ミツモア
【2024年】データマイニングツール比較9選!導入メリットやおすすめ製品の選び方

データマイニングツールおすすめ9選

平均2分、質問に答えるだけ!ぴったりの製品とプランを診断します
事業形態はどちらですか?
見積もりアイコン
2分で診断

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に診断できます

提案アイコン
結果が届く

事業規模や目的に合う、複数のソフトウェアが表示されます

プロアイコン
製品を選ぶ

金額や機能を比較して、ぴったりの製品を選びましょう

データマイニングツールとは

データマイニングツールとは大量のデータを分析および加工して、データごとの相関関係や傾向を抽出するツールです。


企業や組織には商品の購入履歴、サービスの利用履歴、その日の天候や気温など膨大なデータが蓄積されています。これらのデータをAIや機械学習などを用いて分析し、企業や組織における経営活動に有効な打ち手につなげます。


今回は、自社に最適なデータマイニングツール候補を選定します。ぜひ比較検討に活用してください。

データマイニングツールの製品一覧(全9製品)

Oracle BI(オラクルBI)
Oracle BI(オラクルBI)
日本オラクル株式会社

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 課題に応じて自由に分析方法をカスタマイズ可能
  • 表を簡単に作成できて分析に要する時間を削減
  • 365日のサポート体制で安心して導入できる

Oracle BI(オラクルBI)はレポート作成や分析などのBIツールの機能と、財務管理やデータウェアハウスの機能を兼ね備えた製品です。カスタマイズ方法は豊富に用意されていて、自社の課題に沿った分析方法を設定できます

またいつでもサポートを要請できる支援体制が整えられているため、システム人材が社内にいない企業でも安心してつかい始められるでしょう。
更新日:2023-05-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
カスタマーリングス
カスタマーリングス
株式会社プラスアルファ・コンサルティング

3.0
レビュー数
1
円
要お問い合わせ

  • 手厚いサポートにより利用継続率は99.1%
  • 各種システムとの連携で複数データを統合できる
  • 高頻度の機能アップデートで時代に即した分析が可能


カスタマーリングスは顧客管理から分析まで幅広く行えるシステムです。サポートは運用開始前に2か月、導入後に3か月以上受けられます。導入後のサポートが終了した後も、使いこなすための支援を専任担当者が実施。システムに対する不安を即座に解決することで、継続的に使い続けられるでしょう。


複数のシステムに散らばっているデータをカスタマーリングスに統合できます。既に利用しているシステムとの連携も可能なので、情報が様々な場所に分散していて管理できていない企業にぴったりです。


導入実績

フローバル、キャリアカレッジジャパン、サンスターなど

更新日:2023-11-03
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
職種
職種名
データがまだありません
業種
業種
データがまだありません
企業規模
企業規模
中小企業(100%)
非公開ユーザー

エクセルでは難しい分析が可能
Domo(ドーモ)BI・データ分析

3.0
レビュー数
1
円
要お問い合わせ

  • データを一カ所に集約できる
  • 専門知識なしでデータを加工、可視化できる
  • ストーリー作成でデータを分かりやすく伝えられる


データ統合機能により、様々なシステムに保管されているデータを自動的に一カ所に集約できるため、データを取得するための手間がなくなり業務を効率化できます。データは自動的にアップデートされるため、大量のデータを常に最新の状態に保つことが可能です。


データに関する専門的な知識がなくても、直感的な操作でデータをチャートやグラフといった形で可視化できます。150種類を超えるチャートが用意されているため、内容に合わせて最適なデータ利用を実現します。


ダッシュボードにはグラフや数字だけでなく画像やテキストを組み込み、データをストーリー仕立てにカスタマイズできます。色や配置も簡単な操作で変更できるので、誰でも効果的にデータを表現することが可能です。

更新日:2024-01-30
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
職種
職種名
データがまだありません
業種
業種
データがまだありません
企業規模
企業規模
小規模企業(100%)
非公開ユーザー

