ミツモアロゴ

遺影・生前撮影

生前撮影をお考えですか?終活を始めたらお葬式写真の撮影を。こちらから遺影の撮影依頼ができます。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
7万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
60億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

遺影・生前撮影カメラマン登録数、日本最大級!

遺影写真、生前撮影のカメラマンを探しましょう。

終活を始めたら、お葬式の写真が気になりますね。遺影写真は生前撮影がおすすめです。

「毎年お誕生日にシニアフォトを撮影しておきたい」「シニア写真を専門に撮影しているスタジオで葬儀用の写真撮影をしたい!」など、仏壇の写真は家族のそばにずっと置かれる写真だからこそ、自分らしくこだわって遺影の作成をしておきたいですよね。

気になる撮影費用は見積もりをとってみましょう。初めてのスタジオの写真撮影でも経験豊富なプロが親身になってアドバイスをしてくれます。

カンタンでぴったりな見積もり体験を、ミツモアで。

遺影・生前撮影の相場

15,000

標準相場

10,300

リーズナブル

21,600

プレミアム

肖像・ポートレート写真撮影

photo by 田村真一

photo by 山下茂治

photo by 豊田祐大

どの地域でお探しですか?

遺影に適した写真とは?サイズ・人数・服装・背景など

遺影に写る人の表情

かつては真面目な顔で写ることが一般的だった遺影の写真ですが、現在では、よりその人らしい表情がよいとされています。


微笑みを浮かべた柔和な表情で写る方が多いですが、大きな口を開けて笑っている顔でも問題はありません。


難しい顔をがトレードマークだった人であれば、もちろんそれがその人らしい表情ということになります。


遺影に写る人の背景となる場所

遺影の背景に写る場所は、どのような場所で撮ったものを選んでも問題ありません。葬儀会社や写真スタジオで、無地一色のカラーバックに合成してくれるからです。

遺影の背景のカラーは、日本人の肌の色が映える青色がよいとされますが、淡いピンクやオレンジのような暖色も増えているようです。


色見本から選ばせてもらえることもありますので、お顔がきれいに映える色や故人が好きだった色を選ぶのもよいですね。


また、お気に入りの場所や自分で描いた絵などをバックに撮影した写真なら、背景をそのまま生かせる場合もあります。


遺影の大きさ

祭壇用の写真は、四つ切(253×305mm)、焼香台用の写真ははがきサイズが一般的です。


プリントされた写真を利用する場合、これより小さい場合がほとんどだと思いますが、故人のお顔を拡大して使用することもできます。


ただし、画質は粗くなることは避けられません。


遺影に写す時期

遺影の写真に写す時期は、亡くなる5年以内のものが望ましいと考えられています。


ただし、これにもルールはありませんので、長患いでやつれてしまった姿より、元気なころの写真を選ぶことは問題ありません。


若かりし頃、元気な頃の故人の記憶が回りの人に強く刻まれている場合などは、その頃の写真を選んでもよいでしょう。

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績やクチコミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

photo by 上野晃嗣

photo by 竹村直恭

photo by 桐山知兼

どの地域でお探しですか?

遺影・生前撮影カメラマンの写真一覧

遺影・生前撮影 山口 真紗史
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 フォトリエK2
遺影・生前撮影 松木一浩
遺影・生前撮影 松木一浩
遺影・生前撮影 @tasukata「あ~助かった」
遺影・生前撮影 オーツカフォトオフィス
遺影・生前撮影 オーツカフォトオフィス
遺影・生前撮影 オーツカフォトオフィス
遺影・生前撮影 オーツカフォトオフィス
遺影・生前撮影 オーツカフォトオフィス
どの地域でお探しですか?

ずっと遺る写真だから

永遠に家族の中に遺る姿

遺影写真は、家族や友人が仏壇や祖霊舎に手を合わせる際に必ず目に入る写真。言うなれば、ずっと家族の中に遺るあなたの生前の姿となるのです。


写真スタジオ・カメラマン登録数、日本最大級!

ミツモアは、写真スタジオやカメラマンの登録数が日本最大級のサイトです。

「遺影写真は満足の行くものを撮りたい」「シニア写真にチャレンジしてみたい」どんなご要望にもぴったりマッチするスタジオ・カメラマンが見つかります。

悔いのないシニア写真撮影を

「遺影写真」だけでなく「還暦写真」「夫婦ペア写真」など、様々なご要望にお応えします。今だからこそ撮れる笑顔の1枚を、最高のカメラマンにとってもらいましょう。

遺影・生前撮影

シニア写真

還暦写真

夫婦ペア写真

誕生日撮影

長寿祝い・敬老の日

どの地域でお探しですか?

撮影の種類

ロケーション撮影

いつもの公園や思い出の場所など、お好きな場所で撮影ができます。自然光での撮影ですので、やわらかくナチュラルな雰囲気の写真に仕上がります。


スタジオ撮影

写真館やスタジオに行き、撮影機材や背景紙などが整った状況での写真撮影です。きちんと正装・ドレスアップして撮影したい、記念の1枚として本格的な撮影がしたい時におすすめです。


ご自宅での撮影

ご自宅にカメラマンが出張して写真撮影を行います。いつもの日常風景を切り取ったような写真がほしい、外に出るのが少し大変な時にも、素敵な写真を撮影できます。

簡単にあなたにぴったりの写真館・カメラマンが見つかります

使い方は、質問に答えるだけ!あなたの状況・要望にぴったり合うプロのカメラマンが、最大5人見積もりをご提示します。あとは「この人にお願いしたい!」というプロを選ぶだけです。

ミツモアの遺影写真・シニア写真の料金相場

スタジオ撮影
(撮影料+色補正+修正+データ納品)
12,000~20,000円
出張撮影
(撮影料+色補正料+交通費+データ納品)
15,000~21,000円

どの地域でお探しですか?

