ミツモアロゴ

ピアノの処分方法5選|運送費や買取まで料金相場が丸わかり

ぴったりの不用品回収・廃品買取業者をさがす
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年07月01日

購入当時は必要なものと思っていても、時が経ち状況が変化していくにつれ不要なものとなり、屋内スペースを圧迫する存在になってしまうということ、かなりありますよね?

とくにピアノなどはその代表格ではないかと思います。子どものために買ったとしても、成長につれて弾かなくなってしまったりなんてことは、どこのご家庭でも見られることではないでしょうか。

今回は、そんな不要になってしまったさまざまな種類のピアノをどのように処分すればよいのかということについて解説していきます。ご家庭にピアノが放置されているという方、ぜひご覧ください。

ピアノの買取目安は35年|電子ピアノは8年

ピアノの買取目安は?
ピアノの買取目安は35年|電子ピアノは8年

できるだけお金を払いたくない、むしろいくらかおこづかいがほしいということで、ピアノの買取りや引き払いを検討される方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、買取りにあたって注意しておくべきポイントとして、「買取目安」というものが存在するのです。まずは、この事柄に関して解説を行っていきましょう。

買取してもらえないピアノとは

業者に受けつけてもらえないというケースはそう珍しいことではありません。「楽器」というアイテムの特性上、きちんと音が出せるかどうかが重要となるからです。

たとえば、ピアノ線に激しい傷や経年劣化が見られ、調律が不可能とみなされるようなものです。また、電子ピアノであったとしても、メーカーによる保証期間が無効になっていると買取してもらえる可能性がかなり落ちます。

これらの状態のピアノをなんとか処分しなければとなった場合、買取りは期待できずむしろ処分料を取られる可能性が高いです。ただし、製造から30~40年が経過していても、外観がきれいで正常な音が奏でられるのであれば、買取を行ってもらえるかもしれません。

ピアノの買取目安は35年

買取目安というのは、ピアノのもうひとつの寿命のようなものです。これ以上の年月を経過したピアノは買取してもらえる可能性がかなり低くなっていきます。

一般的なピアノの買取目安はおおむね30~35年程度とされています。たとえば2000年代に造られたピアノは20~30万円での買取が期待できますが、70年代製造のものでは金額がつかないといった場合もしばしばなのです。

電子ピアノの場合、構造上の問題から8~10年程度とかなり短めです。理由としては、世代間でのデジタル機器の性能差が大きいということ、古くなった電子部品の故障リスクが一般的なピアノよりも高いということが挙げられます。

 買取されないピアノの対処

それでは、買取が不可能である場合の処分方法についてですが、ピアノの種類(とくに一般的なピアノ)や構造によっては自治体でも処分を受け付けてもらえないこともあります。

そのため、ピアノの解体処分を専門としている業者へ依頼するほかありません。なぜこのようなことをしなければならないかというと、ピアノの処分には専門的なスキルが必要となるからです。

たとえば、ピアノ線を何の知識もない方が無理に外そうとすると、いきおいよく跳ねて大ケガにつながるおそれがあります。それに加えて木片によるケガやピアノ自体の重さによって事故が発生するという可能性もあるのです。

だからこそ、不要なピアノは持ち主が自身で解体処分するのではなく、専門的なノウハウや知識を持っている業者へと依頼するのが最適なのですね。

ピアノの運搬は専門業者への依頼が必要

ピアノは専門業者へ依頼しよう
ピアノの運搬は専門業者への依頼が必要

ピアノがほかの楽器と異なる部分は、その大きさでしょう。種類によっては部屋ひとつを占有しかねないほどの大きさを持つピアノを、1人で運び出すことは到底できないはずです。

ですので、これもまた専門の業者へと依頼する必要があります。この項目では、運搬業者に関する相場やほかの気になるあれこれを解説しているので、忘れずチェックしてください。

業者によっては引き受けてもらえない

専門業者へ依頼する際に気をつけておきたいのは、「その業者がピアノ運搬を受け付けているのか」ということです。運送業者や引っ越し業者の中には、ピアノの運搬を引き受けていないところもあります。

なぜかというと、ピアノの運搬というのはかなりの手間を要するからです。横幅が非常に大きく重さもあり、なおかつ慎重な扱いをしなければ破損リスクが高まるピアノは、厄介な存在とも言えます。

ですので業者選びにあたっては、必ずピアノを運べるかどうかを、できれば対象となるピアノのおおまかな大きさや重さを伝えたうえで確認するようにしましょう。

専門業者の運送相場

専門の業者へ運搬を依頼する場合の料金についてですが、これはピアノの種類によって変わってきます。傾向的に、小さくシンプルな構造のピアノであればあるほど安いようです。