膨大なデータ元から、必要なデータを抽出、比較できる事で、分析がとてもしやすくなりました。
Social Insight
Social Insight
株式会社ユーザーローカル

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • SNSキャンペーンの管理・分析を行える
  • 複数メディアへの投稿を一元管理できる
  • 日本最大規模のID蓄積数で競合アカウントを比較可能

TwitterやInstagramを使用して行うキャンペーンの情報を管理、分析できます。応募者データの収集や抽出、当選者への連絡、さらにキャンペーンの影響度の分析が簡単です。

複数アカウントの一括管理ができ、さらに投稿予約機能で定期的な投稿を手動で行う必要はありません。SNS担当者の負担が大幅に軽減されるでしょう。

導入実績
NTTドコモ、学研プラス、東映など
更新日:2023-03-13
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Visual Mining Studio
Visual Mining Studio
株式会社NTTデータ数理システム

0
レビュー数
0
  • 関連性を見出しながら分析し予測できる
  • 視覚的に理解しやすい画面で簡単に使える
  • 前処理機能でスムーズなデータ加工を実現

起きている設備の不具合やユーザーの行動から、事象間の関係性を持たせながら分析、予測ができます。操作画面は専門知識がない人でも理解しやすい仕組みで、分析に必要な作業の流れが一目瞭然です。

導入実績
セブンイレブン、シフトプラスなど
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
SOFIT Super REALISM
SOFIT Super REALISM
日本ソフト開発株式会社

0
レビュー数
0
円
初期費用
要お問い合わせ

  • Excel感覚で操作できて習得に時間を割かずすぐに使える
  • 国際特許技術により世界最高速レベルでデータ処理
  • 基本設定が不要だからシステム人材がいなくても安心


Excelを操作できる人なら誰でも簡単に使えるように構築されています。さらに国際特許技術を利用して最大100倍のデータ処理スピードで、分析の効率化を実現。


納品時にはすでに基本設定が完了した状態のため、自社で設定を行わずに使い始められます。システム人材が在籍していない企業でも安心して導入できるでしょう。

更新日:2023-07-04
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Media Insight
Media Insight
株式会社ユーザーローカル

0
レビュー数
0
円
要お問い合わせ
  • 記事の反響度をメディア毎に比較できて施策立案に役立つ
  • 競合媒体の調査で自社の記事に必要な要素が分かる
  • ヒートマップで読者が興味を抱いた内容を可視化できる

Media Insightはメディア運営のための分析ツールです。自社記事がどのメディアでどのくらい反響を呼んだのかを分析できます。さらに競合媒体との比較を行えるため、検索上位にある記事から成功パターンを見いだせたり、インターネット上で話題になっている内容を把握できたりと便利です。

導入実績
毎日新聞、マイナビ、フジテレビジョンなど
更新日:2022-08-17
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
MotionBoard(モーションボード)
MotionBoard(モーションボード)
ウイングアーク1st株式会社

0
レビュー数
0
円
33000円~
  • 豊富なチャートの搭載で最適な可視化方法が見つかる
  • 表やグラフに直接コメントできて業務指示を行いやすい
  • 分析結果をPowerPointへ出力できて報告業務に役立つ

搭載されているチャートは30種類以上で、経営指標や顧客管理など見える化したい内容や業務に合わせて、最も効率的な可視化方法を見つけて活用できます。コメントや掲示板機能も搭載されていて、システム内でメンバー同士のコミュニケーションを行える仕組みです。

ダッシュボード上のグラフや図をPowerPointに出力できます。報告業務における作業時間を短縮して、他の業務に時間をさけるようになるでしょう。

導入実績
無印良品、広島大学、三井住友海上など
更新日:2023-05-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。
Qlik Sense(クリックセンス)

0
レビュー数
0
円
3630円~
  • スマホ対応によりあらゆる場面で利用できる
  • 簡単にレポート作成できて情報を共有しやすい
  • 分析課題の解決に最適な仕様にカスタマイズ可能

