広島県尾道市日比崎町
瀬戸務税理士事務所

瀬戸務税理士事務所

4.9

(口コミ23件)
事業者確認済

瀬戸務税理士事務所について

自己紹介(事業内容・提供するサービス)

こんにちは、税理士の瀬戸です。私は広島県で瀬戸務税理士事務所を経営して14年になります。 経歴は大学卒業後、木材商社に3年勤務し、父の税理士事務所に勤務の傍ら、資格を取得し23年です。 社会的な役職として、地元大学の評価委員、中学校の評議委員、社会福祉法人や一般財団法人の監事に加え、特定非営利活動法人や公益社団法人の顧問税理士もさせてもらっています。 経営者の皆さんの税務以外の悩みや相談についても、他の士業と連携して解決できるネットワークを持っていますので、よろしくお願いします。

基本情報

経験年数23
従業員4

営業時間

月 - 金
日, 土
9時〜17
定休日

資格・免許

税理士 87161

瀬戸務税理士事務所の口コミ

4.9

23件のレビュー
5
87.0%
4
13.0%
3
0.0%
2
0.0%
1
0.0%
23
森本 聡

5.0
確定申告の税理士
2年前
会社の確定申告をお願いしました。 親切、丁寧、そして柔軟に対応して頂きました。会社をより良くするために親身になって相談にのって頂きました。感謝申し上げます。

プロからの返信

ありがとうございます。 至らぬ点もございましたが、今後とも、よろしくお願いします。

依頼したプロ瀬戸務税理士事務所
S

5.0
確定申告の税理士
3年前
ご経験が豊富なのが仕事ぶりから感じました。もっと早く出逢いたかったと思った税理士の先生です。 親身に歩み寄ってくださり数字の面からもご教示いただけるのも個人事業主としては大変有難く、期待以上にお応え下さるので今後も引き続きお願いすることにいたしました。

プロからの返信

ありがとうございます。 これからも、ご期待に副えるべく精進してまいりますので、よろしくお願いします。

依頼したプロ瀬戸務税理士事務所
K

5.0
顧問税理士
3年前
依頼前から丁寧かつ親身になって下さいましたのが決め手でした。 実際の依頼内容に対しても的確かつ迅速にご対応下さり、お願いしてよかったと心から感謝しています。色々とご教示いただけるので、今後も引き続きお願いすることにいたしました。

プロからの返信

ありがとうございます。 これからも、よろしくお願いします。

依頼したプロ瀬戸務税理士事務所
合同会社 SERIOUS

5.0
顧問税理士
3年前
とても困っていた時に、ずごくいい対応をしてもらい本当に良かったです。 これからも顧問税理士で対応してもらおうと思います。

プロからの返信

口コミありがとうございます。 業務については至らない点もありましたが、ご容赦ください。

依頼したプロ瀬戸務税理士事務所
吉岡真二

5.0
確定申告の税理士
3年前
ありがとうございました。

プロからの返信

こちらこそ、ありがとうございます。 これからも、よろしくお願いします。

依頼したプロ瀬戸務税理士事務所

瀬戸務税理士事務所のよくある質問への回答

Q

顧問税理士を変更した際の会計データはどのような形で引き継ぐのがいいのでしょうか?

A

まず、試算表や内訳書より、勘定科目、補助科目、期首残高を入力します。 次に、仕訳データを旧会計ソフトからcsvファイルで掃出し、新会計ソフトに取り込みます。 なお、勘定科目等のデータ連携ができる様であれば、仕訳データと同様に、csvファイルで取り込みます。

Q

定年退職後、年金の他に株取引で20万以上の収入がありました。申告の方法を教えてください。

A

特定口座をお持ちでしたら、証券会社より特定口座年間取引報告書が届きますので、それを確認して、確定申告が必要かどうか判断します。 お持ちでない場合は、証券会社から送られている資料のうち、取得時の単価と価格がわかるものと、売却時の単価と価格がわかるものを用意して、確定申告します。

Q

確定申告をしたいのですが、源泉徴収票がない収入があります。どうすればいいですか?

A

まずは、支払先に源泉徴収票の発行をお願いしてみてください。 難しい場合は給料明細書や支払調書等で、確認します。

Q

個人事業主です。今期、数百万の利益が出ます。今からできる節税対策はありますか?

A

まず、従業員の皆さんへの決算手当を支給しましょう。 次に、固定資産の修理や買い替え、デジタル化への対応を考えてください。 上記の場合、税制上の優遇措置についても考えて行いましょう。 また、法人成りのタイミングについて税理士に相談しましょう。

Q

起業しました。法人税の節税対策として、起業時からしておくべきことは何でしょうか?

A

起業当初は財務基盤が強固ではないため、節税対策としての社外への支出は慎むべきです。 経営者の事前確定届出給与を決算月に設定して、利益が出れば支給し、いざという時の資金に備えるのが良いと思います。