大阪のホームページ制作会社を見つけよう
大阪のホームページ制作会社を見つけよう

人目を引くオシャレなホームページを制作しよう!Webデザインの依頼はこちらから。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
70万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
325億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

ホームページ制作会社登録数、日本最大級!

大阪府のホームページ制作会社を探しましょう。

ホームページの制作は高度な技術とセンスを持つプロに依頼しましょう。

プロに任せれば、オリジナリティーのある魅力的なwebデザインを提案してくれます。もちろん、パソコンだけでなく、スマホにも対応したホームページも制作できます。

予算に限りがあってもご安心ください。ホームページ制作を手軽な料金で行なってくれるプロを探すこともできます。

htmlの作成からホームページのリニューアル、アクセス解析やGoogleの検索順位対策、CV改善・最適化まで任せられるホームページ制作、全てプロにお任せして、会社のイメージに合ったホームページを作成しませんか。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

大阪府のホームページ制作会社を選ぶときのポイント

大阪府のホームページ制作会社を選ぶときのポイント

では、自社に最適なホームページ制作会社をどのように見つけることができるでしょうか。以下、4つのポイントを参考に探してみるとよいでしょう。


1.制作実績をチェックする

ホームページ制作会社のWebサイトを見ると、必ずこれまでの制作実績が掲載されています。どのような業種のホームページ作成に携わってきたのか、制作事例件数はどれくらいか、そして大手企業から中小企業まで実際にホームページ作成を依頼したクライアント名や制作会社を利用してみた感想など、さまざまな情報を知ることができます。これらの情報は、自社にとって最適な制作会社を見つけるヒントになるので、ぜひチェックしてみてください。


また最近の制作会社はホームページ作成だけでなく、作成後のwebマーケティングにも対応していたり、動画作りなどの新たなコンテンツ制作も行っている会社が多数あるので、自社が抱える課題をトータルで解決・改善できるかもしれません。制作実績に加え、どのようなサービスを提供しているかという点も参考に検討してみるとよいでしょう。


2.得意ジャンルを調べる

ホームページ制作会社にはそれぞれ得意とするジャンルがあります。


例えば会社や企業などのコーポレートサイトの制作が得意な会社、ECサイトの制作や設計を強みとする会社、美容院など予約サイトの設計を得意とする会社など、制作会社によって得意・強みとするジャンルが異なります。得意なジャンルであれば、それだけ実績や知識も豊富なので、適切なアドバイスを受けたりより良い成果が期待できます。


これらの情報もホームページ制作会社のWebサイトから知ることができるので、事前に得意分野をチェックしてみましょう。


3.料金相場を事前に提示してもらう

ホームページ作成にあたり、事前に料金を提示してもらうことはとても重要です。


なぜならサイト構築には作成するページ数はもちろん、バナーやロゴの作成、スマホやタブレットといったデバイス対応など、ホームページの制作内容や仕様により料金が大きく変わってくるからです。


また前述のように、ホームページ作成後の運用も任せるとなるとさらに別途費用がかかってきます。ホームページ制作会社のWebサイトから料金プランを確認することもできますが、サイト構築にはいくつもの工程が細かく分かれているため、どこからどこまでの工程が料金に含まれるのか詳細が知りたい場合は、直接問い合わせすることをおすすめします。


さらにサイト構築の料金相場を知るために、複数の会社に見積もりの依頼をして比較しておくことも大切です。


4.電話やメール・商談の対応

Web制作には、専門的な内容や用語がたくさん出てきます。依頼する側の担当者が必ずしもWeb関係に強いとは限らないので、疑問点や質問に対して分かりやすく丁寧に説明してくれるかどうかは重要なポイントになります。これらの対応は今後何か問題が生じた場合のサポートにも関わってくるので、複数の会社に電話やメールで問い合わせをして対応を比較してみてください。

大阪府にあるホームページ制作会社の相場は?

