神奈川県厚木市旭町
渡辺会計事務所

渡辺会計事務所

事業者確認済み

プロについて

自己紹介(事業内容・提供するサービス)

所長は、国税局、税務署と国税不服審判所に延べ39年間在籍し、税務調査34年、国際課税15年の実績を踏んできました。  税務調査における当局の方針、調査担当者の意識を熟知しております。したがって、税務調査においては以下の実績を残しております。  得意税目は、「相続税」、「贈与税」、「法人税」、「源泉所得税」ですが、「所得税」、「消費税」も問題なく対応が可能です。  また、所長は、行政書士の資格を有し、建設業の登録、更新手続きや医療法人の申請ができ、外国人の在留資格の更新、永住権の申請も単独で行える代理申請行政書士の資格も有しています。  このほか、経営革新等認定機関の指定を受けているため、補助金申請、借入などの際の事業計画の策定などにも実力を発揮しています。

これまでの実績

国税調査において納税額を減額した過去3年間の実績  当局の提示した納税額に対して 1,000万円以上の減額・・・2件      同           500万円以上の減額・・・2件      同           100万円以上の減額・・・3件 合計7件 全ての案件について減額ができるわけではありませんが、当事務所での減額割合は、 63.6%となっており、3件に2件が減額となっております。  

アピールポイント

 所長は、国際課税を15年に渡って重視したことで、移転価格税制、タックスヘイブン税制、恒久的施設の認定回避の案件もこなすことができ、英語での対応も可能です。

基本情報

経験年数4
従業員14

営業時間

月 - 金
日, 土
9時〜17
定休日

よくある質問

顧問税理士を変更した際の会計データはどのような形で引き継ぐのがいいのでしょうか?

弊事務所では、前任の税理士さんから元帳を受け取ります。また、期中での変更であれば、領収書などの原始記録を全て引継ぎこととしております。

会社を始めました。顧問税理士を探す際、一番見るべきポイント、判断基準は何でしょう?

税理士と共に企業が発展できるように財務データで企業分析をしてくれる税理士が良いと思います。また、経営者にとって税務調査は気になるところですが、元税務署勤務の税理士にお願いすると調査も円滑に進むものとおみます。

顧問税理士の月次訪問の際、確認しておいたほうがいい数字、項目は何ですか?

月次訪問を受けるためには、経営者も月次で資料を作成しなければなりません。月次の数字というよりも趨勢(対前月比、対前年比)を確認すれば経営方針が立てやすいのではないでしょうか。

個人事業主から法人成りしたいと思っています。必要な手続きはなにがありますか?

法人登記のために、法人の設立総会議事録や、定款の申請が必要となります。定款の申請はCDを媒体にすると手数料が安くなりますので、司法書士の方と相談してください。

法人化する際に必要な法的手続きは最低いくらあれば可能ですか?

資本金(1円でも良い。)が必要です。外部的な信用度を考えると300万円とか500万円が良いのではないでしょうか。これは、預金に入金しますが、すぐに会社の費用として使用することができます。なお、登記費用として30万円は必要でしょう。
無料でご相談いただけます