ミツモアロゴ

相続税の計算方法|誰にでもできる簡単な計算で安心して相続しよう!

ぴったりの税理士をさがす
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットして依頼するプロを決めます。誰も選ばなくてもOKです。

相続税の計算方法を知ろう!

2015年1月に相続税が改正され、相続税の基礎控除額が4割減額されたので、相続税の申告が必要となる世帯が大幅に増加しました。相続税の正しい計算方法を知る必要のある人が増えています。

今回は、相続税の計算方法とその流れについて、わかりやすく紹介したいと思います。

どういう場合に相続税が発生するのか?

相続税は発生するのか?

私の場合、相続税が発生するのだろうか?発生するとしたらどのくらいかかるのだろうか?

まずは税理士に相談する前に自ら計算してみたいという人のために、分かりやすく解説したいと思います。実際の手続きを税理士にお願いするとしても、自分で大まかな流れなどは理解しておいた方がいいでしょう。

基礎控除額によっては相続税がかからない場合も

まず、相続税として申告した税額に誤りがあったり、相続税の申告を行わなければならない期限までに申告をしないと、延滞税や加算税が課されることになります。

相続税の申告は、相続開始日から10か月以内という期限があります。延滞税は、納付期限までに納付をしなかった場合に課されます。金額は、納税額×延滞税の利率×日数によって計算します。延滞税が発生しないように、申告期限内に正しく相続税の計算をする必要があります。

正味の遺産額が基礎控除額以下の場合には、相続税がかかりません。相続税とは、相続により取得した財産の合計額が基礎控除額を超える場合に、その超える部分に対して課税されます。その場合、相続税の申告と納税が必要となります。

基礎控除額の計算方法

相続税を計算する時に必要なのが基礎控除です。基礎控除とは、受け取る相続財産のうち相続税のかからない非課税部分のことです。

基礎控除額の計算方法は、3,000万円+600万円×法定相続人の人数で算出します。法定相続人とは、民法で定められた相続人のことです。遺言などがない場合、基本的には法定相続人の相続分に従い遺産分割が行われます。

例えば、法定相続人が妻と子供1人の場合の基礎控除額は、3,000万円+600万円×2人=4,200万円になります。このように、基礎控除額を計算するために必要な数字は、「法定相続人の数」だけです。これだけわかればすぐに計算することができます。

ただし、相続税法で、「法定相続人の数」を故意に増やして基礎控除額を上げるのを防ぐために制限が設けられています。亡くなった人に養子がいる場合、実子がいる時は養子は1人までしか法定相続人の数に入れることができません。実子がいない場合、養子は2人まで法定相続人の数に入れることができます。

また、相続を放棄する人がいる場合は、その放棄がなかったものとして法定相続人の数を数えなくてはなりません。こうして計算した基礎控除額を引いたものが課税遺産総額です。相続税の計算にはこの課税遺産総額が必要になります。

遺産額ってどうやって調べるの?

遺産の計算はどうやればいい?

実際に相続が発生しないとなかなか実感できないものですが、亡くなった人の遺産額を調べるのは思っている以上に大変な作業になります。遺産を把握している本人がいないのですから、可能性のあるものは全て当たってみるしかありません。故人が残した全ての遺産をどうやって調べればよいか、詳しく見ていきましょう。

正味の遺産額とは?

「相続税は高い」というイメージがあると思いますが、実際に相続税を計算する時に使う「正味の遺産額」は、あなたの思っている「遺産額」よりだいぶ少なくなるでしょう。

「正味の遺産額」とは、土地と建物や預金などの財産から、借入金や未払金などの債務を引いて残ったものです。生命保険金や死亡退職金は、それぞれ非課税限度額を超えた分が加えられます。非課税限度額の計算方法は、500万円×法定相続人の人数になります。

「財産」とは、亡くなった人が持っていたお金など全てです。「債務」も、亡くなった人が支払う義務を持っていた全てのものを指します。財産と債務を把握するには、漏れのないように家中をくまなく探す必要があります。債務の可能性がある人や会社にも問い合わせなければなりません。

