ミツモアロゴ

家具の処分方法基本の3つ~買取相場や処分業者の相場が知りたい~

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年01月29日

テーブルやソファ、本棚などの大きな家具が不要になったときには、次の3つのうちいずれかの方法で処分を行うのが基本です。

  1. 粗大ゴミに出す
  2. リサイクルショップやフリマで売却する
  3. 不用品回収業者に引き取ってもらう

今回は、それぞれの方法を具体的にご紹介するとともに、かかる費用や家具ごとの買取相場もあわせてピックアップ!

引っ越しや模様替えで家具の処分にお困りのみなさんは、ぜひ参考にしてくださいね。

家具をゴミとして処分する

家具の処分方法基本の3つ~買取相場や処分業者の相場が知りたい~

傷や汚れがついている、一部が壊れてしまっているなど、「誰かに譲るのも難しいし、もうこの家具に未練はない!」という場合、ゴミとして処分するのが最もスタンダードな方法になります。

ただし、大型家具はそのままでは普段のゴミに出すことができず、別途自治体が実施している粗大ゴミの回収へ申し込みが必要です。

「それだとお金がかかっちゃう…無料で処分できる方法はないの?」というみなさんのために、通常のゴミと一緒に出せる裏技もご紹介していきますので、早速詳細をチェックしていきましょう。

基本は粗大ゴミとして処分

家具を粗大ゴミに出す場合、以下の流れで処分を行います。

  1. 自治体の「粗大ゴミ受付センター」へ電話(またはインターネットでサイトにアクセス)する
  2. 氏名・住所・収集を希望する家具の種類や大きさなどを伝える
  3. 収集日・収集場所・手数料が決定する
  4. コンビニなどで手数料分の「粗大ゴミ処理券」を購入し、家具の見えやすい位置に貼り付ける
  5. 収集日当日、収集場所まで家具を運ぶ

気になる手数料は自治体によって少しずつ異なりますが、たとえば東京都品川区の場合は次の通りです。

家具の種類 手数料
回収の場合 持ち込みの場合
テーブル(最大辺80cm未満) 300円 200円
テーブル(最大辺80cm以上) 600円 300円
イス(テーブルイス) 300円 200円
ソファ(2人掛け以上) 1,400円 700円
タンス・本棚・食器棚(3辺の合計が180cm未満) 300円 200円
タンス・本棚・食器棚(3辺の合計が180~240cm) 600円 300円
タンス・本棚・食器棚(3辺の合計が240~310cm) 1,000円 500円
タンス・本棚・食器棚(3辺の合計が310cm以上) 1,800円 900円
テレビ台 600円 300円
ベッド(シングル) 1,000円 500円
ベッド(セミダブル) 1,400円 700円
ベッド(ダブル) 1,800円 900円

引用:http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000091600/sodaihinnmoku.pdf

基本的にはこちらの表の「回収の場合」の料金が適用されますが、自家用車などでゴミ処理施設まで直接家具を持ち込むことができる場合は、手数料がおよそ半額になります。

「少しでも費用を浮かせたい!」というみなさんは、持ち込みで処分することも検討しましょう。

解体すれば通常ゴミに

さらに、処分したい家具を自分で小さく解体することができれば、小分けにして通常ゴミとして処分することも可能です。

「どうしても無料で処分したい」「少しくらいの手間は惜しまない」というケースなら、こちらに挑戦してみるのも良いでしょう。

通常ゴミで出せる大きさの限界は?

通常ゴミとして処分する場合、自治体ごとに定められている「出せるゴミの大きさの上限」に収まるサイズまで、家具を分解・切断する必要があります。

こちらも東京都品川区の例でいうと、「1辺の長さがおおむね30cm角以内」が通常ゴミで出せるサイズの目安です。

これを超えると粗大ゴミになりますので、気を付けてくださいね。

家具を買取りで処分する

家具の処分方法画像

処分したい家具の状態がまだまだキレイな場合や、購入してからそこまで年数が経っていない場合は、捨ててしまうのではなく買取を依頼するのもおすすめです。

こちらの方法なら買取が成立すればその分のお金を受け取ることができ、不要な家具の処分でお小遣いを稼ぐことも可能!

