ミツモアロゴ
今村章太郎公認会計士・税理士事務所

今村章太郎公認会計士・税理士事務所

東京都文京区音羽
5.0
2件)
本人確認済み
プロについて
クチコミ(2)
写真(2)

プロについて

こんにちは、公認会計士・税理士の今村章太郎です。 東京都文京区を拠点として、「会計・税務を通してお客様を笑顔にしたい」をモットーに、会計・税務のサービスをご提供しています。 具体的なご提供できるサービスは 【個人向け】 ◆相続対策コンサルティング ◆相続税申告 ◆贈与税申告 ◆所得税確定申告 ◆個人事業主の起業支援 ◆個人事業主の税務顧問 等 【法人向け】 ◆事業承継コンサルティング ◆税務顧問 ◆法人税等申告 ◆会社設立支援 ◆経営計画・予算作成支援 ◆管理会計コンサルティング ◆経営相談 等 等々がございます。 相続対策、相続税申告等に関しては提携している司法書士、弁護士、不動産鑑定士がおりますので、ワンストップでサービスを提供することができます。 その他、経営革新等支援機関に認定されていますので、中小企業・小規模事業者を会計・財務面からバックアップしていきます。 ◆大手監査法人にて約6年間、上場企業を中心とした会計監査業務に従事していました。 業種も製造業、小売業、卸売業、サービス業、飲食業、建設業など多岐にわたり経験しています。 ◆大手税理士法人にて約4年間、資産税部門にて相続、事業承継を中心とした税務業務に従事していました。相続対策、相続税申告、所得税確定申告などの個人向けサービスから、事業承継支援や中小企業の税務顧問などの法人向けサービスまで税務に関して多岐にわたり経験しています。大手金融機関の事業承継を提案している部署に出向していたこともあります。 ◆2016年に独立開業し、相続税、事業承継などの資産税を中心としたサービスを提供し、個人から法人まで多くのご縁を頂いております。 ◆資産税に強い 相続税の年間申告件数は105,880件(平成28年度)に対し、税理士の登録者数は77,174人(平成30年2月末現在)で、税理士1人当り年間に相続税を申告するのは1.4件ほどしかありません。年間1件あるかどうかの相続税のために勉強している税理士は、少ないと言えます。 私は、大手税理士法人時代に多くの案件を担当し、中には特殊な案件も担当させていただきました。その知識と経験は、そこら辺の税理士には負けないと自負しています。 ◆公認会計士・税理士の資格を持っている 税理士は会計2科目と税法3科目の合計5科目を合格すれば取得することができます。それに対して、公認会計士は会計、税法の他に会社法や経営学、経済学といった科目も試験科目に含まれているため、経営に必要な幅広い知識を持っています。 私は、監査法人での上場企業の会計・内部統制等を見てきた経験と、税理士法人での個人、中小企業への業務経験を活かして、お客様の安心、成長に貢献します。 ◆若い 税理士は特に高年齢化が進んでおり、税理士の平均年齢は65歳と言われています。私は30代なのですが、税理士における30代以下の割合は、10%程度となっていて、一般企業では中堅と言われる年齢ではありますが、税理士業界においてはまだまだ若手に入ります。 近年は、クラウド会計、フィンテック、AIなど税理士業界にも仕事が変わっていく、大きな流れが来ています。クラウド会計などの最新の技術を取り入れていき、お客様の業務効率化に貢献できるよう日々キャッチアップしていきます。

もっと読む

経験12
従業員1

クチコミ

5.0
2件のレビュー
5
100%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

荒井

確定申告の税理士

3か月前

5.0

レスポンスの早さ、対応の正確さ、丁寧さ、どれをとっても大変信頼できる方です。 実際お会いしてお話をさせて頂きましたが、非常に物腰柔らかでこちらの不安を一つ一つ丁寧に取り除いてくださいます。 末永くお付き合いできそうな会計士さんが見つかり、嬉しく思います。

高村

確定申告の税理士

7か月前

5.0

写真と動画

写真2件と動画0件

よくある質問

確定申告の期日に間に合いませんでした。遅れて申請することはできますか?

もちろん期限後でも税務署は受け付けてくれます。 ただし、本来払うべき税金の他に延滞税、加算税が課される可能性もありますので、気付いたら早めに申告しましょう。 また、期限後申告だと青色65万円控除は認められず、10万円控除となってしまいます。

ネットで調べて確定申告をしていますが正しいやり方なのか不安です。今の進め方でよいのか確認してほしいのですが、相談の費用はどのぐらいでしょうか

自分で申告する前提で税理士に相談するのであれば、1時間当たり10,000円~が相場となると思います。 税務署や青色申告会などが主催している無料相談会もありますので、こちらを利用することをお勧めします。

確定申告のみを丸投げしたいと考えています。税理士報酬はどうやって決められるのでしょうか。

確定申告をご依頼いただく場合、弊事務所では申告の内容によって報酬を決定しております。 申告内容の報酬例は、以下となります(金額は税別)。 簡易簿記(白色申告・青色申告(10万円控除))の申告は、50,000円~ 複式簿記(青色申告(65万円控除))の申告は、70,000円~ 不動産の譲渡所得の申告は、100,000円~

今年から青色申告を始めようと思います。白色申告に比べてかかる手間はどの程度増えるのでしょうか。

青色申告でも簡易簿記(10万円控除)か複式簿記(65万円控除)かにより手間は大きく異なります。 青色申告の簡易簿記でしたら、白色申告とそれほど手間は変わりません。青色申告にすると、受けられるメリットが大きいので、白色申告をするくらいなら青色申告の簡易簿記をお勧めします。 青色申告の複式簿記は、帳簿(総勘定元帳、仕訳帳)や貸借対照表、損益計算書の作成が求められるため、簿記の知識が必要となってきます。

税理士を変える場合はどのような理由の方が多いのでしょうか

私が経験してきた中で、よくあるものとして ・料金が高い、高くなった ・サービスが悪い(レスポンスが悪い、提案してくれない) ・税理士が高齢で廃業 ・税理士が対応してくれない(大手事務所などでは無資格者が担当するも多い) ・相性が悪い が挙げられます。 やはり、価格だけでなく税理士の人となりやサービスにも着目されることをお勧めします。

営業時間

日曜日
定休日
月曜日
9時 〜 18時まで
火曜日
9時 〜 18時まで
水曜日
9時 〜 18時まで
木曜日
9時 〜 18時まで
金曜日
9時 〜 18時まで
土曜日
定休日

お困りですか?

いくつかの質問に答えて、あなたの要望をプロに伝えてください。
今村章太郎公認会計士・税理士事務所様のようなプロから無料で見積もりを受け取りましょう。
プロに相談
成約時のプロへのお支払い以外、無料でサービスをご利用頂けます。