スマホでシステムを利用できるため、PCを開けない場所や場面でも気軽に分析した情報の閲覧が可能です。またレポートはデザイン選択と書式設定の操作だけで完成させられます。情報が明確に読み取れるレポートを短時間で作成できるため便利です。

導入実績
PayPal、NHS、LLOYD’Sなど
更新日:2023-05-29
※本ページは、公表されている情報を元にミツモアが作成したものです。

データマイニングツールの選び方

自社の目的や課題に合ったものを選択する

データマイニングを導入しても、自社の目的に沿ったものでなければ効果は発揮できません。自社に合ったデータマイニングツールを活用して、初めて適切な結果が得られるでしょう。


自社のどのような課題を解決したいのか、どのような目標を達成したいのかを具体的に決める必要があります。具体的に決められれば、どのようなデータを集めなければならないか、どのようなデータがあれば精度が上がってくるのかが見えてきます。


データマイニングツールを導入する際は、自社の目的に合った分析が行えるか、目的に合った機能が備わっているかを確認して選択するといいでしょう。


分析対象・分析方法を明確にする

自社が分析対象を明確にしておくことで、必要なデータが見えてきます。たとえば売上向上を目指すのであれば、これまでの売上データから購買している年齢層や購入されている時間帯のデータ、購入した理由などのデータがあれば有効なデータを作成できるでしょう。


また分析方法も明確にするといいでしょう。分析方法には購入者の特徴ごとにグループ分けを行い、グループごとに施策を打って効果を高める「クラスタリング」や製品・サービスごとに相関性を見つける「マーケット・バスケット分析」などがあります。


自社でどの層にどのような製品を訴求して、売上を向上したいかなどを考えていくことで、どの分析方法が適しているかを判断できます。


操作画面が使いやすいものを選択する

データマイニングツールを導入したとしても、実際に操作する担当者が使いにくければ最大の効果は発揮できません。


データマイニングツールは製品によって特徴やレポート表示の見え方などさまざまです。またデータマイニングはデータの収集から加工、分析、検証までを仮説検証の繰り返し、最適解を探していきます。


そのため担当者が利用してストレスを感じない操作感が大事になります。


費用対効果を計算して選択する

データマイニングツールには高額なコストがかかります。導入コストはもちろんのこと、保守コスト、コンサルティングコストなどランニングコストなどもかかってきます。


そのため費用対効果がきちんと得られるか計算して選択することが大事です。さまざまな分析ができる、レポートが見やすいなどは重要な点です。しかしそれらに加えて、自社が期待するメリットを享受できそうか、考えうる利益を出すことができそうかなども考える必要があります。


データマイニングツールを導入しても、効果が期待値以下では本末転倒です。そのため気になる製品を見つけた場合は、きちんとした費用対効果を見積もり選択することが大事になります。

データマイニングツールを導入するメリット

売上の向上

売上向上はデータマイニングツールを導入して最もメリットがある点と言えます。なぜならデータマイニングでは売上データや顧客データ、商品データ、天候などの外部データなどあらゆる面から分析を行い、売り上げ向上の理由を掴むことが可能だからです。


たとえば「雨の日にはこの商品とこの商品の組み合わせがよく売れるので、天気予報を見てこの商品の発注を多くしよう」「チラシを打った日は、大きく掲載されている商品の売上が〇〇%上がった」などです。


こうした売上の動向や顧客の傾向などを掴むことで、データに紐づいた売り方ができ、売上向上が期待できます。


製品の品質向上

製品の品質向上にもデータマイニングツールは貢献します。例えば自社製品の故障データなどの分析を行った時、どのような条件下で故障が起きやすいのか、故障が発生しやすい箇所はどこか、どれくらいの時間をかけると故障するのかを把握できるでしょう。


把握したデータを活用して製品の改善につなげられれば、故障率の低減につながります。こうしたデータは製品の改良やバージョンアップにも活用できるので、製品の品質向上にもつながっていきます。


