ミツモアロゴ

マタニティフォトを夫婦で撮ろう!セルフで撮ってもおしゃれな1枚に!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年06月06日

マタニティフォトは妊娠中のお腹の様子を残すことができる貴重な写真です。

しかし、スタジオでの撮影は少し照れてしまいますし、撮影費用を抑えたいという方も多いですよね。

そんな夫婦にはセルフで撮るマタニティフォトがおすすめです。

そこでこの記事ではマタニティフォトをセルフで撮ってもおしゃれに写る方法や、夫婦でとりたいポーズ、自分たちで揃えることができる衣装と小物を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

マタニティフォトをセルフで撮るコツ

夫婦で撮るセルフマタニティフォトをおしゃれに撮るコツ
マタニティフォトをセルフでもおしゃれに撮るコツ

マタニティフォトをセルフで撮る場合、スタジオのような照明や大掛かりなセットはありませんよね。

しかし、セルフでもちょっとした工夫を加えて撮影するだけで、スタジオに負けないくらいおしゃれな写真を撮ることができます。

ではさっそくマタニティフォトをセルフでおしゃれに撮るコツを3つご紹介していきます。

自然光を上手に使う

スタジオで撮影するときに必ずといっていいほど登場する「照明」ですが、セルフでマタニティフォトを撮るからといってわざわざ大きな照明を買うのは気が引けますよね。

そのため、セルフでマタニティフォトを撮る場合は窓から入ってくる自然光を利用して撮影するようにしましょう。

部屋の電気を消して自然光だけで撮影をした方が、優しくやわらかい雰囲気に仕上がりますよ。

ウッディな小物を配置

白い壁など白色の背景にウッディな小物を合わせれば、セルフでもおしゃれなマタニティフォトを撮影することができます。

例えば、木製のアルファベットオブジェで「WELCOME」という文字を作って飾ったり、メッセージなどを書いた木製黒板を持つだけで、おしゃれなマタニティフォトになりますよ。

また、木製のフォトフレームをカメラの前に配置するか手で持って、フレーム越しに夫婦二人が納まるように撮影するテクニックもありますよ。

セルフタイマーを上手に使う

夫婦二人だけでマタニティフォトを撮影する場合は、カメラを三脚にセットしてセルフタイマーを使って撮影するようにしましょう。

マタニティフォトをセルフタイマーを使って撮影する場合は、あらかじめママだけが自分のポジションにスタンバイしておき、パパにカメラのピントを合わせてもらいます。

ピントが合ったらセルフタイマーをセットし、パパは時間内に自分のポジションまで移動しましょう。あとは夫婦揃ってポーズをとれば完了です。

夫婦でマタニティフォトーポーズー

夫婦で撮るセルフマタニティフォトをおしゃれに見せるポーズ
夫婦で撮るセルフマタニティフォトのおすすめポーズ

マタニティフォトをセルフで撮る場合、パパが恥ずかしがらないよう個性的なポーズよりもナチュラルなポーズがおすすめです。

そこでここからは夫婦で撮るマタニティフォトにおすすめの4つのポーズをご紹介します。

撮影がスムーズにいくよう、あらかじめポーズを決めておくようにしましょうね。

お腹に手を当てる

夫婦二人で向かい合い、パパはしゃがんでママのお腹の前に顔がくるようにします。

そして赤ちゃんに話しかけるようにしてママのお腹に手を当ててみましょう。

もしパパが恥ずかしがらなければ、ママのお腹に優しくキスをしたり耳をお腹にあてたりするポーズをとると、赤ちゃんへの愛情がより伝わるマタニティフォトに仕上がるのでおすすめです。

王道ポーズ「バックハグ」

バックハグは夫婦ならではのポーズで、特にママから絶大な人気を誇っています。

バックハグといってもせっかくのマタニティフォトなので、後ろから抱きしめたりママの肩にパパの手を置くようなポーズではなく、ママのお腹にパパの手を当てたり、お腹の前で両手でハートを作ったりしてみましょう。

すると、夫婦間の愛情だけでなく、赤ちゃんへの愛情もマタニティフォトで表現することができますよ。

エコー写真と一緒に

エコー写真を使うことで、赤ちゃんを身近に感じることができるマタニティフォトに仕上がります。

お腹の前にエコー写真をかざすポーズがマタニティフォトの定番ですが、これまでのエコー写真を何枚かつなげてガーランドのようにしたものを夫婦で持ったり、エコー写真の前で両手でハートを作ったりするポーズもおすすめです。

ただし、エコー写真はやわらかく光が反射しやすいため、うまく撮影できないことがあります。

そんなときは、厚紙などに貼り付けてから使うようにしましょう。

あえてポーズはとらずに自然体で

セルフで撮影する場合でも、ポーズをとるのが恥ずかしいという方やポーズをとろうとすると表情が硬くなってしまうという方は、いつもどおりの姿をマタニティフォトにしてみましょう。