シニア写真の定番&流行りのスタイル

安心の品質・スタジオ撮影

プロのカメラマンが使い慣れているスタジオ撮影は、カメラマンの技術力が最大限に生かされます。こだわりの照明機材や、撮影専用スタジオ・背景紙の種類も豊富で、遺影写真をより充実した内容にすることができるでしょう。

自然な笑顔の屋外撮影

写真撮影といえばまっすぐ前を向いてかしこまった表情での撮影が一般出的でしたが、最近では外に出て自然な表情を撮影することが増えてきました。シニア写真でも『今の自然な姿』を大切にする傾向が高まってきています。遺影に笑顔の写真を選ぶことも多いので、そのまま遺影写真として使用するのも良いですね。

家族みんなで

年に1度決まった時期に、1つのイベントとしてシニア写真と家族写真を一緒に撮影するご家族もいらっしゃいます。ご自身のとっておきの写真はもちろん、お孫さんの成長も感じられる撮影ができて一石二鳥ですね。

お友達同士で

改まった撮影は少し緊張する、という方は、お友達と記念に撮影するのはいかがでしょうか。

衣装選びやヘアメイクでのちょっとした変身は、同性同士だから楽しめる部分も大いにあります。

ワイワイ楽しみながら記念写真を撮影しましょう。

ペットも一緒に

子供たちが一人前になって巣立っていった今、ペットが子供同然になっているご家庭もたくさんいらっしゃいます。ペットも大切な家族の一員。一緒に思い出の写真を撮りましょう。


ただし、ペットとの撮影に対応していないスタジオも多くあります。事前にペットとの撮影の可否や、スタジオではなく自宅や外でのロケーション撮影、出張撮影を検討しておきましょう。

どの地域でお探しですか?

素敵に見せる衣装選び

遺影写真にも自分らしさを表したい!お気に入りの衣装をまとえば、自然と笑顔がこぼれます。

紋付き袴・着物

スーツ・ドレス

趣味の服

思い出の服

仕事着

お気に入りの普段着

どの地域でお探しですか?

ヘアメイクでより本格的に

とっておきの1枚のために、女性も男性もヘアメイクをして臨みましょう。口紅一つ、髪型一つでまったく印象が違ってきますよ。

自分らしい小物使いで、思わず笑顔になる遺影写真にしよう

遺影写真に決まりはありません。生前のあなたを思い出して、家族が思わず笑顔になるような写真が取れたら嬉しいですよね。

趣味の小物

思い出の品

日常よく使っていた物

どの地域でお探しですか?

遺影の額縁にもこだわりたい!

マンションや老人ホームで生活する方が増える中で、遺影を飾るフレームにも変化が起こっています。せっかくなら、撮影した遺影写真に合わせた素敵な額縁を探しましょう。

コンパクトタイプ

今や大きな額縁に写真を入れて、先祖代々の写真を置けるご家庭は少なくなってきました。現代の家具とも相性の良い、コンパクトでシンプルなタイプの額縁が人気です。

レザー調の額縁

遺影の額縁に皮素材を使用すると、ハードでスタイリッシュな印象に。同じ黒でも『いかにも』な遺影の額縁にはならないところが特徴です。

お花付きの額縁

お花やリボンなど、ガーリーなモチーフがついた額縁も人気です。フレーム部分がピンクや黄色などで着色されているものなど、従来の黒一色の物とは大分様相が異なり、明るい印象になります。

骨壺一体型

なんと、近年では骨壺と遺影が一体になった額縁も出ています。あまり大きな仏壇を置けないというご家庭にとっては、ありがたいですね。

どの地域でお探しですか?

遺影写真撮影の流れ

1.撮影予約

パソコンや携帯で撮影の予約をします。

希望の写真のテイストがあれば、カメラマンに伝えましょう。「写真館に行って本格的な撮影がしたい」「足が不自由なので自宅まで来てほしい」など、希望の写真の雰囲気や条件などがあれば事前に伝えておきます。

2.撮影開始

撮影がはじまったら、カメラマンの指示に従いながら表情やポーズを決めていきます。プロのカメラマンですので、魅力を引き出す素敵な写真を撮影してくれるでしょう。

小物を持ち込みたい時には、事前連絡があるとトラブルがなくスムーズに撮影が行えますので、予約の際に伝えておくと良いでしょう。

3.写真選択

約20カットほど撮影したら、お気に入りの写真を選んでいきます。スタジオによっては修正や色の補正なども同時に行ってくれる場合があります。

しかし、オプションとして別途料金がかかることもありますので、最初に提示された料金に修正や色補正が含まれているかどうか、きちんと確認する必要があります。

4.写真の受け取り

全て終了したら、あとは写真の受け取りです。インターネット上でのデータの受け渡しでしたら、即日対応してくれるスタジオがほとんどでしょう。

印刷されたものが欲しい、フォトアルバムにしたい時には、数日~2週間ほど時間がかかります。