ミツモア
【2024年】ダイレクトリクルーティング(中途採用)比較7選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

ダイレクトリクルーティング(中途採用)比較おすすめ7選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
サービスを選ぶ

金額やサービス内容を比較して、ぴったりのサービスを選びましょう

ダイレクトリクルーティング(中途採用)サービスとは

ダイレクトリクルーティング(中途採用)とは、新しい人材を必要とする企業が自社に最適な人材を探して、直接求職者にアプローチする採用手法の1つです。従来の採用手法は、求人媒体や求人サイトに企業が求人情報を掲載したり、人材紹介会社と契約して、自社の求人情報に求職者から応募がくるのを待つ受身の手法になります。


最近では、直接求職者にアプローチできるダイレクトリクルーティング(中途採用)のサービスを提供している企業も増えています。こちらの記事では、ダイレクトリクルーティング(中途採用)を利用するメリットや注意点、おすすめサービスについてまとめました。ぜひ比較検討の参考にしてください。





ダイレクトリクルーティング(中途採用)サービス選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。従業員数などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想のダイレクトリクルーティングサービスが見つかります。

おすすめのダイレクトリクルーティング(中途採用)サービス7選

Eight Career Design

Eight Career Design

Sansan株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • サービスを利用する費用は毎月定額制なので安心
  • 出会うことが難しいユーザーにもアプローチが可能
  • 採用したい人材と自社の従業員のつながりがあるか事前に確認できる

成功報酬制ではなく定額制のサービスです。採用にかかる費用が毎月決まっているため予算が立てやすいでしょう。また大量採用を検討している企業は、成功報酬制に比べて定額制のほうが費用を抑えられる場合もあります。

従来の採用手法である求人媒体は守りの手法です。ダイレクトリクルーティング(中途採用)は、自社が求めている採用候補者にスカウトメールで直接アプローチできるため、今まで採用してこなかったユーザー層と出会える可能性が期待できます。

Eightは名刺管理ツールなので、採用候補者にアプローチする前に自社の従業員とつながりがあるのかを確認することができます。もしつながりがあれば、その従業員から情報を得たり、自社の従業員から採用候補者にアプローチすることも可能です。
更新日:2024-06-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
マイナビジョブ20’sスカウト

マイナビジョブ20’sスカウト

株式会社マイナビワークス

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 自社に合った求職者に直接アプローチできる
  • しっかりと求職者に届くスカウトメールで応募率アップ
  • 月額無料、スカウトメールの通数制限なし

マイナビジョブ20’sスカウトは求職者に直接オファーができます。スキルや職歴、資格など自社の求人にマッチする求職者にピンポイントでアプローチすることが可能です。しかもスカウトメールは自動作成なので、文面の作成は不要です。

メールによるスカウトオファーと違い、マイページ内の目立つ場所に表示されます。それにより見逃される確率も低くなるでしょう。求職者のもとにスカウトメールがしっかり届き、ダイレクトオファーのため応募率も高まります。

月額費用無料、スカウトの通数制限もありません。費用が発生するのは、採用が決まり入社するとき。採用費用が高額になるリスクを最小限にし、採用活動に専念できます。
更新日:2024-06-10
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Wantedly

Wantedly

ウォンテッドリー株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 返信率20%の高返信率のスカウトメール(※1)
  • 3つの機能をすべてのプランで利用可能
  • サービスを提供してから現在まで累計42,000社以上の企業が利用(※2)

プランごとにスカウトメール数に違いはありますが、Wantedlyはスカウトメールの返信率が高く平均20%です。(※1)この返信率の高さが効果的な採用活動にもつながるでしょう。

Wantedlyは3つの機能をすべてのプランで利用でき、掲載数は無制限です。募集機能では、給与や待遇の掲載はNGなのでユーザーは仕事内容で選択します。ストーリーでは日常の社内や働いているメンバーを紹介できます。イベント開催では個別で接触できない分、潜在ユーザーにアピールが可能です。

サービスを提供してから累計42,000社以上の企業に利用されてきた実績があります。(※3)サービス開始から現在まで約10年になりますが、注目するべきはサービスの継続率が95%と非常に高いところです。(※4)

※1、2、3、4 ウォンテッドリー株式会社(2023年8月時点)
更新日:2024-06-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
リクルートダイレクトスカウト

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 初期導入費が無料で、スカウトメール送信数が無制限(※1)
  • さまざまな業種や職種を経験しているハイキャリアにアプローチできる
  • 人材業界大手の株式会社リクルートがサービスとして提供