財産の把握には、財産目録に記帳する必要があります。財産には、現金だけでなく、不動産、有価証券、骨董品、ゴルフ会員権、他人名義の通帳(贈与契約の書面がない場合)なども含まれます。財産を取りまとめるだけで大変そうですが、債務もきちんと調べないと、大変なことになります。

例えば、相続放棄という制度は、相続の事実を知ってから3か月以内にすることができる制度です。債務が余りにも大きかった場合に相続したくないときは、その権利を放棄することができます。3か月以上たってから債務が見つかっても相続放棄することができません。

相続税の対象になりやすい遺産

一般的な遺産のことを「本来の相続財産」といいます。これは「みなし相続財産」に対応する言葉です。基本的に、亡くなった人が持っていた換金できるものが、「本来の相続財産」となります。

本来の相続財産には、現金・預貯金・有価証券・公社債などの「金融資産」、宅地・農地・山林・原野・牧場・借地権・地上権・貸借権などの「不動産(土地)」、家屋・倉庫・駐車場・借家権・マンション・アパートなどの「不動産(家屋)」、家具・貴金属・宝石・書画骨とう品・自動車などの「動産」、著作権・特許権・商標権・電話加入権・ゴルフ会員権などの「各種権利」、機械・備品・商品・原材料・農産物・牛馬・売掛金などの「事業用財産」があります。

不動産・土地の評価の計算方法

土地の評価額には、「実勢価格」、「公示地価」、「路線価」、「固定資産税評価額」の四つがあります。相続税の計算には、「路線価による評価額」か「固定資産税評価額」を使った倍率方式による評価額を使います。

路線価による評価の計算方法は、所有する土地が面した道路にそれぞれ振られている、その土地1㎡当たりの価格に、地積をかけて算出します。路線価図は国税庁のホームページに掲載されています。

例えば、100㎡の敷地の前面道路の路線価が20万円だとすると、20万円×100㎡=2000万円となります。ただし、路線価というのは、整形地で間口が十分に取れているなどの優良な土地を想定しているものです。したがって、実際に土地を評価する場合には、路線価による評価額を基礎として、地形、接道状況、用途地域、周辺環境、利用状況などを加味する必要があります。

また、路線価が降られていない地域については、「固定資産税評価額」にその地域ごとの倍率を掛けて評価額を計算します。評価倍率表も、国税庁のホームページに掲載されています。「固定資産税評価額」は、毎年、市区町村から送付される「固定資産税の課税明細書」に記載されているものです。

建物の評価の計算方法も、「固定資産税評価額」によります。こちらは「固定資産税の課税明細書」がそのまま相続税の評価額になります。ただし、建物を人に貸している場合は評価額は3割減の7割になります。マンションの評価の計算方法は、今まで述べてきた方法で算出した評価額に持ち分割合を掛けて計算します。持ち分割合は、契約書や登記簿謄本に記載されているものです。

有価証券の評価の計算方法

上場株式の場合、相続発生日の終値だけでなく、相続発生3か月前からの月平均の最低額を選べます。なぜかというと、上場株式の場合、値動きが大きいので相続発生日のみを対象にすると、もしその日に何か特別な出来事があって株価が乱降下している場合、適切な時価とはならないからです。

非上場株式については、国税庁指定の計算方法である類似業種比準価額方式、配当還元方式のいずれかの方法で相続税評価額を計算します。ただし、評価の計算は非常に専門性が高く、税理士に依頼する方がいいでしょう。相続開始直前3期分の決算書一式が資料として必要です。

投資信託の相続税評価の計算式は、相続開始日時点の1口当たりの基準価額×口数-(相続開始日に解約した場合に源泉徴収される所得税の額)-(信託財産留保額及び解約手数料)となります。要するに、相続開始日に持っている投資信託を売却した場合の手取りということです。購入した証券会社に問い合わせれば、金額がわかります。

