ミツモア

経費精算ワークフローシステムおすすめ14選!特徴や機能で徹底比較

ぴったりの経費精算システムをさがす

最終更新日: 2023年02月01日

紙ベースでの経費申請・承認の効率化は、ワークフロー機能を搭載した経費精算システムの活用がおすすめです。

この記事では、経費精算ワークフローの策定・効率化に強みを持ったおすすめのシステムを14製品紹介。特徴や機能で徹底比較しました。ぜひ、比較検討の参考にしてください。

経費精算ワークフローシステムおすすめ14選

オフィスの仕事風景

おすすめの経費精算ワークフローシステムを14製品紹介します。

もしも経費精算システム選びで迷ったときは、ぜひミツモアをご利用ください。欲しい機能などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想の経費精算システムが見つかります。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する

「楽楽精算」アクセス制限と専任スタッフのサポートあり

楽楽精算
公式ホームページ:楽楽精算
  • 暗号化やIPアドレスを使ったアクセス制限
  • 経理業務に詳しい専任スタッフが在籍し、電話・メールなどで使い方をレクチャー
  • 項目名・スタイルを自由にカスタマイズ。既存フォーマットの使用も可能

楽楽精算は経費精算業務の効率化に役立つシステムで、セキュリティにも力を入れています。暗号化・IPアドレスなどを駆使したアクセス制限は、厳しい基準を設けている、金融機関の関連会社にも導入実績があるほどです。

楽楽精算では「汎用ワークフロー機能」を使うと、稟議・押印の申請といった社内で生じるさまざまな業務を、システム化することが可能です。作成したワークフローをカテゴリー分けしたり、申請の用途に合わせて項目・スタイルなどを、カスタマイズしたりできます。

「マネーフォワード クラウド経費」領収書のオンラインチェックが可能

マネーフォワード クラウド経費
公式ホームページ:マネーフォワード クラウド経費
  • 経費データ・領収書の画像をオンラインでチェック
  • フォームをカスタマイズし、汎用ワークフローの作成が可能
  • 有料の入力代理サービスに、レシート・領収書などの入力をお任せ

家計簿アプリでも知られるマネーフォワードが提供する、法人向けのシステムです。領収書の撮影・カードとの連携でデータを自動的に取得し、項目ごとに振り分けて、グラフを作成します。

フォームをカスタマイズしてワークフローを作成できるため、それまで会社で使ってきたフォームを活かせます。

従業員・部門などのグループごとに、毎月の経費利用額をグラフでチェックできるのも特徴です。有料オプションの入力代理サービスを利用すれば、打ち間違いの防止や、業務の短縮に効果を得られます。

「ジョブカン経費精算」会社ごとの承認経路を設定できる

ジョブカン経費精算
公式ホームページ:ジョブカン経費精算
  • 作成数の上限なく会社ごとに承認経路を設定
  • スマホからも経費精算が可能
  • 外部サービスとの連携で、交通費の精算もスムーズに

ジョブカン経費精算では会社の承認ルートを、数の制限なく作成できます。例えば支払金額に応じて、承認者の人数・役職などを設定しておくと、従業員が申請した時点で、適した申請経路に変更されます。

パソコンはもちろん、スマホからの申請・承認・管理にも対応しているため、出張先や自宅などからでも、簡単に経費の申請が可能です。

外部サービスであるジョルダンの乗換案内と連携すると、ICカードの履歴を、交通費に反映できます。もちろん交通費を自動で計算したり、費用の安いルートを探したりと、さらなる経理業務の軽減に役立ちます。

「eValue V」フォルダごとのアクセス制限に対応

eValue V
公式ホームページ:eValue V
  • フォルダごとにアクセス権限を設定し、重要な書類をしっかり保管
  • 他のメンバーから意見をもらえる「合議機能」
  • サンプルからオリジナルまで、希望に合わせてフォームを選

eValue Vは企業内における情報伝達・共有に力を入れたシステムです。設定したワークフローに応じて承認された申請書は、自動的にPDFファイルに変換されます。

パスワードの設定や印刷・コピー・持ち出し禁止など、フォルダごとにアクセスを制限できるため、セキュリティ対策にも効果的です。

自己判断が難しい場合は「合議機能」を使うと、承認・否決などに関する、第三者の合議メンバーからの意見を、確認できます。

「ExchangeUSE」紙ベースの管理も維持できる

ExchangeUSE
公式ホームページ:ExchangeUSE
  • 紙の領収書・レシートなどの保管・処理にも対応
  • 領収書の画像アップロード・タイムスタンプの自動付与が可能
  • 承認ルート・アクセス制限を細かく設定でき、セキュリティの強化にも

「業務を効率化したいけれど、取引先が紙ベースなので、紙の管理も重視したい」というケースは多いのではないでしょうか?