リクルートダイレクトスカウトは初期導入費用や初年度の年間データベース費用無料です。(※1)採用が決まった場合に成功報酬手数料が発生するシステムです。スカウトメールも無制限で採用候補者にアプローチができます。(※3)


2022年10月〜12月に新規で利用した登録者は、月に18,000人を超えるなど多くの即戦力になる人材が登録しています。(※2)即戦力の人材を求めている企業におすすめのサービスです。


株式会社リクルートが提供しています。リクルートの現在までの経験やノウハウが結集されているため、安心して自社に最適な人材に直接アプローチできます。


※1、2 株式会社リクルート(2023年8月時点)

更新日:2024-06-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
AMBI

AMBI

エン・ジャパン株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 大手総合転職サイトエン転職を運営している企業がサービス提供
  • 現在の年収400万円以上のハイクラスな若手が多く登録されている(※1)
  • 首都圏や関東エリアの求人に強く優秀な人材が多い

サービスを提供しているのは、転職業界で有名なサイトであるエン転職を運営しているエン・ジャパン株式会社です。大手企業のため安心して契約できるでしょう。

ハイクラスな若手しか登録できない中途採用サービスです。他のサービスと違い誰でも登録できるわけではありません。条件として現在の年収が400万円を超えていると登録可能です。(※1)

大企業や大手上場企業も採用候補者を探しているため、関東エリアの求人や登録ユーザーが多いです。もし自社が関東エリアにあるなら、優秀な若手ユーザーを獲得できる可能性があります。

※1 エン・ジャパン株式会社(2023年8月時点)
更新日:2024-06-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Green

Green

株式会社アトラエ

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 毎月の採用費用の掛け捨てリスクを抑えることが可能
  • 採用候補者へのアプローチや掲載求人数の制限がない
  • ターゲットに合わせて採用についてサポートしてくれる

成功報酬型のダイレクトリクルーティング(中途採用)サービスなため、初期導入費用を支払えば、永年無料で利用できます。(※1)採用活動には長期的な視点も必要になるため、採用費用を抑えたい企業におすすめです。

ダイレクトリクルーティングサービスは、自社が求める人材に直接アプローチできます。アプローチ数に制限がないので、採用予定数がクリアされるまで利用できます。また掲載求人数にも制限がないため、多くの人材を採用することが可能です。

Greenでは、ターゲットに合わせた記事をプロのライターやフォトグラファーが作成しサポートしてくれます。そのため自社が採用候補者に伝えたい魅力や仕事内容についても、サポートのおかげで応募につながることが期待できます。

※1 株式会社ネオキャリア(2023年8月時点)
更新日:2024-06-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
doda Recruiters

doda Recruiters

パーソルキャリア株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 成功報酬が必要ないため複数人材を採用しやすい
  • 採用候補者に対して事業戦略や業務内容を個別にカスタマイズできる
  • dodaスカウト会員データベースを無料トライアルで契約前に試せる(※1)

ダイレクトリクルーティング(中途採用)サービスを利用する期間に応じて、異なる初期費用が必要になります。違いはスカウトメール数です。成功報酬はありませんので、複数人人材を採用したい企業におすすめです。

採用成功確率が高まるように採用候補者に対して個別にメッセージを送信できます。人材データベースで採用候補者を見つけたら、自社の事業戦力や社風などを個別にカスタマイズして記載することが可能です。

無料トライアル期間が30日間ありますので、契約前にどのような人材が登録されているか検索して確認可能です。(※1)内容は、現職種やスキルなどを検索できますので、自社に最適な採用候補者が登録されているか知ることができます。

※1  パーソルキャリア株式会社(2023年8月時点)
更新日:2024-06-26
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

ダイレクトリクルーティング(中途採用)サービスの主な種類

幅広く人材を扱っているタイプ

若手の中途採用候補者のみでなく、幅広い年齢層のユーザーが多く登録しているのが特徴です。職種も専門職だけでなく営業や事務などさまざまな職種の候補者に対して、直接スカウトメールを送信できます。


エンジニアなどの専門性に特化したタイプ

デザイナーやエンジニアなど専門性に特化しているタイプです。中途採用候補者の専門性を企業が見極めるために、登録時に専門職の経験年数やスキルを入力しています。


若手人材が多いタイプ

自社の獲得したい人材が若手なら、このタイプのダイレクトリクルーティング(中途採用)を活用しましょう。登録しているユーザーも比較的多いので、候補者も見つけやすいでしょう。