その他の遺産の計算方法

普通預金は、とても簡単で、相続開始日時点の残高がそのまま相続税評価額となります。定期預金は、相続開始日時点の残高に、既経過利息を足したものが相続税評価額となります。既経過利息というのは、相続開始直前の利払い日から相続開始時点までの定期預金の利息です。

ゴルフ会員権は、相続開始日時点の取引相場の70%が相続税評価額になります。他に預託金などの返還金があるときにはその預託金なども加算します。金額は、ゴルフ会員権売買のサイトなどで知ることができます。

自動車は、相続開始日時点の取引相場が相続税評価額になります。いわゆる「下取り価格」です。金額は、中古車売買サイトなどで知ることができます。

専門家コメント: 『資産評価の注意点』

クローバー会計事務所 - 東京都中央区日本橋本町

クローバー会計事務所所長の柴田 亮です。 ご家族が亡くなられた時に頭を悩ませるのが相続ではないでしょうか。 どういった手続きを踏めば良いのか、誰に頼めばよいのか、お金はいくらかかるのか…。 相続時は何かとお金がかかるものです。 出来る手続きはご自身でやってなるべく税理士への報酬金額を減らしませんか? 私は、簡易な相続をターゲットに 業界最安、明朗会計で皆様の相続をサポートさせて頂きます。 お気軽にご相談ください。
このプロに相談する

『相続財産については漏れなく、適切な金額で評価することが大切です。

主要な金融商品や不動産は税務署の職権で容易に調べることが出来るので、すべてを把握されているものと思い正直に申告しましょう。特に国外財産調書の報告や海外送金を行い、海外資産がある場合には税務調査の可能性が高まるとも言われています。また、家具、自動車、電話加入権などといった家庭用財産や、手元現金の計上が無い相続税申告書も不自然ですので、忘れず計上するようにしましょう。趣味で収集していた美術品や著作権・特許権といった目に見えない権利に思わぬ財産価値があることもあり、見落としがちです。預金や不動産以外の財産評価は、売買実例価額や精通者意見価格等を参考にして評価されるため、評価した根拠は残すようにしましょう。』

難しければ税理士に依頼するのもオススメ!

相続税の計算は税理士に相談しよう!

税務署から「相続税のお知らせ」が届いたあなた。税の知識が全くなく、税務署に相談したとしても、税務署は税の計算はしてくれません。余分な相続税を払わなくて済むためにも、専門知識を持った税理士に相続税計算を依頼するのがオススメです。そのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

税理士にお願いするメリット

今まで述べてきた遺産の計算方法で遺産を把握しただけで相続税計算は終わりではありません。相続税計算の全体の流れは、①遺産と債務をすべて把握 ②課税価格を計算 ③相続税の総額を算出 ④各人の相続税額を算定です。

一つ一つの工程が更に想像以上に複雑になるので、自力で相続税を申告しようとすると、計算ミスによる申告漏れの恐れがあります。あまりに計算が複雑なので、法律のプロでさえ実務経験が少ない場合ミスをしてしまうこともあります。また、申告書を作成するのには膨大な時間がかかります。税理士が専用ソフトを使用して作成しても平均100時間ほどかかります。

知識のない人が1から作った場合、想像を絶する時間がかかることでしょう。市役所や法務局に行って取り寄せないといけない書類もたくさんありますし、自分で作成する書類は専門的な知識がないとかなり大変です。また、納付した後に相続税の金額が正しいかをチェックする税務調査が行われる場合もあります。

提出した相続税申告書の表紙に税理士の署名押印がない場合、脱税の疑いを持たれたり、計算の誤りの可能性が高いとみなされ、税務調査が行われる可能性が高まるかもしれません。相続税の税務調査は、全体の3分の1ほど行われると言われています。もし税務調査を受ける場合でも、税理士に依頼していれば、税務調査官の応対も税理士が立ち会ってくれるので安心です。相続を速やかに正しく行おうとするには、実務経験が豊富な税理士にお願いした方がいいでしょう。