具体的な買取相場も含めて、詳しく見ていきましょう。

リサイクルショップに売る

家具を売却したいときには、まずリサイクルショップに査定を依頼します。

大型家具の場合、リサイクルショップのスタッフが自宅まで訪問してくれるケースがほとんどで、提示された買取価格に納得できればその場で家具の引き取りも行ってもらえるので、自分で家具を持ち運ぶ手間などは一切かかりません。

リサイクルショップが買取不可な家具

とても便利なリサイクルショップですが、中には買取りを行ってもらうのが難しい家具もあります。

【買取不可の例】

  • 使用年数が長い家具
  • 必要な部品が欠けている家具
  • オーダーメイドの家具
  • 婚礼ダンス
  • ベッド

ただし、ベッドや使用年数が長い家具でも高級ブランド・人気ブランドの家具ならOKの場合もあるため、まずは電話やWebフォームなどから気軽に問い合わせてみましょう。

リサイクルショップの買取相場

ここからは、実際の例もまじえながらリサイクルショップの買取相場をご紹介していきます。

そもそもリサイクルショップでは、「この家具を買い取ったときに売れる見込みがあるかどうか」が買取りの1番の基準になります。

そのため、売れ筋のブランド(主に高級ブランド)の家具であれば種類を問わず高値で買い取ってもらえる可能性が高く、たとえばイタリアの高級家具メーカー「カッシーナ」のソファは、コンディションの良いものなら20万円以上の値がつくことも。

これは少し極端な例でしたが、同じソファでいうと

  • 無印良品(リクライニングソファ):6,000円
  • カリモク:3,000円

という買取実績を掲載しているショップもあり、やはり人気のブランドであるかどうかが重要なポイントとなっています。

(参考)https://oikura.jp/bought/1/

また、高級ブランドの中では特にダイニングテーブルやチェアの人気が高く、1万円以上の高値で買い取ってもらえるケースも多いでしょう。

一方、洋服ダンスや鏡台は近年需要が減っていることもあり、元値が高く状態の良いものでも1,000円以下の買取価格しかつかないこともあります。

フリマアプリに出品する

家具を売却する手段は、リサイクルショップだけではありません。

最近ではフリマアプリを通してスマホから気軽にユーズド品を出品することができ、買い手がつけば自分が提示した通りの価格で取引が成立するケースもあります。

フリマアプリの注意点

ただし、フリマアプリでは完全に個人間のやり取りになるため、こちらが家具についた傷や汚れを見落としていたら相手から返金を求められる・そのほか質問や値下げ交渉があった際には対応を行う必要があるなどの手間もかかります。

家具の梱包・発送作業もすべて自分で行わなければならないため、時間に余裕がなければ厳しい側面もあるでしょう。

不用品回収業者で家具を処分する

家具の処分方法基本の3つ~買取相場や処分業者の相場が知りたい~

買取りを依頼できるほど家具の状態が良いわけでもなく、粗大ゴミに出すために部屋から大きな家具を運び出すのも大変だし面倒くさい…そんなときには、不要な家具をまとめて引き取りに来てくれる不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者を利用する最大のメリットは、重たい家具の運び出し・処分をすべて業者にお任せできるところ。

みなさんは指定の日時に自宅にいるだけで、あっという間に不要な家具の処分が完了します。

不用品回収業者の費用相場

時間や手間をかけずに家具を処分することができる分、かかる費用は先ほどご紹介した粗大ゴミの手数料に比べると少々お高めです。

家具の場合1つ3,000~10,000円が相場で、基本的にはアイテムのサイズによって料金が異なります。

業者によってはトラックの荷台に乗るだけいくつでも回収OKの「積み放題」プランが用意されていることもあり、こちらは軽トラックで18,000円~が目安となるので、処分したい家具が複数ある場合にはこういったプランの利用も検討してみましょう。

(参考)https://100yen-hikkoshi.com/knowledge/garbage/going-price/

ミツモアでの不用品回収の費用相場

不用品回収の価格分布

15,000

標準

9,800

リーズナブル

29,400

プレミアム

上記はミツモアでの不用品回収の価格分布になります。

不用品回収の料金は、運び出す荷物の多さで決めるのが一般的です。

もちろん単品ずつでお願いすれば数千円で収まりますし、家全体の整理をしてトラックが必要になる場合は、25,000~60,000円ほどの幅が発生します。

軽トラックから2tトラックまでの取り扱いがある業者が多く、大がかりな実家の整理などで活用したいですね。

まとめ:家具処分の依頼はミツモアで

家具の処分方法基本の3つ~買取相場や処分業者の相場が知りたい~

ラクに、そして余計な時間や手間をかけずに家具を処分するには不用品回収業者を利用するのが最も効率的ですが、せっかく依頼するなら料金面やサービス面で妥協をしたくない!という方も多いかと思います。

引っ越しや買い替えなどで不要な家具が出てきた際には、ぜひみなさんもミツモアで処分を依頼してみてくださいね。

『不用品回収・廃品買取のサービスページ』では、ミツモア内の不用品回収業者の口コミや不用品回収の費用相場などを見ることができます。

依頼の前にぜひ参考にしてください。