ミツモアロゴ
プロについて
クチコミ(6)
写真(4)

神奈川県横浜市港北区
紙本好太郎税理士事務所

紙本好太郎税理士事務所

5.0
6件)
事業者確認済み
価格を相談する
確定申告の税理士
無料でご相談いただけます

プロについて

自己紹介(事業内容・提供するサービス)

こんにちは。新横浜の30代税理士の紙本好太郎です。 紙本好太郎税理士事務所は、 「ただの記帳代行、確定申告屋さんではない、お客様に一歩寄り添ったサービス」を提供することを経営理念としています。 少子高齢化、働き方改革などビジネス環境の著しい変化への対応を求められる経営者のみなさま、自己実現のために勇気を出して起業の道を踏み出したばかりの起業家のみなさまの良き相談相手となれるような、税理士事務所の隠れた名店を目指し、日々精進しています。 経営者のみなさまが、売上拡大のために第一に確保すべき経営資源は、経営者の時間です。当税理士事務所では、クラウド会計を中心とした最新ITツールの活用により、経理業務の自動化といつでも、どこでもリアルタイムにわかるお金(事業資金)の管理体制の構築を支援します。そして、お金の管理に要する時間を削減し、事業に集中できる環境を創出するともに、各種クラウドツールの導入により、お客様の経理業務(決算・申告業務)改革のお手伝いをさせていただきます。 みなさまのご要望に柔軟に対応させていただくとともに、難しい税務処理をできる限りわかりやすい言葉で説明させていただくことを信条としております。まずは一度、ご要望をお聞かせください。

これまでの実績

所長税理士である紙本は30代でありながら、豊富な業界経験13年(小規模会計事務所1年、一般事業会社(精密部品製造)の経理部4年、国内最大手税理士法人8年)を有しています。これまでの業界経験で対応したクライアント数は200社以上であり、飲食、小売業(EC含む)、卸売業からITサービス業、製造業(建設業、製薬業含む)まで、幅広い業種に対応させていただいております。

アピールポイント

当事務所は、税理士業界では希少である30代税理士(約1割)である紙本が、過去の豊富な経験とフットワークの軽さという強みを生かして、お客様に直接オーダメイドなサービスを提供します。 当事務所はfreee、MFクラウド、弥生オンラインなど、クラウド会計ソフトの導入に強みを持っており、ご好評いただいております。また、電話、メールのみならず、LINE、Chatwork、Slack、Teams(microsoft)など、さまざまな連絡手段を用いてタイムリーに対応させていただきます。お気軽にお問合せください。 みなさまのご要望に柔軟に対応させていただくとともに、難しい税務処理をできる限りわかりやすい言葉で説明させていただくことを信条としております。まずは一度、ご要望をお聞かせください。

基本情報

創業13
従業員1

営業時間

月 - 金
日, 土
9時〜18
定休日

資格・免許

クチコミ

5.0
6件のレビュー
5
100%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

大澤

確定申告の税理士

2か月前

5.0

今回色々と教えてくれて本当に助かりました。解らない事ばかりでしたが何を聞いても説明をしてくれて物凄くわかりやすかったです。有難う御座いました。

野中

確定申告の税理士

2か月前

5.0

今回は急な依頼にもかかわらず丁寧な対応有り難うございます。 今後も宜しくお願い致します。

川村

確定申告の税理士

2か月前

5.0

メールや電話等、大変レスポンスが早く助かった。次も検討したい。

榎本

確定申告の税理士

2か月前

5.0

丁寧な対応でとてもわかりやすくスムーズに手続きをしていただき、とても助かりました

増井

確定申告の税理士

2か月前

5.0

個人事業でハウスクリーニングの仕事をしており確定申告をお願い出来る税理士を探していた折り、知人から紹介して頂きました。説明も分かりやすく丁寧で安心して依頼出来ました。これからもお願いしたいと思います。

写真と動画

写真4件と動画0件

すべて見る

よくある質問

税理士を変える場合はどのような理由の方が多いのでしょうか

価格と受けられるサービスの期待値に差異が生じることが最も多い理由です。次に、税理士の相性や、税理士(若しくは経営者様)の高齢化による世代交代が理由として挙げられます。

起業資金として300万程度の融資を考えています。どんな融資が選択肢にはいりますか?

まずは日本政策金融公庫での借り入れが最も最短かつ手間のかからない方法となります。制度融資による借入も可能ですが、2~3か月の審査期間を要することなります。

ゼロから会社を立ち上げる為資金調達をしたいと思っているのですが、自己資金以外で自分の信用になるものは何があるでしょうか?

最も重要視されるのは経営者様がこれから立ち上げる事業に対する経験値です。立ち上げる事業と同業、若しくは親和性の高い業種での経験値が少なくとも1年以上ある場合には、信用力の加点となります。

個人事業主です。今期、数百万の利益が出ます。今からできる節税対策はありますか?

まずは事業上必要な設備投資(修繕を含む)・備品の購入検討が必要です。そのほか、小規模企業共済、確定拠出年金(iDeCo)など、貯蓄性の掛金支出による節税が即効性の高い節税策となります。

起業しました。法人税の節税対策として、起業時からしておくべきことは何でしょうか?

まずは適切な役員報酬の設定が肝となります(定期同額給与、事前確定届出給与の設定)。次に、出張の多い業種である場合には最優先で旅費規程、その他社宅などの福利厚生関係の規程整備による個人経費の会社経費化が節税策として有用です。
価格を相談する
確定申告の税理士
無料でご相談いただけます