専門家コメント: 『税務調査の対象となる申告書とは?』

クローバー会計事務所 - 東京都中央区日本橋本町

クローバー会計事務所所長の柴田 亮です。 ご家族が亡くなられた時に頭を悩ませるのが相続ではないでしょうか。 どういった手続きを踏めば良いのか、誰に頼めばよいのか、お金はいくらかかるのか…。 相続時は何かとお金がかかるものです。 出来る手続きはご自身でやってなるべく税理士への報酬金額を減らしませんか? 私は、簡易な相続をターゲットに 業界最安、明朗会計で皆様の相続をサポートさせて頂きます。 お気軽にご相談ください。
このプロに相談する

税務署が調査対象を選定する基準として、相続税申告書自体が信頼出来る内容であるかということが挙げられます。

税務署の職員としても、税理士が作成していない手書きの相続税申告書の場合は計算誤りの可能性が高いと考えるでしょう。また、納税者自ら作成する場合には、相続税の申告に慣れていないことから、申告書の内容と添付書類が不整合、不十分になることが多く、税務調査の可能性が高まります。

これらの税務調査を減らすために目に見えて効果があると言われているのは「書面添付制度」です。書面添付制度とは、税理士が申告書に書面を添付することにより申告書の信頼度が高いことを保証する制度です。そもそも相続税は税務調査の可能性が高いと言われていますが、税理士が書面添付することで税務調査は5~6%程度まで減ると言われています。

書面添付制度は税理士にとって、作業負荷や責任もかかるので、案内しない場合もあると聞きます。依頼人のためになる書面添付制度の提案や説明が無い税理士は避けるべきでしょう。

税理士にお願いするデメリット

税理士にお願いするデメリットは、何と言っても費用がかかることです。費用は税理士によって違いますが、相場は、遺産総額の0.5%から1.5%くらいでしょう。

もし自力で相続税の申告をすれば、それだけの金額を浮かすことができます。また、遺産の額が少なかったり内容が簡単で、特に計算が煩雑になる「土地」が含まれない場合は、自力で計算できる可能性が高くなり、税理士に頼む必要がないかもしれません。

ただ、それ以外の場合、今まで述べてきたような煩雑な計算を自分ですることを考えると、費用をかけても税理士にお願いするのが得策と思われます。

まとめ 相続税の計算はプロに!

相続税の計算は税理士にお任せ!

相続税の計算は、今まで見てきたように非常に難解で、専門知識を必要とします。資産額を正確に算出するだけでも大変骨が折れますし、集めなければいけない書類なども膨大な量になるでしょう。

申告には期限もありますし、ミスは許されません。プロである経験豊富な税理士にお願いするのがいいでしょう。迅速に、正確に、煩わしい相続税計算を頼むことができます。

ミツモアなら、相続税の計算について豊富な知識を持った税理士が多数登録しています。いくつかの質問に答えれば、最大5社から、無料で見積りがもらえます。信頼できる税理士を、ぜひミツモアで探しましょう。

相続税申告に強い税理士を無料で探そう!
オンラインの質問に答えるだけで、ぴったりが見つかる。
【この記事を監修してくださった税理士プロ】

クローバー会計事務所 - 東京都中央区日本橋本町

こんにちは、クローバー会計事務所所長の柴田 亮です。 ご家族が亡くなられた時に頭を悩ませるのが相続ではないでしょうか。 どういった手続きを踏めば良いのか、誰に頼めばよいのか、お金はいくらかかるのか…。 相続時は何かとお金がかかるものです。 出来る手続きはご自身でやってなるべく税理士への報酬金額を減らしませんか? 私は、簡易な相続をターゲットに 業界最安、明朗会計で皆様の相続をサポートさせて頂きます。 お気軽にご相談ください。
このプロに相談する

ミツモアについて

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットして依頼するプロを決めます。誰も選ばなくてもOKです。

相続税申告に強い税理士のプロをさがす