もっとも料金が高いのはグランドピアノです。業者へグランドピアノの運搬を依頼するとなった場合、相場としては大きさに応じて3万~7万円程度となっています。

アップライトピアノはそれより安く大きさに応じて1万7,000円~4万円程度です。エレクトーンに関してはさらに安く、1万3,000円~3万円程度となっています。

2Fからおろす方法

ピアノが家の2階に設置されている場合は、先述した料金に加えてさらに追加費用が発生することとなります。2階にあるピアノを外へ持ち出すというのは人力のみではとても難しく、何かしらの特別な方法も用いなければならないからです。

その方法については、クレーンが主流です。屋上やベランダまでひとまずピアノを持っていき、そこからクレーンで引き上げるというやり方です。クレーンが使えないような現場では、人力で引き上げ、手吊りを行うことによって持ち出します。

相場ですが、クレーンで搬出を行う場合はだいたい1万8,000~2万5,000円程度となり、手吊りの場合はそれより料金が高くなって3万~4万5,000程度となります。

調律を合わせて行ってくる業者がおすすめ

搬出の際に注意したいのが、ピアノの調律をどうするかということです。調律というのはいわばピアノが奏でる音のバランスですが、搬出の際の衝撃でこれが乱れてしまうことがあるのです。

そのため、業者を選ぶ際はピアノの調律が行えるかどうかをチェックしておきましょう。音の狂ったピアノでは、査定にもかなり悪い影響を及ぼしてしまいますからね。

ピアノの調律自体の料金は1万2,000~1万5,000程度ですが、運送とセットで依頼を行うことによって、いくらか割引してもらえることもあるようです。

ピアノ買取業者の買取相場

ピアノの買取相場は?
ピアノ買取業者の買取相場

わざわざお金を払ってピアノの処分を依頼するよりも、誰かに買い取ってもらった方が精神的にも金銭的にもうれしさを感じられないでしょうか。

この項目では、ピアノを買取業者に依頼した場合の相場などについて解説を行っていきます。不要ピアノの買取をご希望の方はぜひチェックしてください。

ヤマハ・カワイの30年以内のピアノの場合

数あるピアノの中でもとくに高い価格で買い取られやすいのは、ヤマハ(YAMAHA)やカワイといった有名メーカーの品です。とくに、3ペダルのものにはよい値がつきやすい傾向があります。

相場として、製造から30年経ってないヤマハの良質なアップライトピアノの場合は種類にもよりますが、おおむね8万~40万、グランドピアノの場合は20万~100万程度となっています。

カワイの場合、アップライトピアノは3万~17万、グランドピアノは5万~40万とヤマハに比べると少し控えめではありますが、それでもなかなかの値段で買い取ってくれます。

それ以外の場合

そのほかのメーカーのピアノを買取に出した場合、どれぐらいの価格になるのでしょうか。調べてみたところ、メーカーによって大きな差が生じるようです。

アップライトの場合、ボルドーのものは12~13万程度と比較的高いのですが、そのほかのメーカーはアトラスやカイザーが5~6万、アポロや東洋ピアノが1~2万程度と、全体的に安めです。

グランドピアノに関してですが、ボストンのものが60~100万程度、スタンウェイのものが30~50万、ディアパソンのものが10~18万程度と、これもメーカーによってかなり差があります。

電子ピアノの場合

電子ピアノの場合、先述したような性能差や品質劣化の問題もあって、一般的なピアノより買取の価格が安く見積もられる傾向にあるようです。有名メーカー品でもそれほど高くありません。

ヤマハ製の電子ピアノは高くて2~3万、安くて2~3,000円です。大してカワイ製電子ピアノは1万~2万程度となっています。

そのほかのメーカー製ではカシオ(CASIO)のものが8,000~1万円程度、KORGが5,000~20,000円程度となっており、一般的なピアノと比べると価格の差が目立ちます。

買い取られたピアノは海外で再利用

ピアノの買取業者が存在するということ自体はよく知られていますが、買い取られたピアノがいったいどうなっているのかということはあまり知られていないようです。

買取が完了したピアノはまず技術者の元へ送られ、本来の性能や見た目をよみがえらせるための清掃およびメンテナンス、調律に部品交換などが行われます。

その後、日本国内のリサイクルショップなどで販売される場合もありますが、中には世界各国に輸出され、子どもたちによって楽器として再び使われることもあるそうです。

粗大ごみは受付してもらえない自治体が多い

粗大ごみが捨てられない?
粗大ごみは受付してもらえない自治体が多い

「わざわざ業者にお金を払って処分してもらうよりも、粗大ごみとして出した方が手軽で安あがりなのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、残念なことにピアノを粗大ごみとして受け付けてくれない自治体がかなり多いのです。その理由などについて、この項目にて説明を行っていきます。

なぜピアノは粗大ごみにならないのか?

