ミツモアロゴ

カメラマン米本満穂:女性ならではの気配りで、エステサロンから家族写真まで丁寧に撮影

無料でカメラマンの仕事を受け取る
結婚式の写真撮影
最終更新日: 2018年10月15日

「好奇心と行動力は負けません!」京都在住の女性カメラマンをクローズアップ!

女性ならではの視点で撮影してくれると好評

エステサロンなどの撮影では、女性カメラマン限定の依頼案件が少なくありません。モデルさんが女性カメラマンを希望したり、女性目線で撮ってほしいというオーナーさんの希望も増えているようです。

ミツモアにも素適な女性カメラマンが登録してくださっていますが、今回のミツモア通信では、京都在住の女性カメラマン・米本さんをピックアップ!

米本さんは、フリーランスのカメラマンになって3年目。大学時代は外国語を専攻していましたが、ある写真コンテストに入選したことがきっかけで世界に飛び込んだという少し変わった経歴です。ロケーションカメラマンから、コマーシャルフォトまで経験も豊富で利用者さまからの評判も高い米本さんをクローズアップしました。

コンテスト入賞をきっかけに、カメラマンになることを決意

Q,米本さんがミツモアに登録したきっかけは何ですか?

「先輩のカメラマンに勧められたのがきっかけです。今年の7月ぐらいだったでしょうか。いろいろ活躍の場を広げたいと思っていた時期だったので、すぐに登録させてもらいました。」

Q.これまではどんな仕事をされていたのですか?

「フリーランスになって3年目なのですが、ロケーションフォトプランの専属カメラマンとしてスタートしました。これは何かというと、観光客の方が旅の思い出として、レンタルの着物を着て風情あふれる京都の町並みや有名観光地を背景に、プロカメラマンが写真撮影をするというものです。」

Qさすがは京都在住のカメラマンらしい仕事ですね。外国人の観光客の方が多そうですが、言葉の壁は?

「海外のお客さま、特にアジアの方が多かったですね。会話はというと、私は外語大出身で英会話がまあまあできたので苦になりませんでした。地元ならではの仕事でしたし、いろいろな方を撮影できて勉強にもなりました」

大学はカメラとは無縁の専攻なんですね。米本さんがカメラマンになったきっかけは何だったのでしょうか?

「もともと写真を撮るのは大好きで、普段からいろいろ撮影していました。でも、カメラマンになるなんて、まったく思っていませんでした。ある日、コンテンツワークス株式会社の行っているPhotobac(おしゃれな仕上がりと美しいレイアウトが評判のフォトブック)のコンテストで自分の作品が入選し、それがきっかけでプロカメラマンを志しました。」

ご両親の反対を覚悟されたようですが意外にも応援され、それからは、さまざまなことを勉強して現在に至っているそうです。

実は米本さんには、30歳までに“こうなりたい”と思っているカメラマンとしての目標があるとか。「時間はあっと言う間に過ぎるもの。全力疾走で頑張ります」と熱く語ってくれました。

写真は仕事でありライフワークでも

女性ならではの気配りを最大限に活かしたい。人物なら特に赤ちゃんの撮影はおまかせ!

ミツモアに登録してから3カ月ほど経ちましたが、成約率や使い勝手を伺ってみました。

「見積もりは10件ほど出しました。成約率は3件に1件といったところでしょうか。すでにエステサロンの撮影やブライダルの撮影などのお仕事をさせていただきました。

もともと人物を撮影するのが好きなので楽しく仕事をさせていただいています。ミツモアのサイトを使ってみて良かったのは、見積もりを出すのが5名までというところ。さらに、さまざまな案件が多く、いろいろなお客さまとお仕事ができるチャンスがあるので、大変ありがたいと思っています。」

Q.女性カメラマンということで、メリット、デメリットはありますか?

「これまでデメリットは特に感じたことはありません。メリットは、女性限定でという案件があることです。たとえば、整体院やエステサロンだと、モデルさんが施術を受けているシーンを撮影するため、やはり女性カメラマンに撮ってもらいたいという希望があるようです。また、女性目線でやわらかいイメージで撮影してほしいと言われることもありますね。

モデル撮影の場合、女性ならこういう所が気になるだろうなと気をきかせるようにしています。キメ細かい気配りができるのは女性ならではなのかな…と思いますね。」

Qなるほど。男性だと気付きにくい点は確かにありますね。他に米本さんの特徴は何でしょうか?

「ロケーションカメラマンとして腕を磨いてきましたので、自然光で人物を自然な表情に撮ったりするのが得意ですね。ブライダル写真はもちろん、家族写真、特に赤ちゃんの写真はおまかせください!」

人物は表情が大切。現場では、表情がよく確認できるように、持ち歩いているタブレットの大画面で表情がはっきりと確認できるようにしているそうです。

フェイスブックなどでも常に発信しています

来年の春には展覧会を予定。仕事に展覧会準備に忙しい日々

ロケーション撮影の場合はフットワーク良く、室内撮影では照明を駆使して、自分らしいカメラワークを披露する米本さん。自分の特徴を一言でPRすると?

「キャッチ―な写真家を目指しています。自分らしい個性で心に残るのはもちろん、常にアンテナを敏感にして、今、どんな系統の写真が流行っているかを勉強しています。」

日々、勉強という米本さん、仕事意外、写真家としての活動も積極的に行っているそうだ。

「来年の4月に京都のギャラリーで2人展を開く予定です。現在、仕事をしながら準備を進めている最中です。また、フェイスブックやツイッターにも作品をアップしています。

自分の好きな世界に飛び込む勇気、そして夢を追いかける真摯な姿勢にとても共感しました。また、京都の風景が浮かぶようなお話しも聞け、とても楽しいインタビューとなりました。

お忙しい中、ていねいに取材に応じてくださった米本さん、ご協力をありがとうございました。

一瞬の表情を撮るのが好きです。展覧会に向けて日々、模索中

ミツモアは、プロの皆さまと、そのワザを求めているお客様を結ぶお手伝いをいたします。そして、みなさまと一緒に成長していきたいと思っておりますので、ぜひ、ご登録のご検討をいただければ幸いです。

出張カメラマンを探す

【取材協力してくださったカメラマン紹介】

■プロカメラマン 米本満穂

京都在住。ロケーションフォト、コマーシャルフォト、スクールフォト、セレモニー撮影、イベント・パーティースナップなど経験豊富。 写真教室講師などもさせていただきました。 クライアント様のご依頼内容に沿えるよう全力を尽くして撮影させていただきます。 お気軽にお問い合わせ下さいませ。 よろしくお願いいたします。

これまでの実績

ロケーションフォト(ポートレート、家族写真、ブライダル前撮り) コマーシャルフォト、セレモニーフォト、スクールフォト イベント・パーティースナップ 取材撮影、物件撮影、舞台撮影、成人式前撮り 写真教室講師(スマホ/一眼レフカメラ)