高学歴やバイリンガル人材を採用しているタイプ

登録ユーザーのレベルが高いのが特徴です。職務経歴書や年収の基準を審査していてクリアしないと登録できないため、ハイクラスの中途採用の候補者が多いタイプです。


ダイレクトリクルーティング(中途採用)の事前準備

自社の採用ニーズを明確にする

ダイレクトリクルーティング(中途採用)を活用する前に、自社の採用ニーズを明確にすることが大事です。自社で採用したい人物像や採用ポジションを改めて確認しましょう。


候補者に伝える自社の強みや魅力を深掘りする

採用候補者も多くの企業を調べて、自分の能力に合う最適な仕事先を探しています。そのため他社と比較して自社の強みや魅力を再度深堀りし、候補者により魅力を伝えられるように事前準備しましょう。


自社の採用担当者を決め採用プロセスを構築しておく

ダイレクトリクルーティング(中途採用)は、自社に最適な人材を獲得するまでに時間を必要とする採用手法です。採用候補者の選定や、スカウトメールの文章作成、面談など多くの業務を必要とします。自社の採用業務を効率化するためにも、事前準備として、採用担当者を決め採用プロセスを構築しておきましょう。

ダイレクトリクルーティング(中途採用)サービスの選び方

開封率や応募率、返信率、面談率はどのくらいか

契約する前にスカウトメールの開封率や応募率、採用候補者からの返信率や面談率はどのくらいなのか確認することが大切です。ダイレクトリクルーティング(中途採用)は、採用したい求職者にスカウトメールを送ります。


メールを開封して中身を見てもらえる確立が高いサービスほど、返信率や面談率が高いです。サービスによっては、開封率や応募率、返信率や面談率を公表しているため、自社に最適な人材を獲得するためにも事前に数字を確認しましょう。


自社の求める人材がどのくらい登録しているか

求めている人材の登録人数について事前に確認するとよいでしょう。登録人数が少なければ、スカウトメールの送信数も少なくなります。ダイレクトに求職者にアピールできる数が少なければ、必然的に採用確率も低くなるでしょう。


そのため自社が求めている人材が多く登録されている企業を選ぶことが重要です。どのくらい人材が登録しているのか確認するには、無料トライアルを活用しましょう。


どのような企業が利用しているか、どのような実績があるか確認する

提供元のサービスを利用している企業はどのような企業なのか、サービスの提供元にはどのような実績があるのか確認しましょう。自社と近しい企業の実績を確認することで、サービス利用に対するイメージがしやすくなります。


さらに採用までの実績が豊富なサービスなら、自社で導入して本当に効果があるのか検証してみるのも有効なビジネス戦略の1つと言えます。ダイレクトリクルーティング(中途採用)の公式ページやサービスを提供している企業に問い合わせるなど、多くの情報を集めて自社に合うのか検討することが最適な人材を獲得するためにつながるでしょう。


予算やリソースを考慮し、実行可能な範囲で適切な手法を選ぶ

自社の予算やリソースを考慮することが大事になります。サービスを活用するには費用が必要になりますので、費用対効果が見込める実行可能な範囲で適切な手法を選びましょう。


ダイレクトリクルーティング(中途採用)の料金形態は、固定費用もしくは成果報酬になります。固定費用は、利用料金が月額もしくは年額で固定になり、成果報酬は、入社が決定すれば成果として報酬を支払います。自社の予算や採用計画に合う料金形態を選択しましょう。


成果を出すためのサポートが受けられるか

サポート体制について事前に確認することが大切です。とくにダイレクトリクルーティング(中途採用)サービスをはじめて活用する企業には、サポートにより最適な人材を獲得できる確立も高くなるでしょう。サポートの内容は、スカウトメールの文面や求人情報作成代行、面接の進め方や自社の魅力をPRするテクニックを提案してくれるなどさまざまです。


自社が求める機能が搭載されているか

ダイレクトリクルーティング(中途採用)を選ぶ際には、自社が求める機能が搭載されているか確認しましょう。自社の採用担当者が使いやすい管理画面か、またスカウトメールの配信予約機能があるのかも重要なポイントです。


自社が求める機能がなければ、自由にカスタマイズできるのかも今後の採用効率を高めるために必要になります。そのため契約前に公式ページやダイレクトリクルーティング(中途採用)を提供している、企業の担当者に直接確認することが大事です。

