を作れるので、顧客単価の上昇などにつなげられるでしょう。


顧客データの蓄積と統合

オンラインとオフライン(実店舗)で入手した顧客情報を、蓄積して統合する機能も利用できます。同じ顧客の情報がオンラインとオフラインで分類されていると、購入傾向の分析や最適なアプローチの検証がスムーズにできません。


O2Oマーケティングを行うのなら、CRMなどの外部サービスも含めて、オンラインとオフラインの情報を統合してまとめる機能を活用しましょう。


>>CRM(顧客管理システム)をお探しの方はコチラ


SNSなど外部サービスとの連携

SNSや各種外部サービスと連携する機能も、重要なシステムのひとつです。外部サービスを紐づけることで、顧客情報の管理や個々のユーザーへのアプローチがしやすくなります。

O2Oサービスの比較ポイントと選び方

カスタマイズ性に優れているか

カスタマイズ性の有無は、O2Oサービスを選択する際には必ず比較しておきたいポイントです。


O2Oサービスの種類によっては、最初から搭載されている既存機能しか利用できない場合があります。外部サービスとの連携や機能の追加などが行えないと、使用しているうちにシステムが古くなって時代遅れになるリスクもあるでしょう。


常に最新のシステムや機能を追加・カスタマイズできる柔軟性があるかどうかは、事前に確認しておくのがおすすめです。


利用できる店舗数や顧客数を比較する

O2Oサービスの多くは、利用(登録)できる店舗数や顧客数の上限が決められています。自社の規模に見合った利用数が確保できないと、オンラインとオフラインを効率良くつなぐことができません。


利用できる店舗数や顧客数は全て比較して、自社に合ったサイズ感を持つO2Oサービスを導入しましょう。サービスによってはプランを変更することで利用できる人数の規模を大きくできるので、複数プランが用意されているかも比較ポイントです。


セキュリティ対策が万全か比較する

セキュリティ対策の充実度も、O2Oサービスを選択する際の比較ポイントです。多くの顧客情報を取り扱うことになるため、セキュリティが不十分だと情報漏洩などのトラブルに発展する可能性があります。


情報漏洩が発生すれば賠償責任が生まれ、莫大な損失を被る結果にもなるでしょう。万が一のことを考慮して、常に高いセキュリティを維持しつつ、こまめにアップデートを行って脆弱性対策を行っているサービスを選ぶのがおすすめです。


料金が予算範囲内に収まるか比較する

利用料金が予算範囲内に収められるかどうかも、O2Oサービスの選択時に比較すべき情報です。


導入の際には初期費用、月額費用(ランニングコスト)、オプションの利用費用などが発生します。トータルの費用が自社の用意できる予算を超えないことを確認した上で、実際の導入を進めましょう。


O2Oサービス次第では、複数のプランで利用料金が分かれていることがあります。予算面で問題があるのなら、自社に必要な最低限の機能を備えているプランを選択してコストを抑えるのもひとつの方法です。


サポート体制が充実しているか比較する

サポート体制の充実度も、O2Oサービスの選択における比較ポイントです。困ったときにどのような方法で対処してくれるのか、こちらからの質問にはどのタイミングで答えてくれるのか。実際のサポート体制をチェックして、使いやすいサービスを選別していくのも重要です。


メール、電話、チャットなどですぐに連絡が取れるサービスや、専任のコンサルタントが対応してくれるサービスなどが、充実したサポート体制の一例になるでしょう。


また次のボタンから「業種、従業員数、導入目的」といった簡単な質問に答えるだけで、あなたにピッタリのO2Oサービスを無料で診断することもできます。

O2Oの成功事例

「小売店」の成功事例

とある小売店は自社の公式オンラインサイトに、在庫情報をリアルタイムで確認できる機能を付与しました。内容は15分に1回のペースで更新され、その際に実店舗で売れた商品を「今、コレ売れました!」と紹介するマーケティングを行っています。