一見その大きさや重量から粗大ごみのように思えるピアノですが、地方のみならず首都圏の自治体でも「収集できないもの」として分類されていることが多いようです。

その理由についてですが、内部のピアノ線が大きな原因です。ピアノ線は細かく砕くなどして処理することが難しく、廃棄を行うにあたってかなり扱いづらいのです。

ただし、一部の自治体では例外的にピアノの廃棄を受け付けている場合もあります。公式HPやパンフレットなどの資料に目を通して、捨てられるかどうか確認してみましょう。

電子ピアノはOKの場合も

一般的なピアノは構造上難しくはありますが、ピアノ線を使用していない電子ピアノの場合は、粗大ごみとして受け付けてくれる自治体も少なからず存在しています。

ただ、ピアノ線のせいで受付を断られるということはありませんが、その大きさ自体がネックとなって運搬できず、ゴミとして扱えないという場合は自治体によってあり得ます。

「わざわざ捨てる準備をしたのに受け付けてくれなくて困った」といったことにならないよう、事前に市役所などの公共機関に確認をとっておきましょう。

ごみとして出すのがどうしてもオススメできない理由

とは言え、もし最寄りの自治体で粗大ゴミとして出すことができたとしても、それを利用して処分する方法は個人的にはあまりオススメすることができません。

なぜかと言えば、自治体は家の中までピアノを取ってきてくれることはなく、集積所まで自分でピアノを運ぶ必要が生じてくるからです。その場合、手間であるだけでなく危険が生じてくるでしょう。

運んでいる途中でピアノを落として手や足を挟んでしまったり、転倒して押しつぶされてしまうというおそれは決してないとは言えません。安全に処分をするなら、専門の業者に任せるのが一番です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者とは
不用品回収業者に依頼する

自治体に粗大ゴミとして出すという方法はそもそも使える可能性が低く、あまり実用的ではないため、この記事では不用品回収業者へ依頼した方がよいと考えています。

その場合、費用面で気をつけるべきことや、そのほかに注意すべきことはあるのでしょうか。この項目でひとつひとつ解説を行っていきますので、ぜひチェックしてください。

業者によって料金の差が大きい

一口に不用品回収業者といっても、その数はかなり多いです。そのため、業者ごとのサービス内容、そして何といっても料金の差に関してよく見ておくべき必要があります。

たとえば、A社に依頼して不要なピアノの回収を行ってもらった後、よりサービスが充実していてなおかつ料金もはるかに安いB社の存在に気がつく、といったことが少なからずあるのです。

そうして後で「よく調べておけば・・・」と後悔する前に、複数の業者の料金やサービスを比較検討しておきましょう。ネットを使えば用意に調べることができるはずです。

手軽にまとめて処分できる

ここで、不用品回収業者へ依頼することによってどれだけの手間が省けるのか、考えてみましょう。それによって、その重要性をご理解いただけるはずです。

やはり大きなポイントは自分でピアノを運ぶ必要がないということではありますが、それに加えて梱包を行う手間も省けるので、かなり楽になります。

それに加え、しかるべき場所までピアノを持っていくといったこともしなくてよく、何より車を出す必要もないので、依頼するのとしないのとでは、大幅に状況が変わります。

念入りな事前の条件確認が必要

ただ業者に「ピアノを持って行ってほしい」と頼むだけでハイ終わり、というわけではありません。回収における細かい条件に関しても、しっかり話し合っておく必要があります。

たとえば、回収をするべきピアノがどこにあるのかという話です。ピアノが二階に置かれているにも関わらずそれを説明していないと、下手をすれば回収不可能となってしまいます。

ですので、ピアノの設置場所、そのほか重量や大きさ、種類などといったさまざまな条件について確認を行っておきましょう。もちろん、料金のことも忘れずに!

ミツモアなら複数業者をカンタンに比較できる

不用品回収業者を探すにあたって、マッチングサイト「ミツモア」はかなり役に立つことでしょう。少なくとも、自分で闇雲に検索を繰り返すよりはかなり効率がよいはずです。

ミツモアでは、エントリーをしている業者の詳細なプロフィールだけでなく、過去その業者へ依頼を行ったユーザーが投稿した口コミを閲覧することができるようになっています。