ダイレクトリクルーティング(中途採用)サービスを利用するメリット

企業が求める要件やスキルを持つ優れた人材を効果的に獲得できる

登録している求職者に対して、企業が求める要件やスキルを事前に確認することが可能です。自社の採用効率を高めるためにも、スキルを持つ優れた人材をサービスを利用して効果的に獲得しましょう。


ダイレクトリクルーティング(中途採用)の人材データベースから、自社が求める人材をいかに探し出すかが重要です。ターゲットの採用候補者が見つかれば、素早くスカウトメールを送信してアプローチすることが効果的に人材を採用するまでのポイントになります。


直接、候補者と接触できるため採用後のミスマッチを防げる

従来の採用手法である求人媒体や人材紹介会社と違い、直接スカウトメールを通じて、採用候補者と接触できます。そのため入社してからのミスマッチを事前に防ぐことが可能です。ミスマッチを防ぐための具体的な心構えは、直接採用候補者に自社の価値観やカルチャー、自社のブランドイメージを伝えられるやりとりを意識することです。


人材紹介会社に比べて安価な費用で利用できる

自社が求めている人材を人材紹介会社に比べて安価な費用で探すことができる点です。多くは、人材データベースの利用料と入社が決定したときの成功報酬を採用しています。


多くのサービスが人材紹介会社より費用を抑えつつも、人材紹介会社で紹介してもらうような優秀な人材に出会えます。また1人あたりの採用費用も人材紹介会社と比べても安価になるでしょう。


採用ノウハウを蓄積し、自社の採用力を高められる

人材紹介会社などを活用せずに自社が直接アプローチをおこなう採用手法です。スカウトメールの文面を考えたり、自社のアピールを採用候補者に伝えるにはどうしたらいいのかなど試行錯誤し、自社で考え改善していかないといけません。それにより自社の採用ノウハウが蓄積できるため、採用率も少しずつ高くなるでしょう。


候補者とのやりとりや進捗状況などの一元管理が可能

通常採用候補者とのやりとりや進捗状況を担当者が常に把握するのは、大変な労力と時間を要するタスクです。自社でサービスを導入することで、担当者もストレスなく実行できます。


理由は採用候補者とのやりとりや進捗状況などの一元管理が可能なためです。そのため複数の採用候補者がいてもスムーズに対応できるでしょう。

ダイレクトリクルーティング(中途採用)利用時の注意点

自社の採用担当者の負担が増える

求人媒体や人材紹介会社と違い直接採用候補者にアプローチできる攻めの採用手法です。ターゲットを探す時間や送信するスカウトメールの文面を考えたりなど、自社の採用担当者の負担が増えるため利用時には注意が必要でしょう。自社が求めている成果を出すためには、企業全体の理解と協力が必要になります。


長期的な視点でおこなう必要がある

求職していない候補者にも直接アプローチできるため必ず採用に結びつくとは限りません。自社が求める採用したい候補者にアプローチするにも、すぐに結果を求めず長期的な視点でおこなう必要があります。時間が多く必要になるケースがあるため、自社の業務に影響がでないように専任の採用担当者を決めておくとよいでしょう。


直接候補者を選考するため選考基準に主観性が入りやすい場合がある

採用候補者を選考して直接スカウトメールを送信しアプローチします。そのため選考段階のときに担当者の主観性が入りやすい場合があるため注意が必要です。


サービスを自社に導入前に、採用候補者の選考基準を社内で話し合い決めておくとスムーズに選考できます。また多くの人材から自社に最適な候補者を見つけられるでしょう。

ぴったりのダイレクトリクルーティング(中途採用)選びはミツモアで

ダイレクトリクルーティング(中途採用)は事業者によって特徴や機能もさまざま。「どのサービスを選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。


そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりのダイレクトリクルーティング(中途採用)が見つかります。


ぴったりのダイレクトリクルーティング(中途採用)を最短1分で無料診断

従業員数や欲しいサービスなどの項目を画面上で選択するだけで、最適なダイレクトリクルーティング(中途採用)を最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。


ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランもサービスと一緒に診断します。概算金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。


診断結果は最大5サービス!比較・検討で最適なダイレクトリクルーティング(中途採用)が見つかる

最大で5サービスの診断結果をお届けします。検討していたサービスだけでなく、思わぬサービスとの出会いもあるかもしれません。


ミツモアなら、ぴったりのダイレクトリクルーティング(中途採用)がすぐに見つかります。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。