ExchangeUSEは紙ベースの管理にも対応したシステムです。バーコードによるチェック機能を使って、書類を電子化すると、紙の情報をシステム上で確認できます。

スマホで領収書を撮影してアップロードすると、自動的に情報が反映されるため、出張先はもちろん、テレワーク中でも経費申請が可能です。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する

「サイボウズ Office」コミュニケーションツールがぎっしり

サイボウズOffice
公式ホームページ:サイボウズOffice
  • トップ画面に必要な情報を表示。配置を自由にカスタマイズ
  • グループスケジューラー機能で日程調整もスムーズ
  • スマートフォン・タブレットにも対応し、テレワーク中の申請も可能

サイボウズ Officeは中小企業のチームワークを重視したシステムで、コミュニケーションに使えるツールが充実しています。ログインすると表示されるトップページでは、その日の予定から、自分宛ての連絡・申請などのチェックが可能です。

グループスケジューラーの機能を使うと、チームメンバーの予定はもちろん、空き時間などをシステム上で把握できるため、日程調整にも役立つでしょう。社内のメンバー同士でやり取りできるメッセージ機能もあり、社外への情報流出を防止できます。

「HRMOS経費」柔軟な設定変更に対応!長く使える

HRMOS経費

  • エラーチェック機能があり、申請前のミス・差し戻しを防止
  • 仕訳ルールを設定し、経費を自動で分類
  • 法律・経理業務を熟知した専任担当のサポートあり

中小企業から大企業まで規模や業界を問わず、豊富な導入実績のあるシステムです。クレジットカード・ICカードに連携すると、自動で情報を読み取って反映し、入力の手間を削減しミスを防ぎます

あらかじめ設定した仕訳ルールに沿って、経費を自動的に分類します。手作業で分類したり、入力したりする手間が省けるのも特徴です。

法律・経理業務の知識がある担当が、導入前はもちろん導入してからも、回数の制限なしで相談や運用に関する質問に対応してもらえます。

「経費BANK」初心者にうれしいシンプル操作

経費BANK
公式ホームページ:経費BANK
  • パソコン・スマホで操作しやすいシンプル設計
  • 日本語・英語に対応し、追加料金なしで切り替えられる
  • オプションの追加で領収書などの自動読取も可能

経費BANKのシンプルで無駄のないシステムは、オンラインでの操作に不安がある初心者にも、適しています。パソコンはもちろん、スマートフォンからも経費の申請・承認などができるため、申請・承認のために、出社する必要がありません

ユーザーごとに申請・承認のメニューを、英語に切り替えられます。日本語に慣れていない外国人従業員でも、利用しやすいシステムです。

有料の「AI-OCRオプション」を追加すると、領収書・請求書のスマホでの撮影も可能です。スマホで領収書・請求書などを撮影するだけで、会社名・日付・金額などの必要情報を読み取って、申請書に反映します。

「TOKIUM経費精算」領収書の入力代行機能あり

TOKIUM経費精算
公式ホームページ:TOKIUM経費精算
  • 領収書の入力を代行。ダブルチェックでミスを防ぐ
  • スマホアプリで申請・承認が可能。アラート機能も
  • 申請フォーマット・承認ルートを自由に設定

専用のアプリを使うと、スマートフォンからでも申請・承認ができるシステムです。アプリはiOS・Androidの両方に対応しており、領収書を撮影するだけで、必要な情報の入力をオペレーターに代行してもらえます。

また領収書の添付忘れや重複申請のように、ミスが起こりやすい申請の条件を、設定しておけるのが特徴です。条件に該当するとアラートが点灯するため、申請段階で差し戻しのリスクを減らせます。

もちろん会社の状況・特徴に合わせて、稟議・押印の申請などのフォーマット・承認ルートを、設定することが可能です。

「Concur Expense 経費精算システム」規定チェック機能で不正を防止

Concur Expense 経費精算システム
公式ホームページ:Concur Expense 経費精算システム
  • 規定チェック機能で差し戻しの手間を削減
  • スマホ・タブレット端末から経費の申請・承認が可能
  • 決済の選択肢が豊富。便利な電子決済にも対応

専用のアプリがあるConcur Expenseは、iOS・Androidに対応したスマホやタブレット端末からも、経費の申請・承認ができます。規定チェック機能が搭載されているため、会社の規定から外れた申請を防げるのが特徴です。

従業員から経費を申請された時点で、承認者にはアプリから通知が届くため、移動・テレワークの合間に対応することも可能です。さらにConcur Expenseは決済方法が豊富で、クレジットカードはもちろん、交通系ICカード・PayPayにも対応しています。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する

