ミツモアロゴ

フローリングのカビは掃除機はかけずに水拭き!正しいカビ掃除方法

ハウスクリーニング業者を探す
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2018年12月06日

年末年始、普段見ていない所をそうじする方も多いのではないでしょうか。そんなときフローリングのカビを発見してしまったらみなさんはどのように対処しますか?ましてや賃貸アパートのフローリングがカビていたら焦ってしまいますよね。

掃除機をかけたり、カビを除去する洗剤を使ってみたり、実際はどの方法が正しいのか知らない方が多いです。そんな方のためにフローリングのカビを処理する正しい方法をご紹介します!

フローリンクのカビにやってはいけないこと

フローリングのカビの掃除の方法
フローリングのカビの掃除の方法

フローリングのカビを発見してしまったとき、正しい方法を知らずにあわてて掃除しようとしていませんか?フローリングのカビ取りは間違った方法で床がはげてしまったり、カビの発生を促進してしまったりと、かえって悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。フローリングのカビにやってはいけないことをまずはご紹介します。

掃除機で吸う

あわてて掃除機で吸ってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?これは絶対にNGです。掃除機でフローリングのカビを取ったとしても、排気口からカビが部屋全体に飛散してしまい、かえってカビの繁殖を手助けしてしまうことにもなりかねません。

カビ取り洗剤

お風呂やキッチンのカビ取り洗剤でフローリングのカビを除去するのもだめです。フローリングのカビ取り用に作られた洗剤ではないので、床にシミができたり、白く変色してしまうこともあります。賃貸のフローリングであれば取り返しのつかない状況になるので、注意しましょう。

重曹

お風呂や洗濯機のカビ取りによく使われる重曹も、フローリングのカビ取りには不向きです。重曹は研磨作用があるため、フローリングのワックスをはがしてしまいます。

酢は酸性のためよくカビ取りに使われますが、フローリングのカビに使うのはやめましょう。栄養分が高いため白カビを発生させる原因になりますし、掃除した後フローリングがべたべたになってしまいます。フローリングのシミになることもあるので注意しましょう。

塩素系クリーナー

「黒カビには塩素系漂白剤」と思っている方も多いですが、お風呂そうじによく使われる塩素系クリーナーはフローリングのカビには使用しないでくださいね。塩素系クリーナーは色素を分解する作用がありとても強力なので、フローリングを脱色してしまったり、フローリングの素材そのものを傷つけることにもなりかねません。

フローリングのカビ掃除の方法

フローリングのカビ掃除
フローリングのカビ掃除方法を知ろう!

では実際にフローリングのカビを掃除する方法についてご説明していきます。今回は住宅用中性洗剤と消毒用エタノールを使って掃除します。すでにできてしまったフローリングのカビを住宅用洗剤で除去し、エタノールでカビの発生を防ぐという方法です。ご自宅にある方も多いと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

準備するもの

・住宅用中性洗剤
・新品のぞうきん(2枚)
・ゴム手袋
・マスク
・消毒用エタノール
・水
・スプレーボトル

1.エタノールスプレーを作る

まずはじめに、エタノールと水を混ぜて、エタノールスプレーを作りましょう。スプレーボトルの中にエタノールと水を8:2の割合で入れてよく混ぜればすぐにできます。

2.よく換気する

長時間作業すると、気分が悪くなってしまう方もいるので、部屋はよく換気しましょう。ゴム手袋とマスクをするのも忘れないでくださいね。

3.住宅用中性洗剤で目に見えるフローリングのカビを取る

目視できるフローリングのカビに住宅用中性洗剤を吹きかけてしばらく放置しましょう。時間が経つとカビがフローリングから浮いてくるので、浮いたカビを濡れたぞうきんで拭き取ります。

4.目に見えないフローリングのカビを取る

目に見えない小さなカビを除去するため、先ほど拭き取ったところにエタノールスプレーを吹きかけます。

5.フローリングを磨く

エタノールスプレーを吹きかけたところを、先ほど使っていない新しい乾いたぞうきんで磨きます。汚れたぞうきんを使って磨いてしまうと、もともとぞうきんに繁殖していた別の菌が付着してしまうかもしれないので、なるべく新品で清潔なぞうきんを使用してください。

フローリングにカビが生える原因

フローリングのカビの原因
カビが生える原因は何?

フローリングのカビ掃除方法はわかりましたが、今後フローリングにカビが生えるのは避けたいですよね。そもそもなぜフローリングにカビが生えるのかご存知ですか?フローリングにカビが生える原因を知ることで、将来のカビを予防できるので、まずはフローリングにカビが生える原因を知りましょう。

湿度60%と気温20~25度でカビは生える

フローリングはワックスを塗ることである程度のカビを予防することができますが、カビが繁殖しやすい環境を作ってしまうと、フローリングにカビが生えてしまう原因になってしまいます。カビは暖かくて湿気が多いところを好みますが、普段私たちの日常生活で高温多湿な環境を作ってしまっていることがあるので、ご紹介します。

しきっぱなしの布団

フローリングの上に布団をしきっぱなしにしていることはありませんか?賃貸マンションやアパートに一人暮らしの方がよくやりがちですが、これはカビの原因になります。

布団は保温効果が高く、しきっぱなしにすることでフローリングに熱がこもり、布団の下は蒸れています。私たちは寝ている間に予想以上の汗をかくので、布団の保温効果と布団にしみ込んだ汗や皮脂を栄養源にカビが繁殖してしまいます。