売れた商品の宣伝を行うことで実店舗に行きたくなる理由付けにつながっているのが特徴で、O2Oの効果を最大限に引き出せる事例として参考にできるでしょう。


「中古販売店」の成功事例

オンラインサイトで中古商品の検索を行うことで、どこの実店舗でその商品が販売されているのかを事前に確認できます。


遠い場所にある店舗の場合には取り寄せて実物を確認できるので、実際に商品の雰囲気や状態を把握した上で購入ができ、顧客満足度の向上につながっています。


中古商品の販売は、「思っていたよりも状態が悪かった」といった感想によって、顧客の店舗に対するイメージが悪くなる例が多いです。事前に商品の取り寄せと確認をしてもらうシステムを確立したことで、認識の齟齬をなくしてイメージダウンの回避に成功しています。


「インフラ事業」での成功事例

スマホアプリと高速道路のサービスエリア内にある端末を連携させて、お得な情報を顧客に提供するシステムを活用しています。


サービスエリアに入ってからアプリでチェックインを行うことで、その場で使えるお得なクーポンの配布を配布したり、ゲームをして時間を潰したりできるサービスを提供しているのです。


サービスエリア内で過ごす時間を有意義なものにすることで、顧客満足度を高めた事例として参考にできるでしょう。


「飲食店」の成功事例

ファミリーレストランでは、LINE公式アカウントを開設して「LINEで予約」機能を導入し、多くのリピーターを獲得した成功事例があります。


LINEのサービス上で予約が完了するため、顧客は気軽に店舗を訪れるきっかけを得ることが可能です。オンラインからの予約をすることで待ち時間がなくなるなどのメリットを得られるほか、お得なクーポンの獲得なども行われたため、リピーターとして店舗を使い続ける顧客が増えたとされています。


LINEという気軽なSNSを通して顧客を獲得した事例として、非常に参考になるでしょう。


「電鉄インフラ」の成功事例

通勤ラッシュ時間帯における混雑を緩和する取り組みとして、「クーポン」の配布を行いました。


始発から朝の7時半までに指定した駅に到着していると、プッシュ通知によってお得なクーポンが手に入るというサービスです。


ラッシュ時間を避けることにお得感が生まれるため、混雑の緩和を実現しつつ店舗での買い物を促せる施策として成功を収めています。

平均2分!ミツモアでO2Oを相見積もり


O2Oはスマホの普及と実店舗のメリットの再認識によって、近年注目を集めている施策です。今後はオンラインだけで完結するサービスではなく、オフラインの実店舗も巻き込んだ大規模なマーケティングが主流になる可能性があるでしょう。


一方で、O2Oを活用するには専門サービスの利用やマーケティング施策を考案するための知識など、事前にいくつかの準備が必要です。


基本的にはまずO2Oに特化したサービス・製品の導入が検討されますが、現在の市場にはO2Oに関する多くのサービス・製品があるため、簡単には導入するべきものを決定することはできないでしょう。


そこでまずは比較・見積もりを行ってサービス・製品の特徴を把握し、自社に合ったものを判別することがおすすめです。


O2Oサービスを選ぶときには、最短2分でできる無料の相見積もりを試してみましょう。事業形態、業種、従業員数、必要な機能などの質問に回答すると、自社に合ったO2Oサービスが見つかります。

o2oについて

O2Oとは何ですか?

オンラインのサービスからオフラインである店舗へと顧客をつなぐサービスです。アプリでクーポンを配信したり、デジタル会員証を発行したりと、顧客が実店舗に行きたくなるような施策を打てます。顧客の関心を分析して個別に通知を出すこともでき、一人一人に最も適切な通知を送ることが可能です。

O2Oの比較ポイントは何ですか?

カスタマイズに柔軟性があるかを確認しましょう。O2Oでは自社のオリジナルコンテンツを作るため、イメージ通りに作成できるかは大切なポイントです。カスタマイズ性が高いが専門知識が必要で扱い切れない、という事態を防止するべく、操作性の高さも合わせて確認しておきましょう。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。