大阪府にあるホームページ制作会社の料金相場は下記の表を参考にしてください。


WEBサイト種類相場
テンプレートサイト
約100,000~150,000円
オリジナルサイト約300,000~500,000円


テンプレート使用したホームページは費用を安く抑えられる代わりに、他社と差別化できないのが特徴です。一方でオリジナルサイトはテンプレートサイトと比較して費用が高くなってしまいますが、自社オリジナルのデザインを施せるのが特徴。また自由度が高いので、独自のシステムを導入することも可能です。


ホームページの制作費用は、依頼内容によって大きく異なります。そのためホームページの料金相場は参考程度に考えておきましょう。明確な料金が知りたい場合は、事前に見積りをしてからホームページ制作を依頼するのがおすすめです。

大阪府にあるWEB制作会社の料金比較


WEB制作会社名料金表
株式会社ネクストワン
  • PRサイト(5~10ページ程度):170,000円~
  • CMSサイト(5~10ページ程度):200,000円~
  • ECサイト(10~15ページ程度):300,000円~
グローバーデザイン
  • ライトプラン(5ページ):250,000円~
  • ベーシックプラン(5ページ):330,000円~
  • マスタープラン(10ページ):700,000円~
  • ランディングページ制作:30,000円~
  • 特急料金プラン:条件により応相談
STEP UP WEB
  • ホームページ制作:49,800円~
  • 介護施設向けWEBサービス:月額7,980円~
BFind株式会社
  • ホームページ制作:月額10,000円~
株式会社alter
  • スタータープラン(1ページ):175,000円
  • ベーシックプラン:335,000円
  • マスタープラン:750,000円~
S&Eパートナーズ株式会社
  • 企画提案プラン:500,000円~3,000,000円
  • おまかせプラン:600,000円~1,800,000円
ピーバイエス株式会社
  • とにかくお安く(4ページ):90,000円
  • デザイン重視(5ページ):250,000円
  • プロにお任せ(7ページ):400,000円
  • 集客するHP(15ページ):800,000円
株式会社オールマネージ
  • スタンダードプラン(10ページ):500,000円~
  • こだわりプラン(15ページ):800,000円~
株式会社パジナグラフィコ
  • バリュープラン(6ページ):198,000円
  • ベーシックプラン(11ページ):380,000円
  • プレミアムプラン(21ページ):580,000円


大阪府のホームページ制作会社に依頼する前にやっておくべき事前準備

ホームページの制作依頼は、目的や意図をしっかりと依頼先に伝えないと、「意図したホームページにならなかった」「制作したのに思うように成果が出ない」「運用ができずに、更新が止まってしまう」といった失敗に繋がってしまいます。


ここからは、大阪のホームページ制作会社やフリーランスに依頼する前に、やっておくべき4つの事前準備について解説をしていきます。


①ホームページを制作する目的を明確にする

まずは、会社のホームページを制作する目的を明確にしましょう。


ホームページを制作する目的は様々です。

  • お客様に商品やサービスを知ってもらいたい
  • 会社のホームページを見てもらうことで取引先からの信頼を得たい
  • お客様からの資料請求やお問い合わせを増やしたい
  • 新卒や中途の採用を増やしたい

それぞれの目的によって、ホームページのデザインや持たせる機能が異なってきます。


「何となく必要だから...」「デザインが古いから...」といった曖昧な目的で、ホームページを制作すると、得たい成果が出ないケースが往往にしてあります。ホームページを制作した結果どんな成果を得たいか、から逆算して目的をしっかりと定めましょう。


また、「誰にホームページを見てもらいたいか」というターゲット選定も大切です。ターゲットの性別や年齢・住所など顧客像を明確にし、制作会社にしっかりと伝えることで、イメージ通りのホームページを制作することができます。


②予算や納期を決めておく

ホームページ制作にかけることができる予算や、いつまでに制作会社から納品してもらいたいかといった納期を決めておきましょう。


ホームページ制作にかかる費用は、安ければ10万円程度ですが、ページ数の多い大規模サイトやデザインに凝ったサイトでは100万円を超えます。


また、デザインとコーディングだけを発注する場合や、独自システム(CMS)を構築する場合や店舗の予約管理システムなどを持つ場合など、制作内容によって、大きく費用が変わってきます。