重いマットやカーペット

重いマットやカーペットもフローリングのカビ発生する原因になります。特に夏場は汗をかいて帰ってくることが多いので、汚れた足でふみつけたマットやカーペットはカビの栄養源に最適です。マットやカーペットの下は暖かく、湿気がこもりやすいので、カビの発生しやすい環境も整っています。

窓際の結露

窓際のフローリングにカビが生えてしまう原因は窓際の結露が原因です。窓を掃除していないとほこりや汚れがたまり、湿気で窓が結露します。窓際のフローリングに落ちた水滴を栄養源にカビが発生してしまいます。

観葉植物

こちらは盲点ですが、観葉植物の下のフローリングにカビが生えてしまったという方もいます。観葉植物に水をあげると鉢に水がたまり、その湿気をエサにカビが発生してしまうことがあるので、注意してくださいね。

フローリングのカビ予防法

フローリングのカビ予防
フローリングのカビ予防

フローリングにカビが発生する原因がわかったところで、カビの発生を予防するのはこまめに掃除するしかないのかと悩む方も多いのではないでしょうか。

忙しい方は掃除する時間をこまめに取れるかどうか不安です。掃除もフローリングのカビ予防には重要ですが、それ以外の方法もあるのでぜひ参考にしてみてください。

すのこ、新聞紙を下に敷く

布団下には湿気や熱がこもりやすいということを先述しましたが、空気の通り道を作ってあげることで、なるべく湿気や熱を溜め込まない環境を作ることができます。下にすのこを敷くことで通気性をよくし、新聞紙で湿気を吸収することができるので、ぜひ試してみてくださいね。

除湿と換気

除湿や換気もカビの発生予防にとても効果的です。除湿器をかけたり、定期的に部屋の窓を開けて空気の入れ替えを行うことで、空気もきれいになりますしカビの発生も抑制できます。

こまめな掃除

やはりこまめな掃除はフローリングのカビを予防するのに最適な予防法です。カーペットやマットの下をのぞいたことがある方はご存知だと思いますが、案外下には食べカスや髪の毛、ほこりなどのゴミがたくさん溜まっていますよね。こまめにカーペットやマットをめくってゴミを取り除くだけでも、カビの栄養源を減らすことができます。

エタノールで水拭き

フローリングのカビを掃除する方法についてご紹介した際に登場したエタノールですが、実はエタノールはタンパク質を固める作用を持っています。カビのタンパク質を固めて活動を弱らせる作用があるため、エタノールを吹きかけることで、将来的なフローリングのカビを予防することができます。フローリングのカビの掃除法と同じ要領でエタノールスプレーを作り、高温多湿になりそうなところへ吹きかけて、清潔なぞうきんで乾拭きしてくださいね。

結露防止シート

窓の掃除は大変で面倒だという方は多いのではないでしょうか。こまめに窓を掃除するのは大変だという方におすすめなのが結露防止シートです。100円均一ショップでも売っていますが、窓の下に貼るシートで結露で発生した水滴を吸い取りフローリングに滴らないようにしてくれます。可愛いデザインのシートも売っていてとても便利です。

フローリングのカビ掃除はクリーニング業者に依頼しよう!

フローリングのカビ掃除
ハウスクリーニング業者を探す

フローリングはたいていワックスを塗っているのでカビは発生しにくく、発生したとしてもワックスまでで留まることがほとんどですが、まれにワックスの下にもカビが発生してしまうことがあります。フローリングの床材にまでカビが生えてしまうと素人の手で落としきるのはなかなか難しいので、業者に頼むことをおすすめします。

床材を傷める前に依頼する

フローリングのカビを自分で掃除してみたがうまく取れなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ワックスの下の床材にまでカビの根がはっている場合には、素人の手で落とすのは大変です。ゴシゴシこすって床材を傷めてしまう前に、フローリングのカビ掃除はクリーニング業者にお願いしましょう。

カビ掃除の見積り相場

業者にカビ取りをお願いする場合には1㎡で最低でも1200円はかかります。しかし、フローリングのカビが取れない場合には、フローリングの木材にまでカビの根が生えてしまっている可能性が高く、その場合はフローリングの張り替えが必要になります。

フローリングの張り替え相場は30,000円〜40,000円です。

ミツモアでクリーニング業者に見積りを依頼する

ミツモア
ミツモアでハウスクリーニングの見積り依頼をしよう!

フローリングのカビを取りたいが、どこのクリーニング業者に頼むのがいいのかわからない!という方は多いと思います。そんな方は「ミツモア」でクリーニング業者を探してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

お住まいの郵便番号やクリーニングしてほしいもの、メールアドレスなど、簡単な質問に答えるだけで、指定したメールアドレスに見積りを送ってくれます。

最大5件の見積りが届く

いろいろな修理業者を比較検討したい、なるべく安いところに頼みたいという方にミツモアはぴったりです。ミツモアは一度に最大5件まで同時に見積りを送付してもらえます。いろいろな業者を比較して、自分に合ったクリーニング業者を選んでくださいね!

チャットで見積り内容の相談ができる

見積り内容よりももう少し安くならないかな?と思ったら、チャットで業者に見積り内容の相談ができます。直接会って交渉したり、電話で話したりしなくてもいいので、相談も手軽にできて便利ですよ。

フローリングのカビ掃除は、簡単でお得な「ミツモア」を使ってクリーニング業者に依頼しましょう!