顧客満足度の向上

ビジネスを継続していくうえで、顧客満足度の向上は欠かせません。顧客満足度を向上させ、自社や製品のリピーターになってもらうことで、長期的に安定した利益を得られるためです。


マーケティングの世界には新規顧客を獲得するには、既存顧客の5倍のコストがかかるという「1:5の法則」があります。コストがかからずに、安定した経営を行なっていくためには顧客にリピーターになってもらうことが大事とされています。


こうしたリピーターを作ることにも、データマイニングは有効です。顧客の購買履歴や行動履歴などのデータを分析し、インセンティブやキャンペーンを打つことが可能だからです。データを分析し、有効な施策を打てれば、顧客満足度の向上につながります。

データマイニングツールでできること(主な機能)

データ収集機能

データマイニングを行い、データの精度を上げるためには多角的で多くのデータが必要です。そのためデータマイニングツールでは顧客データや販売データ、商品データ、その他の内部データなどあらゆるデータを収集します。


データ保管機能

収集したあらゆるデータは膨大なものになることが多いです。そのためデータマイニングツールには、収集したデータを保管することに特化したデータレイク機能やデータウェアハウス機能が備わっています。


これらの機能を活用することで、企業内のあらゆるデータや日々更新されるデータを一元的に管理することが可能になります。


データ加工機能

あらゆるデータの収集を行なった後は、データマイニングを行うために収集したデータを加工します。具体的には販売データなど数値を用いるデータの形式を統一するなどです。データの加工を行うことで、システム上で動作が行える状態になります。


データクレンジング機能

データクレンジングとは「データの文字化けや重複、入力ミスの修正、不必要なデータ削除などを行い、データの正規化を図ること」です。データを整理し、データマイニングの分析精度を上げることにつながります。


データ分析機能

データ分析機能にはさまざまな技術があります。人工知能を活用した「機械学習」や統計学などを活用した「回帰分析」「主成分分析」などです。


機械学習が備わっているシステムであれば、データを自動で学習し相関関係を発見してくれます。また統計学を利用した分析を行う際には、データマイニングツールが専門的な部分を補助してくれるため、スムーズに取り組むことが可能です。


シナリオ構築

シナリオ構築とは分析を行なった結果の購買行動の観測を行うことです。たとえば雨の日にA商品とB商品が合わせて売れるという分析結果が出た場合、分析通りの効果が出るかを観測します。そのため実際の効果を確認し、さらなる改善につなげることが可能です。


シナリオ構築を行えば設定された情報で自動的に分析ができるので、業務効率を高めることにもつながります。


レポート機能

データマイニングツールのレポートには視覚に訴える機能があります。具体的には円グラフや棒グラフ、折れ線グラフなどの活用です。分析した結果をもとに最適なグラフの作成が可能となっています。


グラフを活用したレポート機能により、どこに課題があるのか、売上がどれくらい変化したのかを瞬時に判断することが可能です。


ダッシュボード機能

「計測器」を意味するダッシュボード機能も備わっています。ダッシュボード機能を活用することで、自社にとって重要なデータを簡潔にまとめ、表やグラフを利用して見やすく表示できます。


たとえば日々の売上データなどをリアルタイムに近い結果を常時表示させることで、日々どのように変化しているのかを知ることが可能です。また目標値など設定すれば、現時点でどれくらい達成しているか、あとどれくらいで達成できるのかを瞬時に確認できます。

平均2分!ぴったりのデータマイニングツール探しをミツモアで

データマイニングツールを導入するといっても、製品によって機能や料金はさまざまです。「製品が多くて、どのシステムを選べばいいかわからない…」といった方も多いのではないでしょうか。


そんなときはミツモアにおまかせください。従業員数や欲しい機能など項目を画面上で選択するだけの自動診断で、データマイニングツール候補が見つかります。もちろん費用はかかりません。


さらに最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬシステムとの出会いもあるかもしれません。ミツモアなら、あなたにぴったりのデータマイニングツールがすぐに見つかります。

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。