こうした機能をうまく活用すれば、自分と相性のよい優れた業者をかんたんに見つけることができましょう。検索機能も充実しているので、使いやすさ自体も魅力的です。

親族・友人に譲る

知り合いや友人にピアノをプレゼント
親族・友人に譲る

いらなくなったピアノを処分するための手段のひとつとして、それを欲しがっている親族や友人、あるいはネットで知り合った人に譲るといった方法があります。

この方法なら回収業者に頼むよりも比較的安い価格で処分をすることができますし、「大事にしていたピアノを捨てる」といううしろめたさを感じずに済みます。

タイミングが非常に重要

しかし、適当な知り合いや友人に「ピアノをいらないからもらって!」と気軽に譲渡することはできません。ピアノをもらってくれる人というのはかなり限られてくるはずです。

そのぶん、自分からピアノをもらってくれるという方はかなり貴重です。だからこそ、引き受けてくれる人が名乗りを挙げてくれた場合は迷わず即決してしまうことをオススメします。

そうした人を探すにあたってオススメのサイトは、ローカルコミュニティサイトの「ジモティー」です。地域密着型なので、条件にあった身近な相手を見つけられます。

運搬・調律はお金がかかる

この方法にもいくつか注意すべき点があります。たとえば、ピアノを譲渡するにあたって運搬や調律をどうするのかといったところです。

多くのピアノはその大きさと重量ゆえに、自家用車での運搬がかなり難しく、軽トラックなどが必要となります。もっとも難しいのが調律で、そのために業者を呼ぶことも考えなければなりません。

こうした費用に関しては、譲渡先に負担してもらうのが現実的でしょう。費用面でもめることのないよう、事前に話し合いを行っておいた方がよいでしょう。

動作確認、運搬中の事故に注意

それに加え、業者が介在しない分イージーミスによるトラブルが発生しやすい環境とも言えるので、その点にしっかり気を配っておかなければなりません。

たとえば、正常に音が奏でられないものを譲渡して後々苦情を受けてしまったり、運搬中に落としたりぶつけるなどして破損させてしまったりといったことが考えられます。

たとえ親戚や友人のような近しい人であっても、その点には抜かりがないようにしましょう。もらう側は「きれいなピアノがもらえる」と期待に胸を躍らせているのですから。

メルカリ・ヤフオクで販売する

オークションサイトでピアノを売る
メルカリ・ヤフオクで販売する

最後に紹介する方法は、「メルカリ」や「ヤフオク」などに代表されるフリマアプリに不要なピアノ出品して、購入したい方をネット上で募るというものです。

無料どころか場合によってはお金をもらって処分できるという点では魅力的ですが、ピアノの場合「大型らくらくメルカリ便」のように便利な配送システムが使えないという欠点もあります。

アップライトピアノの高額販売を狙うならヤフオク

アップライトピアノの売却を狙うのであれば、ヤフオクをオススメいたします。最近はメルカリが注目されていて影に隠れがちですが、ヤフオクにはヤフオクならではの魅力があるのです。

それは、自動車やバイクといった大型商品の購入を行うユーザーが多いということです。そのため、大型のアップライトピアノも成約に結びつきやすくなっています。

事実、ヤフオクでは20万や40万、50万で買い取られたというケースも見られました。うまく行けば、買取業者に依頼するよりも高く売れるかもしれませんね。

電子ピアノならメルカリ

電子ピアノを売り払いたい場合は、ヤフオクよりメルカリの方が売れやすいでしょう。メルカリはヤフオクに比べ女性や若いユーザーが多く、ピアノも比較的お手軽なものが売れやすいからです。

実際メルカリにて「電子ピアノ」というワードで検索してもらえると分かりますが、多くの品がだいたい5~10万前後、高くて30万前後でやりとりされています。

ただし、メルカリが提供している配送サービスでは大型電子ピアノの運送ができないため、それに関しては専門の業者に依頼を行う必要が生じてきます。

グランドピアノは向かない

この方法を行うにあたって問題となるのが、グランドピアノの売却です。ヤフオクにせよメルカリにせよ、グランドピアノを購入してくれるユーザーはかなり限られています。

その理由としては、両サイトのユーザーが法人ではない一般層であるということが大きいでしょう。グランドピアノを置ける家庭というのは、かなり少ないはずです。

そうは言っても、グランドピアノを出品している方は少ないながらも存在はしていますから、完全にゼロというわけではありません。ダメもとで出品してみるのもよいでしょう。

ミツモアでピアノの処分を依頼しよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

いかがでしたか?ピアノの処分方法についてご理解いただけたでしょうか。

先ほども触れたとおり、ミツモアでは複数の不用品回収業者の料金比較が簡単にできてしまいます。ピアノの処分をしてもらえる業者さんはミツモアで見積もり依頼してみましょう。

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数の不用品回収業者から無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、業者から最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった業者を探してみましょう。業者によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りの業者さんがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

ピアノの処分をプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収業者にピアノ処分の見積もりを依頼する >>