「ジンジャー経費」シンプル設計で操作が簡単

jinjer経費
公式ホームページ:jinjer経費
  • 項目ごとに色分け。パソコンが苦手な人にも配慮したシンプルな設計
  • 会社の運用状況に合わせてワークフローを設定
  • 従業員の情報を自動的にアップデート。人事データ画面で管理も楽に

パソコンとスマホの両方から、経費はもちろん交通費・出張費・交際費などの申請・承認ができるシステムです

担当者のページには対応が必要な業務が一覧表示されるため、申請書のチェック忘れなどのミスを減らせます。

さらに会社の運用状況・特徴に合わせて、効率化したい業務のワークフロー設定が可能です。手作業で行っていた集計・処理を、ワンクリックで終えられるようになり、業務の負担が軽減されたという事例もあります。

「rakumoケイヒ」カレンダーツールと連携!交通費の自動計算に対応

rakumo ケイヒ
公式ホームページ:rakumo ケイヒ
  • 便利なスケジュール機能あり。交通費を自動で計算
  • ワークフローの申請を同時に行える
  • 領収書をデータ管理するオプションも

スケジュール機能が搭載されたrakumoケイヒは、交通費の申請を効率化するシステムです。スケジュールに予定を記入し、出発地・到着地を登録するだけで、交通費を自動的に計算します。

従業員のスケジュールから交通費を計算できるため、領収書のチェック・入力などの手間が省けます。

さらにrakumoワークフローと連携すれば、経費精算の申請とワークフローの申請が同時に可能です。従業員・承認者からそれぞれ提出されていた申請書類の、一本化が可能です。

「ビズトラ」登録できるユーザー数が無制限

ビズトラ
公式ホームページ:ビズトラ
  • 社員や管理者の人数制限なし。追加費用ゼロで利用できる
  • 複雑な設定や機能を省いたシンプル設計
  • 必要に応じて紙の作業にも対応

登録できるユーザー数に制限がないビズトラは、会社の規模が大きくなってからも追加料金なしで、利用を継続できるシステムです。

不要な設定・高度な機能を省いたシンプルな設計で、初心者でも比較的スムーズに、経費の申請・承認などを行えます。一人の経費精算を複数の承認者で共有でき、管理画面上での承認作業はもちろん、進捗の管理も可能です。

さらに必要に応じて、領収書を添付する用紙を印刷できるため、紙ベースからデータへと少しずつ移行していけるでしょう。

「皆伝!ワークフロー」オリジナルの申請書を簡単に作成

皆伝!ワークフロー
公式ホームページ:皆伝!ワークフロー
  • 必要な項目を選んで、オリジナルの申請書を作成
  • 標準レポート機能により、経費の使用状況などを見える化
  • 連携できる外部サービスが盛りだくさん

経理業務の効率化はもちろん、経費の利用状況も把握できるシステムです。経費の情報・費用合計などの必要項目を組み合わせるだけで、簡単に申請書が作成できます。

プルダウン式で該当する項目を選択できるため、入力の手間・ミスを減らせるでしょう。経費予算牽制機能が搭載されており、プロジェクトなどの予算残高を確認しながら、申請が可能です。

経路検索・交通系ICカード・文書管理など、連携できる外部サービスが充実しています。そのためさらなる利便性アップ・業務の軽減を目指せるでしょう。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する

経費精算ワークフローで業務を効率化しよう

オフィスの女性エンジニア

経費精算ワークフローシステムを導入すると、請求書のチェック・入力などの手間がかかる業務を、大幅に減らせます。政府が積極的に電子化を推進している昨今、紙からデータへの移行は、急務ともいえる重要事項です。

アプリ版のある経費精算ワークフローシステムを選んでおけば、出張やテレワークなど勤務場所に関係なく、経費の申請・承認ができます。

担当者・従業員ともに使いやすい経費精算ワークフローシステムを導入して、業務効率改善を実現してみてはいかがでしょうか。

ぴったりの経費精算システム選びはミツモアで

ミツモアロゴ

経費精算システムは製品によって機能もさまざま。「どのソフトを選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。

そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりの経費精算システムが見つかります。

ぴったりの経費精算システムを最短1分で無料診断

従業員数や欲しい機能などの項目を画面上で選択するだけで、最適な経費精算システムを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。

ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランも製品と一緒に診断します。実際にかかる金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。

診断結果は最大5製品!比較・検討で最適なソフトが見つかる

最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬソフトとの出会いもあるかもしれません。

ミツモアなら、あなたにぴったりの経費精算システムがすぐに見つかります。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する