制作会社に任せてしまうと予想以上に予算がかかってしまうことがありますので、ホームページ制作の目的に応じて、いくらまで予算をかけれるのかを事前に決めて、制作会社の担当者に伝えるようにしましょう。


また、納期に関しても、制作会社に具体的に提示しましょう。案件を多く抱えている制作会社の場合、具体的な納期を明示しないと後回しになってしまうケースがあります。制作会社との調整が必要ですが「◯月末までに納品」など、具体的な日付を提案することをおすすめします。


③ホームページ公開後の運用方針を決めておく

ホームページは完成した後に、SEO対策やコンテンツマーケティング・SNSアカウントなどWebマーケティング施策を継続的に行なっていくことで、効果的に集客ができます。


しかし、Webマーケティングを成功させるためには、GoogleアナリティクスやAdobeアナリティクスといったアクセス解析に関する知識や、SEOに対する知識が必要不可欠です。


自社にWebマーケティングのノウハウや経験があるマーケターがいる場合は、自社で運用していくことも可能ですが、マーケターがいない場合は、運用を代行もしくはサポートを依頼する必要があります。


制作会社によっては、ホームページ公開後の運用や改善をサポートする会社もありますので、自社での運用が難しい場合には、サポートに対応している制作会社を見極めることが大切です。


④RFP(提案依頼書)を作成する

「RFP(提案依頼書)」とは、ホームページ制作の概要やホームページ制作の概要や現状の課題・サイトに実装したい機能やイメージをまとめた資料です。

【RFPに書くべきもの】

  • ホームページ制作の概要
  • 会社や事業の概要
  • 現状の課題(事業やホームページの問題点)
  • サイトに実装したい機能
  • 法務要件
  • 予算 / 納期
  • プロジェクトの進め方

ホームページの完成イメージを、RFPを通して言語化することによって、制作会社とのイメージの乖離を防ぎ、想定したイメージ通りのホームページを作ることができます。


ホームページ制作を失敗しないためにも、RFPの作成をおすすめします。


発注前に必ず見積もり書を作成してもらおう

ホームページ制作を依頼する前には、制作会社に見積もり書を作成してもらうようにしましょう。


ホームページ制作の見積もり書には、以下のような項目が記載されています。


  • 進行管理費:ディレクション費と記載されることもあり、打ち合わせや資料作成などにかかる費用を指します。当然ですが、大規模サイトほど工数がかかるため、進行管理費も高くなります。
  • KPI策定 / コンセプト:ホームページ制作の戦略設計にかかる費用です。デザインとコーディングのみを依頼する場合には、この費用はかかりません。
  • サイト設計:ホームページの設計図であるワイヤフレームや、サイトマップを作成する費用です。制作会社によっては進行管理費に含まれます。
  • デザイン:ホームページのデザインにかかる費用です。サイトのページ数や、デザイナーの工数によって決まります。テンプレートなどを利用することで、デザイン費用を抑えることも可能です。
  • 撮影:写真やイラスト素材の使用料金になります。コーポレートサイトの場合、代表者や役員の写真や、オフィスの撮影が必要となってくるため、カメラマンのアサイン費用や出張費用もかかってきます。
  • コーディング:作成したデザインをブラウザ上に反映するためにソースコードを記述する作業にかかる費用です。
  • 環境構築 / 機能実装:サイトをアップロードするサーバー代やドメインの取得費用、またCMSシステムや予約システムなどの機能の開発・実装にかかる費用です。
  • テスト:制作したホームページが、実際に動作するかのテストにかかる費用です。

多くの制作会社では、上記の項目が見積もり書に記載されています。記載されていない項目や、理解できない内容が書かれている場合には、必ず制作会社の担当者に確認を取るようにしましょう。

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?