例えば夫婦で座っておしゃべりしている姿を撮影すれば、シャッターのタイミングを気にする必要がなくなります。

すると、笑顔がひきつることもなく自然な表情をおさめることができますよ。

夫婦でマタニティフォトー衣装ー

セルフでおしゃれなマタニティフォトを撮るときに夫婦で着たい衣装
セルフでマタニティフォトを撮るときに夫婦で着たい衣装

マタニティフォトを撮る場合、どんな衣装を着るかによって写真の雰囲気が大きく異なります。

そのため、衣装選びに頭を悩ませている方が多いのではないでしょうか。

そこで、セルフでマタニティフォトを撮る夫婦におすすめの衣装を4つご紹介します。

本格派におすすめ!マタニティドレス

スタジオのような本格的なマタニティフォトが撮りたいという夫婦におすすめの衣装がマタニティドレスです。

特に白いウェディングドレス風のものが人気で、レースやチュールがあしらわれたドレスはママらしい優しい雰囲気を演出してくれますよ。

パパはカジュアルな衣装で問題ありませんが、白いシャツや白いTシャツなど、マタニティドレスと色を合わせると写真に統一感が出るのでおすすめです。

デニムでお揃いコーデ

マタニティフォトをセルフで撮る方の間で、カジュアルなのにおしゃれに写るという理由からデニムコーデが人気を博しています。

マタニティフォトは妊娠をしているママにフォーカスが当たるものが多く、パパの衣装をどうしようか悩む方が少なくありません。

しかし、デニムコーデなら白シャツやボーダートップス、Tシャツ、ニットなどのトップスなど、夫婦で衣装を揃えやすいというメリットがあります。

いつも着ている洋服

セルフでマタニティフォトを撮るとき、特別な衣装を用意しなければと思う方が多いのではないでしょうか。

しかし、いつも着ている洋服を衣装にしても、十分素敵なマタニティフォトを撮ることができます。

妊娠中によく着ているマタニティウェアやお気に入りの洋服などを選べば、「妊娠中によくこの洋服を着ていたな」と後から見返したときに懐かしい気持ちになりますよ。

和装でこだわりの一枚を

セルフでマタニティフォトを撮る場合、衣装には洋装を選ぶ夫婦が多いですが、和装で撮ると趣のある美しい一枚に仕上がります。

和装するときは大きなお腹を帯で締め付けるわけにはいかないため、帯の位置を高くするか、帯を締めずに着物を羽織るようにして撮影してくださいね。

セルフでマタニティフォトを撮る場合、多くの方は着付けをしてもらわなければなりません。しかし、暑い時期であれば比較的手軽に着ることができる浴衣がおすすめですよ。

夫婦でマタニティフォトー小物ー

夫婦で撮るセルフマタニティフォトをおしゃれに見せるための小物
セルフマタニティフォトをおしゃれに見せる小物

セルフでマタニティフォトの撮影をするとき、小物を上手く使うことでおしゃれな一枚に仕上がります。

さらに手作りの小物を使えば、夫婦二人のオリジナリティがあふれるマタニティフォトに仕上がりますよ。

そこで最後に、セルフで撮るマタニティフォトにぜひ使ってほしいおすすめの小物を3つご紹介します。

フォトプロップス

フォトプロップスを使ってマタニティフォトを撮ればポーズをとる必要がなく、セルフで撮っても簡単におしゃれに仕上がります。

さまざまな種類のものがありますが、吹き出しに「Welcome」「Coming Soon」などのメッセージを入れたものや、ベビー服など赤ちゃんグッズをモチーフにした形のものが人気です。

また、モノクロのものを使えばシックに、パステルカラーのものを使えばかわいらしいマタニティフォトになります。そのため、どんな雰囲気のマタニティフォトにしたいかを考えてから用意するようにしましょう。

マタニティサッシュベルト

マタニティサッシュベルトには「赤ちゃんの幸せを願う」という意味がこめられていて、お腹に巻くと華やかさが増すことからセルフでマタニティフォトをとる方に人気の小物です。

また、花の部分とリボン部分の2パターンで撮影できたり、ニューボーンフォトを撮るときにも使うことができたり、さまざまな使い方ができるということも人気の理由のようです。

ベビー用品を撮影小物に

セルフでマタニティフォトを撮る場合、必ずしも特別な小物を用意する必要はありません。すでに準備してあるベビー服やファーストシューズなどのベビー用品があれば、撮影小物として代用することができますよ。

小さなベビー用品とマタニティフォトを撮ることでかわいらしさが演出でき、赤ちゃんが産まれてくるのが待ち遠しいという夫婦の想いを写真に残すこともできますよ。

ミツモアでプロのカメラマンに撮影をお願いしよう!

マタニティフォトを夫婦で撮影するコツやポイントをお伝えしましたがいかがでしたか。

人生の記念、家族の思い出となるマタニティフォト。

「やっぱりプロにお任せしようかな」と思ったらミツモアにお任せください。

ミツモアを使えば、予算に合った無理のないプランを提示してくれるカメラマンがみつかります。